スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店番する猫…!?

とりアタマんちの近く、フランの散歩コース上にある、おされな花屋さん。
その入り口の、外側に、いましたの。店番する猫が。








neko
す、すげえな。紐も何にも付いてないよ。しかも、ここ幹線道路の交差点に面してて、ムチャクチャ人通りも車の通りも多いんですが。
フランを含め、大型犬が4頭ほどすぐそばにいたのだけど、この猫の存在に気が付いた犬さんはゼロ。だってこの子、気配がまるでないんだもん。


ひょっとして、よくできたロボットですか?
日本の技術は、実はここまできてますか?





roboneko
あ。ホラ。目から光線が!









スポンサーサイト

再び、店番する犬。

昨日、酒屋さんにビールを買いに行ったら、ボギー君がまた店番をしていた。


bogi-
こんばんわ~。今日は淡麗生6本くださいな♪冷えたやつね♪





mata?
いいじゃん!この間の第三のビールより、ちょっと格上げしたじゃん!(とりアタマ、ワンコを相手に見栄をはる、はる。。。)
それよりさ。かわいいね、その服。よく似合ってるよ♪(…とさり気に話をそらす…。)





kawaii
いい、いい(^-^)。ピンクの似合う男って、カッコイイよね~♪また、着こなしが粋だわ!





huhuhu




意外とおだてに弱いボギーくんなのだった。。。









メタボな秋

月末であれ月初めであれ関係なく、とりアタマ家の食卓に頻繁に登場するイワシ。


iwasi
だって、好きなんだもん。
1パック100円。今回は2パックを梅煮にします。





でもって、イワシのパックを冷蔵庫から出したとたんに、お二人がダッシュで台所にやってくる。ぢごく猫なんかコタツの中にいたのに、何でわかるんだろう??



背後からガンガン視線を飛ばすフラン。
jiiii





当然この方も。
kure




ぢごく猫は腎臓にちょっと問題があるので、処方食以外は少ししかやれないのだけど。。。この日は何だかえらい食欲で、1匹分お召し上がりになった。

何かね、最近ぢごく猫の食欲がすごいんですの。彼の場合、毎年秋は食欲がなくなる傾向にあったのだけど。今年は、ムチャクチャ食べてます。


何だか体がムッチリしてると思いません?
muttiri



先日何だか腹部の形がおかしく見えたので、ひょっとして腫瘍でもできたかと思い、あわてて触診してみたのだけど。。。
aby3
…どう触ってみても、たるんだ皮と脂肪の感触しかしなかった。。。




人間界では推定7~8歳のぢごく猫。。。そろそろ、中年太りなのか!?
やだよ~、まんまるいアビシニアンなんて見たくねぇよ~。



来月の体重測定が怖い、とりアタマなのでした。











フランの頭の中

今日は別のネタを考えていたのだけど、今シンちゃんちを覗きに行ったら、おもしろそうなことをやっていたので、のっかります♪


「ぽちメーカー」ですってよ、奥様!
あの、「脳内メーカー」のわんこ版ですって!!


これはやらねば!!フランの頭の中はどうなっているのか、チェッキッ!






フランの頭の中。


…。まぁ、なんと取り留めのない。。。
フランの落ち着きのなさをよく現してますな。




それに比べて、すばらしいのは小麦くん。



何か、日本男児って感じだね。
誠の心の奥底に、そっと悲しみを隠している。こぼれそうになる涙を前足でぐいっと拭う姿が、おとこだねぇ。


komu
でも、シッポに「おんな、おんな、おんな」って出ちゃってるところが笑えますが。ときどき無意識に「おんなぁ」って呟いたりしてね。。。





とりアタマ、ここでふと気が付いた。
フランは、実は「ふーちゃん」と呼ばれることのほうが多い。ふーは自分のことをフランではなく「ふー」だと認識している可能性が高い。これは、ぜひ、「ふー」でもやってみるべきではないのか。



