スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日お出かけ…

…につき、写真だけで~。



最近のお気に入り写真から。




熱心に話し込んでいる二人。
hutari





チューリップ開放。
tyu-rippu





一発芸、「明子姉さん」。
akiko
「…飛雄馬」





ではでは。
行ってまいります~。
フラン、お初のしつけ教室(単発講座)でっす~♪








スポンサーサイト

虎視眈々

ある日の、ぢごく猫とフラン。
連続写真でど~ぞ~。

前提知識:ぢごく猫はフランのワンコベットが大好き♪






t1





t2





t3




t4




t5





t6




t7




t8




t9
まだ、ベットをとられたことに気が付いてないフラン。
このあと、後ろを振り返ってぼーぜんとしておりました♪


しかし素早いな、ぢごく猫。。。












至福の時間

昨日、「うまいもの食べてるときと、寝ているときが一番幸せ」と書いたが、この意見には賛同してくださる方は多いと思う。
そりゃま、一部「阪神が勝った時」とかいう方もいるだろうけど。「彼氏(彼女)といるとき」という若人も多いかもしれないが。
やっぱ、生物の基本は、「食って、寝る」だと思うのよ。とりアタマは。



とりアタマ家のワンコとニャンコたちも、食べているときは幸せそう。寝ているときも幸せそう。(フランはたまにうなされてるけどね…)


で、結論として。彼らはゴハンの後に寝ているときが一番幸せそうなんだな。


nikkouyoku
昼におやつをもらった後の日光浴。



食後のお尻ポンポン。
syokugo
これぞ至福のとき。。。



散歩に行って、友達と遊んで、出すもの出して。。。
帰ってきてゴハンを食べて、お水を飲んで。。。
yoru
テレビの音と、人の気配を感じながら、うとうと。(背後にはNHKをみる猫♪)




まぶたが重そう…。カメラの起動音にもほとんど無反応。
neru
ふー:「おやすみなさい」






皆さん。月曜の朝っぱらからタルい写真ですみません。
故意ですが♪
今週も一週間、がんばってまいりましょう!!






カツ丼~!!

金曜日の日記で大騒ぎしていたように、行って参りました三宮の吉兵衛。

神戸の三宮には、有名なカツ丼屋さんが2軒ある。
一軒は三宮高架下の七兵衛。もう一軒が三宮市場の吉兵衛。七兵衛はタマネギも入ってちょっと濃い目の甘辛い味。吉兵衛はおダシが効いたシンプルな味。
とりアタマは断然吉兵衛派だ。
ちなみに、関西でカツ丼というのはカツの卵とじ丼のことを指す。



ここが吉兵衛。三宮最大のショッピング街である「センター街」の西よりの地下に「三宮市場」があり、その入り口付近にある。
yosi
通路に面したカウンターだけのお店。当然サラリーマンさんが多いけど、女性の方も結構いらっしゃいます。


メニュー看板。
kanban




金曜日に食べに行ったとき、珍しくご主人が運んでくれたので、思い切ってカツ丼の写真を撮る了解を頂いた。


皆様、御覧ください。
これが吉兵衛のカツ丼ですのよ!


don
とりアタマがいつも頼むのは、「卵追加の赤だし付き」、700円。卵を2個使ってもらってるの。かなりボリュームがあるので、最後までおいしく食べきるためにゴハンを少し控えめにしてもらってる。


ちなみにこの日とりアタマの横に座っていた兄ちゃんは、「だぶる」(ゴハンてんこ盛りにカツ2枚、卵2個)をお召し上がりでした。うらやましいなぁ。あんなにたくさん食べられて。。。



写真を撮っていたら、ご主人がニコニコしながらお店のシールをくれた。
si-ru
ここのご主人は、いつも愛想がよく接客も丁寧。「いつもありがとう」と声を掛けてくれてとっても気持ちがいい。




でも。





このシール、どないせぇっちゅーねん。





とりあえず、パソコンの横に貼ってみたけど。。。
haru
い、いかん。こんな始終目に入るところに貼ったら、禁断症状が早く出る。。。
これって、ご主人の策略かしら??