で。やってみると…。





大当たりだわ。。。悲しいくらいに。







朝の月

今朝の月。
西の空に傾いてます。キンキラの満月。



mangetu
あの月の周りを「かぐや」がぐるぐる回っているんだなぁ。今は中国の探査衛星も回っているから、さびしくはないか。。。





さて。とりアタマ家に秘密基地を構えるぢごく猫は、寒い寒い宇宙空間(-270℃くらいらしい…違ってたら誰か訂正入れてね)に思いを馳せたことなど皆無。
今日も秘密基地でぬくぬくご機嫌さんであります。





nukui
お断りしておきますが、昨日の写真とは別の日に撮りましたのよ。
つまり、日々このように自堕落に、うとうと、うとうと、してらっしゃるというわけですわ。
何てうらやましいヤツ。




こちらも、よく寝てます。


neru
犬や猫の皆さんが、自堕落に無防備に寝ているということは、飲み物や食べ物に満たされていて、安心している証拠だからさ。それはとっても喜ばしいことなんだけど。




お願い、フラン。
sirome
目を開けて寝るのは止めてね。ちょっとコワイから。











快適、秘密基地。

今年も、秘密基地にこもって世界征服をたくらむぢごく猫。。。
なのかなと思ったけど。







himitu
この顔は複雑なこと、な~んも考えてないな。ぬくくて気持ちよくて、ぼ~っとしております(^-^)。










パンダ人

謎のパンダ人出現。




















panda
性質:穏和。人語を解する。かわいい。小麦くんにそっくりな犬を飼っている。





このお店に行けば、パンダ人に改造してもらえます。誰でも。



supun
とりアタマ、最近このお店にどっぷりはまっております。近所にいいお店があってよかった♪



近所にこの手の店がない方、ネットショップはこちらから。
パンダスプンネットショップ。








シン様来たる!

昨日アップしようとしていた日記はこれです。久々にシン様がとりアタマ家にやってきて、リビングでフランと大暴れ。

シンちゃん、はっきり言ってデカくなってます。
若いからパワーもあるしね。フランと一緒に暴れると、そばにいる人間は正直身の危険を感じる。うちのリビング狭いから。しかも片付いてないし。。。



遊びに誘うフラン。
asobo
まるで仔犬。でも、体は巨大なんだから加減して遊んでくれ~。




フランの誘いに応じるシンちゃん。
shin1




shin2




shin3
イケイケねーちゃんのフランも、シンちゃんのパワーには押されっぱなし。フランはオツムの具合がアレなもんだから、ついつい若く見られがちだけど、実は推定年齢5歳だからねぇ。


バテバテですな、ふーちゃん。
shin4
やっぱり若人にはかないませんなぁ。。。




と、しみじみとバテバテフランを眺めていたら。。。
いきなりこんなこと始めたりして。





eeto
ええと。
まだまだ元気なのはわかりましたから、ふーちゃん。もういいかげんにマウンティングするの止めてください。
しかもそのマウンティング。方向も何もかもあらゆる面で間違ってますので。









やはり無理だった。。。

「後でやる」って言ってできた試しがない。

…というわけで、また写真だけでお茶を濁すのだった。。。


また、チューの写真です。こちらは相思相愛。くぅちゃんとゆずちゃん。



tyuu
…どっちも男の子なんですけどね。





明日はまじめに更新しますです。









とりあえず…

すみません~、ちょっと更新時間がずれます。


とりあえず写真だけ♪本更新は後ほど(多分)…



tyu
チューしようとするフランと、すんごい嫌そうな顔をするカール君。
カール君、顔が逃げてます…。









奴らはどこにいる!?

昨日、しろこさんのブログ、「ねこげんき」でかわいい映像が紹介されていた。とりアタマのハートをピンポイントにズキュン♪


しろこさ~ん、あんまりかわいいからうちにものっけちゃうよ♪
まだご覧になってない方、よろしければどうぞ~。






何だか完全に会話になってますな。
一体なにをおしゃべりしてるんでしょうね~(^-^)。



でもって、この映像をパソコンで見ていたら、ぢごく猫が慌ててやってきて。。。


声の主を探す探す…
koega




are?




dare?




nande?
謎は深まるばかりのようです…(^-^)。









軟体動物

体が柔らかいことにかけては、とりアタマ家でぢごく猫の右に出る者はいない。





yawaraka



そりゃ、やっぱ猫だからね。


nantai


フランも相当柔らかい方だな。得意技がイナバウアー(ちょっと古い)だし。。。


でも。
さらにすごいのが小麦くん。見てちょーだい、下の写真↓。
何か変じゃない?



hen
後ろ足が一本完全におかしな方向から出ております。




上から見るとこんな感じ。
ue
前足もどこかに収納されてるし…。




しかも、この体勢のまま寝そう。。。
nesou
足、しびれない?
何食べたらそんなに体が柔らかくなるの?やっぱお酢ですかね?何か秘訣があるのだったら、ぜひともとりアタマに御教授くださいませ。
とりアタマ、体ガッチガチ。前屈はマイナス15センチです。。。











元町の犬、インカの犬

昨日、神戸の元町に行ってきた。

元町商店街は、西に行くほどひなびた雰囲気を帯びてくる。
4丁目くらいになると、人通りがめっきり少なくなって、派手な店もなくなってくる。
でも実を言うと、とりアタマは1丁目付近よりずっと好きだ。なんか、落ち着くのよ。この寂れた雰囲気が。



そこで見たワンコ。





motomati
飼主を待っているのか、おとなしく寝ていた。飼主さんはひょっとしたら古紙回収のおっちゃんかなぁ。。。



震災前の神戸では古紙回収でリヤカーを引いているおっちゃんが、ワンコを連れている光景をよく見かけた。にぎやかな繁華街の片隅で、ふっと路地に目をやると、おっちゃんとワンコが道端で休憩していたりして。とりアタマは、そういう風景が結構好きだった。
震災後はあんまり見かけなくなったと思ったけど。



まだちゃんといたんだね。
4tyoume
何だかうれしい。





okita
あ。ごめん、起こしちゃった?
ご主人が戻ってくるまで、ゆっくり寝ててください♪





実はこの日、神戸市立博物館で催されている「インカ・マヤ・アステカ展」に行ってきたのだけど。
インカのコーナーでワンコのミイラを見たの。そのこはね、キチンと埋葬されて、副葬品も一緒に入れてあったのだって(ゴハンか何かかなぁ)。インカ帝国でもワンコはヒトは仲良しだったのね。そんなことがわかっただけで、何だかうれしい一日でございました。