最後に、吉兵衛のカツ丼を食べたときのとりアタマの気持ちを、フランとぢごく猫に代弁していただきましょう♪










siawase
いや、ホンマ。うまいもの食べてるときと、寝てるときが一番幸せ。。。







とり憑かれた犬

小麦くんが。


小麦くんがとり憑かれた~!!














イノコズチに。
tuku1




ぐあああぁぁぁぁ~!イジイジするよ~!!

tuku2




こいつらがウゴウゴしながら、やがて耳の中や表皮を食い破って体内に侵入し、ゆっくりと脳にまで至って小麦くんを支配しちゃうんだ~。




イノコズチに支配された小麦くん。
kekeke
ああ。目が光っている!性格も心なしか凶暴そう…。






oyatu
…いや。あんまりいつもと変わんないか、な…?















恥じらい

十五夜のお月さん。
jyugoya
写真には写っていないけれど、ウサギさんが餅をついているのがしっかり見えました(^-^)。





とりアタマベットで毛づくろいをするぢごく猫。
ke1



「おっぴろげてるな~」とか呟きながら…
ke2
激写していたら…。




sarigeni
…さり気に手で股を隠した。



ぢごく猫は恥じらいを知る男です。




さて。

とりアタマ、月末はなかなか外出ができないのだけど、今日は急に時間ができたので、所用を済ませに三宮に行ってきます♪
色々用事はあるけれど、最大の目的は。

カツ丼~♪
吉兵衛のカツ丼~♪


katu


神戸のB級グルメファンなら知らない人はいないであろう、三宮市場の「かつ丼 吉兵衛」。
ここのカツ丼は習慣性がある。
二、三日前から禁断症状が出てそれはそれは苦しかった。。。
ふっふっふっ。。。思い浮かべただけで唾がわきますわ。
行ってきま~す♪













感謝状

これは昨日の夕方撮った写真。

14
十三夜じゃなくて十四夜だね。




さて、ぢごく猫なんですが。。。
aby



昨日の朝。
ぢごく猫、なんだか食欲なし。呼んでも台所に下りてこない。抱いて連れてきても、プイと出て行ってしまう。
そして、普段はあまり行かない玄関の土間でじっとしている。

う~ん。
またビクビクちゃんが出たのかとも思ったけど、そうでもなさそう。
昨夜ちょっと咳をしていたし、病院行ったほうがいいかなと思案していると。
いつの間にか二階に上がったぢごく猫が、「ニャー」ととりアタマを呼んだ。


何だ何だと上がってみたら、階段の枠の上でじっとしていらっしゃる。


oru
あ?何が?何がおるって??



って。

あっ!!



a!!



あっ~!!ゴ、ゴ、ゴ○ブ○!!
しかも、よりにもよってこんな頭の上に~!
階段降りられないじゃないか~!


aa!!!
父~、父~、とりアタマ父~!何とかしてください。速やかに処理してください。なるべく損傷の少ないように、しかし確実に殺して、遺体はビニール袋で二重に密閉の上、屋外のゴミ箱に破棄してください!!で、処理が終わるまでとりアタマはアビ介と部屋にこもりますので。よろしく。


ぢごく猫。玄関に執着していたのは、コイツがいたからか。
ゴハン食べにこなかったのも、コイツが気になっていたからなのか。



とりアタマ父が処理した後、ぢごく猫はゴハンをしっかりお食べになりました。


ぢ、ぢごく猫。ありがとう。
見つけてくれてありがとう。
教えてくれてありがとう。
自力で捕獲しないでいたくれてありがとう!!