店番する犬

とりアタマんちの近くにある酒屋さんに、とっても男前のジャーマンポインター君がいる。
名前はボギー。う~む、名前も男前だ。


昨夜、ビール買いに行ったら、彼が店番中だった。




maido
ど~も~。店番?えらいね~。




nu-bo-
あ、そうか。今日解禁かぁ。いやぁ、ボジョレーはいいわ。「極旨」6本ちょうだい。冷えたやつね。




honmono
イヤイヤ、そうしたいのはヤマヤマなんだけどさ。予算がね~。これから年末何かと物入りだしさぁ。




taihenn
そうなのよ。色々大変なのよ、人間は。ま、正月には本物のビール買いに来るわ。人も来るしさ。
あ。お客さん来たよ。



irassyai
…じゃね~、また来るわ♪




arigato
うん♪またね~♪







いや~。とっても感じのいいお店です。

配達もしてくれます。あ。ボギー君は免許持っていないので、配達はご主人が来てくれます。念のため。







リーダーの配慮

昨日の夕方の散歩。母様の用事で小麦くんが来られなかった。

すると。

出発しようとしても、一番年上のレオ君が、小麦くんの来る方向をずっと見つめてなかなか動かない。


koehen
(注:「こえへん」→「来ないなぁ」の意)
ワンコは群で生きる生き物なのだなぁとしみじみ感じる瞬間でした。



もっとも、レオ君が待っていたのは小麦くんなのか、優しい小麦母さまなのかはレオ君のみが知るところですか(^-^)。



ちなみに、シンちゃんも、
shin



フランも、
foo
「あ、そう。来ないのね♪」と、さっさと歩き出した。

そーゆー奴らだよ、おめーらは。















幸せな寝顔

日曜日の山登りのダメージがいまだ抜けない。体中がイタタタタ。
というわけで、今日はお軽い目に、写真で~。



まずは、ぢごく猫の幸せな寝顔をどうぞ(^-^)。

siawase


negao



でもって、次に「ちょっとだけ幸せかもしれない」フランの寝顔を。











tyotto
またぢごく猫にベットをとられて、アゴだけそっとのっけております♪。




最後に。





散歩中、お母さんたちの立ち話が長くって、ついウトウトしちゃったレオ君。
utouto
ごめんよ~。退屈だったね~。



ああ。とりアタマも眠くなってきちゃった。
今、朝の8時30分なんだけどさ。。。









六甲山

神戸の人間が「ちょっと山にでも行こうか」というと、たいていその山は六甲山。(正しくは六甲山系のうちのどっかの山ですが。)

とりアタマ、かなり久しぶりに山に登ってきました。正真正銘の六甲山。標高931メートル。「何だ低いじゃん」、とか言わないで。縦に1キロ近く移動するのって、結構大変なんですから。

ちなみに、日曜日に更新できなかったのはお山に行っていたせいです。


コースは、阪急芦屋川駅→高座の滝→ロックガーデン→風吹き岩→雨が峠→東お多福山→七曲り→一軒茶屋→六甲最高峰→有馬温泉。


知らない人は何のことやら、ですね。
知っている人は、「超メジャーなコースやな」ってとこですか。
東お多福山に寄り道するので、14キロくらいのコースとなっております。


最初の難関を越えたところが風吹き岩。



風吹き岩から芦屋方面を見る。霞んでます。ここはまだあんまり高くない。
kazehuki



でもって、北を見ると。。。
santyou
はるか彼方に六甲最高峰の電波塔が。こっちも霞んどるがな…。

まだまだ難関がてんこ盛り。
あまりに目標地点が遠いので、ここでふと我にかえる。

「何であそこまで歩いて行く必要があるのか?」

山登りという行為を根本から否定する疑問が心に浮かび上がってくる。

冷静に考えるとね。行く必要なんて全然ないんだわ、これが。しかも本当の目標地点はさらに六甲山の向こう側の有馬温泉。。。
芦屋から有馬まで徒歩・山越えで行くって。。。アホや。


でもね。
ちゃんと行きましたよ。
やっぱ、行くと決めたからには、行かなきゃね。一緒に行った友人が遭難保険にも入っているって言ってたし。(たまにいます。六甲山で遭難する人。)
あと、ホラ。有馬で温泉に入って、しかる後にビール。これですわ♪
とりアタマは、この山歩きの後のビールが飲みたくて登るのよ。


恐怖の登り、「七曲り」の前に腹ごしらえ。
kawa
映画「ブレア・ウィッチ」に出てきそうな場所だなぁ。でもメジャーなコースなので人通りは多い。


ちゃんと、山頂に着いたよ。合成写真じゃないよ。
santyou
足の太い方がとりアタマです。


このあと、一軒茶屋で缶ビールをぐびっといきたいのを必死でガマンして、有馬温泉に下りました。
kudari



登山客御用達の「かんぽの宿」で温泉に入り、有馬の目抜き通り近くにある地鶏のお店で一杯(二杯…)♪
ああ。お山の後のビールはやっぱりうまいわ~♪


ちょっとお土産を買って、阪急バスで芦屋まで直帰。バス運賃760円で約40分で芦屋に着く。。。


40分って?
ええと。


約6時間かけて来た行程を、帰りは40分ですか?


…よく考えたら、とりアタマ、フランの散歩の後に飲むビールも充分うまいしな。やっぱ、バスで行くのがお勧めかも、有馬温泉。





ああ。ぢごく猫とフランに会いに来てくれた方、今日はこんなネタですみません。
とりあえず、写真だけ~。

意外と身軽なぢごく猫。
aby
彼ならお山でも暮らしていけるかもね。



foo
フランは絶対無理だな。








事の顛末

ええと。
先日の日記で前振りした割に、二日も休んでごめんなさい。
お休みの理由はまた後で。

とりあえず、とりアタマがぢごく猫と大ゲンカをした理由を申し上げましょう。。。

それは、ぢごく猫が噛むから。。。

「いつものことじゃん」とか言わないで。ここのところ本当にひどかったのよ。
ひざに抱っこしておしりポンポンをしているとき、感極まってとりアタマの太ももを思いっきり噛むのよ。。。

dakko


悪気はないんだろうけどねぇ。どっちかというと、雄猫が交尾の時に雌猫の首を噛む感じなのか。首をひねりながら思いっきり噛むの。。。イタイ、これはとってもイタイ。
とりアタマの太ももには、まるで星座のようにぢごく猫の歯型が点々としております。


「噛んじゃだめだよ。噛まないでよ」と何度もお願いしているのに、一瞬ためらうそぶりは見せるものの、結局ガブッっとくる。

それで、ついにとりアタマも切れて大ゲンカですわ。
ぢごく猫をひざから叩き落として、「もう抱っこしてやんない!おしりポンポンも二度としてやんない!!」と高らかに宣言しましたところ。。。



hun
だって。
「フンッ」ですよ、「フンッ」。命の恩人に向かって、「フンッ」!!


この日は、本当に抱っこ拒否。ポンポンもパス。
ganko
とりアタマも頑固だけど、ぢごく猫も負けてないからね。どんなに寒くてもこの日は絶対甘えてこなかったですわ。



でもって、いつものようにとばっちりをくったのはフラン。。。
torareta
ぢごく猫にベットをとられちゃいました。



一晩寝たらケンカは自然消滅したけれど。。。なんかまだ釈然としないとりアタマ。。。



だってね。
ぢごく猫は、おしりポンポンしてもらっていても、とりアタマ父の太ももは絶対噛まないのよ。
pon3
なんで?ねぇ、何でなんだよ~!?







選択の自由

とりアタマの幼馴染が、ここ何週間か大変体調が悪かった。
病院に行っても原因がわからず、対処療法がなされるだけ。終いには「よそに行け」と言わんばかりの対応をされた。

近所の別の病院でもやはり埒があかず、とうとうちょっと遠いけどここなら大丈夫という病院まで遠征して行ったたら。。。

問診と、通常の診察で、
原因一発解決。
まぁ。根本原因はもう少し詳しい検査の結果を待つことになるみたいですが、病名がハッキリして適切な薬をいただけただけで、もう感涙モノですわ。


とりアタマは思った。
医者は選ばなアカンぜよ。




それから、声を大にして言いたい。
猫も選ばなあきまへん!




hun
うるさい、バカァ。ぢごく猫なんかキライだ~!!