ご褒美にお尻ポンポンを心ゆくまで堪能してくださいませ♪

ponpon


…とりアタマ、本当にダメなんです。アレだけは。











心霊写真

すみません、諸般の事情から、今日は写真だけで~♪


とっておきの心霊写真をどうぞ。


とりアタマ父の背後に浮かび上がる顔!










kao






鑑定:生霊のようですね。悪意は感じられません。食パンとピーナッツバターに興味津々のようす。「あげませんよ」と言い聞かせてやると、去るでしょう。たとえ去らなかったとしても、問題はありません。むしろあなたを守ってくれるでしょう。





アンジェラ来たる・その2

さて、昨日の続きです。



アンジェラとフランは、その後もバトルをしては…

batoru




おやつを貰うという、至福の時を過ごし。。。
oyatu




こんだけ遊んだのだから、もう散歩はいいだろうと思っていたら、そういうわけにもいかないらしく、連れ立って山の手の公園へGO。


あ。

ちなみに帰ってきたときややこしいことになるので、ぢごく猫はずっと閉じ込めっぱなしでしたの。



nyaa
すまんね。




せせらぎのある山の手の公園で、アンジェラ大はしゃぎ♪

seseragi



ここでも二人はハイ・テンションで駆け回っておりました。
動画でどうぞ~。音出ます。



広い場所では、身の軽いフランがやや優勢のようですな。



二人で駆け回って家に帰ってきたら、さすがの二人も電池切れ。



ikidaore1




ikidaore2
倒れこむポーズも同じ。。。本当に気が合う二人だねぇ。



くたくたになるまで遊んで、おやつもいつもより多めに貰って。。。
楽しい一日だったね。
また、ぜひ遊びに来てくださいませ♪









楽しくなかった人、約一名。
tanosikunai


いや。ホント、ごめんて。。。






アンジェラ来たる!!

お話は土曜日にさかのぼるのだけど。


とりアタマ家にやってきたお客様。アンジェラとそのママさん。



an
実は、アンジェラんちは、とりアタマ家に来る前のフランの里親候補さんだった。

色々事情があって、結局フランはとりアタマ家の子になったが、アンジェラママさんはずっとフランのことを気に掛けてくださっていた。
前々から一度お会いしましょうと言い続け、やっとそれが土曜日に実現したのだ。


アンジェラもフランももちろんお互いのことをちゃんと覚えていた。ワンコの記憶力は油断できない。



股間のニオイを嗅ぎあって、再会を喜ぶ二人。
saikai
キミたち、できたらもうちょっと別の喜び方をしてくれないか。。。




でもって、いきなりバトル開始!!

似てる!似てるわ、この二人!!
すぐに体をぶつけ合って分かり合おうとするところが、そっくし。
能天気がちんこ体育会系ね!!





batoru1
…しかし。



batoru2
ウェイトに相当の差があって…。



batoru3
終始コーナーに追い詰められるフラン。



アンジェラの圧勝ですな。
syouri




バトルの様子を動画でもどうぞ。音出ます。





アンジェラは5歳の女の子。フランと同じくらいの年で、性格もよく似たタイプなのに、ケンカせずに仲良く遊べるのってすごい。


フランがアンジェラんちにやって来たとき、アンジェラにとってフランは単なる侵入者もしくはライバル的存在だったはず。それなのに、アンジェラはずっとフランに優しくしてくれていたんだね。
今のフランがあるのは、アンジェラとママさんのおかげだね。ありがとう。





で。
このお話はまだ明日も続くのですが。その前に。


このバトルの間、ぢごく猫がどうしていたかと言うと。。。







kakuri
絶対ダメです!






謎のウィルス

今朝はむちゃくちゃ寒かった。
フリースのジャンパー出しましたわ。ほんの半月前まで半袖着ていたというのにね。


さて、時間をちょっと巻き戻しまして。金曜日の夜のこと。
パソコンをいじっていて、プリントアウトしようとしたらインク切れサインが点滅。

で、インクを入れ替えようとして、大惨事。
sanji
これ、かなり拭き取った後の写真。机の上もぼとぼとインクをこぼした。


とりアタマは、純正品じゃなくて安い詰め替え用のインクを使っている。で、詰め替えるときにちょっといいかげんなやり方をしてこの始末。。。我ながら、アホです。




dai
バカって言うな、バカ猫~!
(関西人は、「バカ」って言われると、全人格を否定された気分になります。「あほ」と言われるのは意外と平気です。)