とりアタマ、ただ今ぢごく猫とケンカ中。
詳細は後日。








僻む(ひがむ)。

新聞を読む猫。
yomu
…読んでいるページの見出しがすごいな。。。





うそです。実は読んでません(^-^)。
jyama
とりアタマ父が新聞を読む邪魔をしているだけ。




今日もおしりポンポンの禁断症状が出ております。
tyuudoku




しかし、どうしても新聞を読みたい父は、ポンポンを適当に切り上げて強引に新聞をめくり…
gouinn
こりゃ、アビ介怒るだろうなと見ていたら。。。




意外なことに、新聞の布団が結構気に入った御様子でございました。。。
nukui
本当に、とりアタマ父にはとっても寛容なぢごく猫。とりアタマはちょっとひがんでおります。








あれ?
higami
ひょっとして、ふーちゃんもちょっとひがんでる?アビ介ばっかり写真撮るから??






中毒

恐ろしいものですな。

中毒。

それがなければ、どうにもならない。「これじゃいけない!」と、ガマンしようとしても無駄ムダむだ。もはや、それなしでは生きていくのが難しい。。。そんな状態。


え?
何の話かって?
ぢごく猫のおしりポンポンの話ですが。(とりアタマの「カツ丼中毒」かと思った方、スルドイ。でも、とりアタマはまだ依存症の段階です♪)


とりアタマがパソコンに向かっているときはもちろんのこと。
pon1



最近では、とりアタマ父が食事中に、そのひざの上に飛び乗ってポンポンを要求する。


とりアタマ父、最近ポンポンの腕が上がったようで…。
pon2
ぢごく猫悶えまくりでございます♪



とりアタマ父は強制的に食事を中断させられる。とりアタマも食事を中断して撮影する。。。
pon3
これが子供だったら、「猫を下ろしてちゃんとゴハンを食べなさい!」とかしかられちゃう場面だね。よかった、大人で♪


机の下から撮影していて、
pon4
とりアタマ父が、ぢごく猫が座りやすいように、片足を椅子に上げているのを発見した。

実は、とりアタマも同じように片足を椅子に上げて座るのが癖になっている。
親子そろって、しっかりぢごく猫にしつけられているんだなぁ。





pon5
…アビ介、目つきが怖いよ。






祝!

今年もやってまいりました。秘密基地の季節!


祝!!秘密基地設置!!
kiti



何が「祝」かって。
ぢごく猫が秘密基地で寝てくれたら、とりアタマが安眠できる!
このところやっと季節が移って気温が下がってきたけれど。気温が下がるとぢごく猫がとりアタマのベットで寝たがるのよ。もちろん目的は人間湯たんぽ。

自分に寄り添って眠る猫を「カワイイ、愛しい」と思えるのは最初の10分だけ。後はハッキリ行って苦行です。重い。腰が痛い。寝返りがうてない。いや、寝返りどころかそもそも寝るスペースがない!


夜中に撮った写真。真ん中の黒い塊がぢごく猫。
yonaka
とりアタマは壁側のわずかな隙間に寝袋に入るようにもぐりこんで眠る。背中に布団はかかりません。。。


「猫をどければいいじゃない」とお考えのあなた。甘い。甘いわ。
そんなことをしたら、どんな目に合わされるか…。
パジャマなんて着ていても素肌に等しい。彼の怒りを買えば、流血は避けられない。
何とか自発的にベットから降りていただきたい。それにはより快適な環境を整えてやるしかない。


ほら。こんな風に。
kiti2
無血で平和的解決成功(^-^)。




でもまだ寒さは厳しくないので、オイルヒーターは節約して使ってます。
hi-ta-
昼間はガマンしてくださいませ。(昼はジーパンをはいているので噛まれてもダメージが少ない。ちょっと強気のとりアタマ♪)




寒さに強いフランは、わんこベットだけで大丈夫♪
wankobed
もっと寒くなればベットにフリースが付くけれど、まだまだ先の話だね。








恐怖のフランベ

フランベとは、調理の最後にブランデーやラム酒などアルコール度の高い酒をふりかけ、火をつけてアルコール分を燃やす調理法のこと。料理にお酒の風味や香りをつけるために行う。


とりアタマはときどきすごく肉食人間になる。で、スーパーで見切り品・半額のステーキ肉を買ってきては、一人で焼いて食べたりする。



すんませんね。



月曜の朝から、みみっちくて、しかもそこはかとなく寂しい話で。(本人は全然気にしてなかったけど、文章にしたらすごく寒々しい行為だということに気が付いた。。。)


いや。ま、それはいいんだけど。


先日も、一人ニンニクをスライスして、付け合せのタマネギを刻んで…ルンルンで肉を焼いていて、ふと、振り返ると。。。


匂いにつられてぢごく猫が立っていた。
nioi
…なんじゃその目は。。。寝起きか。いい匂いで目が覚めたのか?
ダメだよ。ナマであげられるほどフレッシュな肉じゃなかったし(何せ見切り品)、もう塩コショウしちゃってるんだから。
だいたい、アビ介は牛肉あんまり好きじゃないでしょ?姉ちゃんのささやかな楽しみを横取りしないでおくれ。




perori
だから。食べる気満々の、その舌なめずりはなんなの?




ぢごく猫。「くれくれ」と、かなりしつこく粘っていたが。。。



とりアタマが仕上げに、フライパンにウイスキーを投入し、フランベしたとたん。。。
hurannbe




ダッシュでお逃げになりました。。。シャッター間に合わんかった。
ridatu
ぢごく猫も、現世の炎は怖いと見える(^-^)。





ちなみに、フランですが。
彼女はそもそも、炒め物をするときの「ジュージュー」と油のはねる音が嫌いらしく、フライパンに食材を投入した時点で速攻でリビングに避難してました。
kowai
いや。逃げていてくれて方が危なくなくていいよ。台所狭いからね。




出来上がった見切り品ステーキ。たっぷりタマネギのソテーつき♪ソースは和風。
oniku

昼間っからこんなの食べたので、夜は粗食かと思いきや…。夜もガッツリいきましたです。。。なんか最近ウエストが。。。ま。当然と言えば当然ですが、ね。















執念深い猫

ちょっと昨日の続きです。



「とって来い」遊びが気に入って大ハッスルのぢごく猫。
uzuuzu



でも結局、ベットの下のわずかな隙間にボールペンの芯を入れてしまい、楽しかった時間も強制終了してしまった。
owari



しかし、どうにもこうにもあきらめきれないようなので、長い定規をベットの下に差し込んで、芯を取ってやろうとしてみたら。。。


まあ。
出てくるわ、出てくるわ。。。
ぢごく猫の過去の悪行の数々!!






akugyou
耳掻き、赤鉛筆、爪楊枝、定規…!!
この定規、とりアタマのお気に入りで、どこかでなくしたとばかり思っていたら。。。お前がこんなところに入れちゃってたのかあ!!


しかし肝心のボールペンの芯は出てこない。多分奥の方に押し込んでしまったのだろう。


あきらめたまえ、ぢごく猫。40分近く遊んだんだからもういいでしょ?
とりアタマは、定規がめっかったのでもういいわ。もう探すのめんどくさい。だから、キミもさっさと気持ちを切り替えて…



聞いてるか、ぢごく猫。。。
syuutyaku
キミ、本当に執念深い性格だね。(昨日の最後の写真に戻る…)







レトリーブする猫

動画編集ソフト。
だましだまし使っいながら、何とかアップできました♪



さて。改めまして。






ゴールデン・レトリーバーの名前の由来となっている、Retrievとは、「取って来る」とか「回収してくる」とかいう意味。
ラブラドールやゴールデンはもともと鳥猟犬としての適正があり、撃ち落とされた鳥を咥えて回収してくる仕事をする犬だった。
だから、普通ゴールデンは「とって来い遊び」が大好き。。。のはずなのだが。


何故かこの方は、とって来いがキライ。
na
…なんか、モノを咥えるのがキライみたいなんですわ。ま、そういうゴールデンがいたっていいんだけど。。。何かさびしい。得意そうにボールを咥えて歩くレオ君を見るに付け、内心うらやましくてたまらないとりアタマ。