しかし、どうしたものか。
土曜日はお客さんが来るのに。ご飯を作らなくちゃいけないのに。
パンとか焼いちゃうつもりだったのに。生地捏ねは機械がやってくれるけど、成型はこの手でやらなくちゃいけない。。。生地が青くなっちゃったらシャレにならない。


で、取り出したのがこれ。
tamiya
プラモデルを作ったことのある人にはおなじみの塗料の溶剤。平たく言えばシンナーです。これを吸引する…じゃなくて、ティッシュにしみこませて拭き取ってみる。(良い子は絶対まねしない!!)




  。。。







kawanan
全然効果なし。


ひ~ん、我ながら気持ち悪い手だよ~。
まるで謎の宇宙ウイルスに感染したみたいだよ~。
手足の末端の青いまだらのシミが、やがて全身に広がって、これが顔にまで表れ始めたときに、完全に脳を宇宙人に支配されちゃうんだ~。
怖えぇよ~。




bakabaka
いや。確かに。遊んでる場合じゃない。何とかしないと。




と。思っていたら。
土曜日の朝、雑巾がけをしていたら…。
アラ?


kirei
手がキレイになってる。
こ、これならパン生地をいじっても大丈夫かも。


すごいわ。
宇宙ウイルスのワクチンは「雑巾がけ」だったのね。勤勉できれい好きな心が宇宙人に打ち勝ったのね♪




と、いうわけで。
土曜日無事、お客様を迎えることができました。
その、お客様とは。





atasi
はい、こちらのアンジェラさんと、そのママさんでございます。アンジェラはフランの義理の姉さんなの。




詳細は後日~。







写真だけ~

ちょっとバタバタしております。
今日は写真だけで~。





doko
ちょいとヤボ用で~♪。





全国的に雨模様のようですが、皆様足元にお気をつけくださいませ♪
(…とかいいながら、自分がコケそうだが。)













怖い想像

今朝の空。

ちょうど夜明け頃。
yoake
今日は本当に雲ひとつなかった。空気はよく冷えていたけど、凍えるほどでもなく、散歩にはちょうどいい。


いつもより少し遅めに散歩に出たら、ベルちゃんと遭遇した。

beru
ベルちゃん、持病のある足の具合が少しよくなくて、歩きにくそうだった。それでもフランに会うとうれしそうにしてくれる。その様子が愛しい。

がんばれ。






最近さすがに「蚊」に刺されなくなってきた。(まだまだフィラリア予防は必要だけどね。)
かわりに別の鬱陶しい虫がよく出没する。



その名も、「ひっつき虫」。
フランがニオイを嗅ぐため、草むらに顔を突っ込むといっぱいたかって来る。



ijiiji
ひっつき虫だらけの顔を見てるほうがイジイジするわ!




アップで見ると、こうなってます。
appu


appu2
これが植物の種じゃなくて、本当の虫でウゴウゴ蠢いていたとしたら…。しかもちょっと粘液とか出して臭かったりして…。軽い毒をもってて噛まれたら腫れたりして…。



すみません。
…なんか自分で想像して気持ち悪くなっちゃった。。。
たぶん、ゴキ○○の次くらいに嫌いな虫になるだろう。
ひっつき虫が「虫」でなくて本当によかった。。。



鬱陶しいことに変わりないけどね。

シッポにもいっぱい。
sippo
これはイノコヅチ。動きません。



フランなどまだマシな方で、体の小さなヨーキー君とかは、もうイノコヅチにまみれて大変なことになってます。
本当にウゴウゴしなくてよかった。。。(しつこい)








何か憑いてます?

ちょっと来客があるので、玄関においてあるフランのケージの上を片付けたと思ったら。。。



すかさず乗るぢごく猫。


dai
本当に、目ざといな、お前。



しかも。



sikamo
あっちをキョロキョロ。。。



kotti
こっちをキョロキョロ。。。



特に何もない空間を不思議そうに眺めてらっしゃる。






nagame
お願いですから、止めてください。




ね。




kuwa






相性判断!!