でも。
意外なお方が、レトリーブに目覚めた。




彼です。彼。
hu
いわずと知れた、ぢごく猫。



先日とりアタマが使っているボールペンのインクが切れて、新しいのと取り替えたとき、古い芯を机の上に放っておいたら。ぢごく猫はそれをいたくおきに召した様子で、床に落として遊び始めた。


まずは動画でどうぞ。




でもって、一人遊びだけでは飽き足らず、とりアタマに「いっしょに遊べ」と要求してきた。しょうがないので適当に放ってやると、追いかけてとって来る。これがまぁ気に入ってしまって、際限なく繰り返す、繰り返す。


hayou



nagero



後は動画でどうぞ~♪




本当にえらい気に入りようで、延々えんえん投げさせられましたわ。時間にして40分くらいか。。。






ぢごく猫は飽きっぽい性格だと思っていたけれど…実はかなりしつこい面も持ち合わせていたのね。




最後は、ベットの下の隙間に入れちゃってジ・エンド。

あきらめきれない様子で、ベットの下を見つめるぢごく猫。
syuutyaku
また、インクをを使い切ったら投げてあげるからさ。しばらくお待ちくださいませ。










ソフトが動かない~!

とっときの動画をアップしようと思ったら、動画編集ソフトの調子が悪い~!!


しょうがないので、とりあえず写真でごまかす。









一発芸:「腹筋」…。
hukkin
ああ。我ながら、本当につまらん!!





すみません、ソフトを再インストールしてみて、しかる後にとっときの動画をアップします~。

(あんまり期待されても困るけどな。)





クリッカー・ワークショップ

昨日お出かけしていたのは、ちょっと変わったしつけ教室。
クリッカーの一日教室。小麦くんとともに、尼崎にある動物愛護センターまで行ってきた。


施設は武庫川沿いにある。
muko
なかなかのロケーション。とりアタマんちからは車で40分くらいか。


苦手な車からやっと解放されたら、見知らぬ場所。
受付を探しに母はいなくなっちゃうし、見るからに不安そうな小麦くん。
doko?



もちろんフランも何が何だか…わけがわかりません。。。
wakega
しかし、彼女の人生、彼女にとって訳がわからないことの連続だったので、意外とこういう状況には強い。状況の変化にあまり動じないのがフラン最大の武器だね。



講座の内容はクリッカーの基礎講義からちょっとした実技まで。途中お昼休憩を1時間挟んで、4時間たっぷり。。。

残念ながら講義中の写真はありましぇん。ハッキリ言ってそんな余裕かましてる場合じゃなかった。
フランもとりアタマもしつけ教室初体験だったのでね。とりアタマは自分が緊張しているだけでなく、イケイケパープー娘が暴走しないかはらはらドキドキでございました。



唯一の写真。全員であごつけフセをする予定だったのだけど。
kinen
フランは無理でございました。(フランは右から二人目)



でもふたを開けてみると。。。
フランが意外とおとなしくしていたので正直びっくり。フランと小麦くん以外はしつけ教室の正規メンバーだったらしく、とても落ち着いていた。空気も和やか。それでフランも安心していたということらしい。

講義の内容やクリッカーのお話はまたおいおいしていきますです。
ただ一言だけ感想をいうなら。


プロってすげぇ。


いや、本当に勉強になりました。
先生をはじめ、スタッフの皆さん、参加された皆さん。色々ありがとうございました(^-^)。



お土産に貰ったクリッカー。
kurikka


ウラはロゴ入り。わかる人にはわかるらしい、ちょっとしたプレミア♪
rogo



昨日の講座の関連団体を参考までに。
KENKEN CLUB
講師は、津田公子先生でした。

DINGO





帰ってゴハンを食べたところで電池切れのフラン。
dentigire
お疲れ~。







カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。