今日は別のネタを書こうと思っていたのだけど、シンちゃんちのブログを見に行ったらおもしろそうなことをしていたので、うちでも乗っかることにした。


ズバリ!「飼主と愛犬の相性診断」

飼主の生年月日と、愛犬の名前と生年月日を入力すると、性格判断と相性診断をしてくれるというもの。


de-ta
ふーちゃん、そういうシラけたことを言うんじゃないの!単なる遊びなんだから、遊び。←と、とりアタマが言うときは実は結構マジ。



というわけで、さっそくやってみよう!

と思ったけど。
あ。フランの誕生日知らねー。

シンちゃんと違って成犬で保護されたフランは、生まれ月どころか生まれた年もわかんね。


う~ん、これではしょうがない。
とりあえず、今は亡き先住犬、ハンナとの相性を診断してみよう。




hannna
愛しい愛しいハンナの誕生日は、1991年3月21日。



で。その結果は。。。


とりアタマの性格
情愛豊かで直感的、意志の強い人
あなたは、明るく陽気で活発な頭の良い人です。性格的にも、勝ち気で向こう気が強いところがあります。気紛れでお茶目な独特の魅力を持ってますが、気分屋で直感的な行動をとことも多く、見栄っ張りな面があるので、弱味を見せずに強がる傾向がありますが、内心では孤独を感じる傾向もあります。
愛犬に対しては情愛豊かに接しますが、反面、突っ込みすぎると周りのものが見えなくなり、気づいたら孤独になってしまう危険性があります。
しつけや健康管理にはとても熱心に取り組めるでしょう。



皆様~。下線を引いてある部分だけ読んでくださいませ~♪他の部分はスルーして下さって結構ですわよ~(^-^)。

けなげに陽気に明るく振舞ってはいるけれど、実は繊細で内心孤独を感じているので、みんなで優しくしてちょうだいね♪


sonnkurai
いやいやアビ介。とりアタマが言ってるわけじゃないから。コンピュータさんの分析だから。
…しかし、生年月日だけでここまで性格を言い切られるのもすごいけどな。



さて。
気を取り直して、

ハンナの性格・姓名診断
愛犬の性格
社会性豊か、適応能力が高い
独立心も強いですが、集団生活でも優れた適応能力があります。
穏やかですが力もあり、飼い主には従順です。

愛犬の姓名診断
優しい性格、引っ込み思案
繊細な面がありますので、しつけは叱るよりも褒めて伸ばすべき。
飼い主に対しては素直ですので、しつけやすいはずです。


うんうん。性格は当たってますね。適応力があって、集団でも上手に自分の位置を見つけられて、穏やかで従順だった(^-^)。い~いワンコでした♪
そーか。しかるより褒めてしつけるべきだったのか。
今さらそんなこと言われても、もう、遅いけどね。


hannna2



では、肝心のとりアタマとハンナの相性は!?

91%
まさに分身のような存在
あなたと愛犬の相性は、非常に良いものです。
ごく自然に一緒にいるだけで、愛犬とは厚い愛情で結ばれるでしょう。
しつけをしっかり行うことで、信頼関係は磐石なものになります。


hannnatori


ふっふっふっ。
そうでしょう!そうでしょうとも!!




いいじゃない、このソフト。とってもいいじゃない!!


こうなったら、フランもやってみましょう。
誕生日はわからないけど、推定5歳で、とりアタマ家に来た日を誕生日として入力してやってみようじゃない。


フランの仮誕生日2002年7月9日。


フランの性格
賢く感性豊か、協調性強い。
従順で素直ですが、繊細な一面も。
飼い主だけでなく、人間の気持ちを汲み取る賢さを持っています。

フランの姓名診断
責任感と愛情にあふれる
献身的で愛情が深いですが、マイペースで頑固な一面もあります。
賢いので、信頼関係を築きながらしつけましょう。


ううう。。。やはりちょっと無理があるか(特に下線部分…)?

で、肝心の相性は??

93%
癒される関係
あなたにとって愛犬は、きっとなくてはならない存在。
無理をすることなく付き合えているはずです。
愛犬も、あなたに愛されていることを日々感じています。
ただ、少し自己中心的になりやすい面があります。
愛犬を配慮するバランスを維持できれば、最高のパートナーとなりえるでしょう。


ううむ。当たっているような、部分的に強く否定したいような。。。
でも、相性はいいのよね。
ハンナよりもいいのよね。
う~ん、確かに意外とそうかも。ハンナには、とりアタマの都合でずいぶんガマンさせちゃったけど。
フランはハンナよりお気楽犬だから、とりアタマと楽に暮らせるかもねぇ。

foo



これ、ニャンコのサイトもないのかな。探してみよっと。




私信。
小麦母さま、相性診断したら結果教えてね!















流血大惨事…

ええと。
月曜のさわやかな朝ですが。
まずは懺悔ですな。

タイトルにあるように、昨日の朝、とりアタマはえらいこと流血騒ぎを起こしました。


フランに。


foo



最近フランがいやに前足の特定の爪を気にしてガジガジ噛むので、ちょっとだけ爪の先を切ってやろうと思い、で、切ったら。。。


大出血。。。


foo2


とりアタマ家に来るまでフランは爪を切ってもらったことがなかったらしく、しかも、散歩もあまり行っていなかったようで、爪がかなり長く伸びている。で、爪の中の血管と神経も伸びちゃっている。


そんなこともあって、今まで怖くてフランの爪を切るのをためらっていたんだけど。
ずっとためらっとくべきだった。すまん、フラン。
まさかあんな際まで血管が来てるとは思わなんだ。



husinn



とりアタマ流血には結構強いほうだと思うのだけど、今回はマジで慌てた慌てた。


先住犬ハンナには、爪の流血、毛玉をとるときに勢い余って皮膚切開までしちゃった流血など…とりアタマはハンナの生涯で三度土下座をして謝ったのだけど。

今回は、フランに対して初土下座。


その後、特大のデンタルボーンを与えて、全てを忘れてくれるようにお願いしました。
dentaru
前足の爪の先がまだちょっと赤いでしょ。ここです、やっちゃったのは。



昨日はその後出かける用事があって、帰ったのは夕方。
出かけている間に爪を噛んで、傷を広げていないことを祈りつつ、帰ってみると。
とりあえず、血は止まっていたので、ほっ


でもってその後、歩く分には全く支障がないので、散歩に行くと。


とりアタマの願いどおり、「全てを忘れて」くれていたようなので、
na
重ね重ね、ほっ


爪で痛い思いをして、二度と前足に触らせなくなるワンコもいるというのに。
フランがちょっとおバカなお気楽犬で本当によかった。




いえ。まじめな話。
もう二度とフランの爪を自力で切ろうとは思いません。
本当に怖かったっす。










いろいろ…

…盛りだくさんの週末でした。。。




書くことはたくさんあるのだけど、とても疲れているのでとりあえず今は写真だけで。


小麦くんがとりアタマ家に泊まりに来たときの写真から。




夕食風景は前に動画で出したけど、これは翌朝の朝食のときの写真。
tyousyoku
二人仲良く食べているのだけど、この朝、小麦くんはやはり食欲が落ちていて、いっぱいゴハンを残した。


小麦くんがゴハンの器の前を去った直後のフラン↓。






ii?
ふーは食いしん坊だけど、いきなり食べにいかずに、訊いてくるだけエライわ。
いや、ホント。姉ちゃん、ちょっと感動した。



「いいよ」の「よ」を聞く前に、器に顔を突っ込んでましたけどね。
gatugatu














激突!

スポーツの秋とか申しますが。
そろそろシンちゃんママもブートキャンプに飽きてきた模様。。。

とりアタマはブートキャンプは最初からあきらめてましたが、最近五十肩も小康状態を保っているので、ちょっと体を動かしてみようかと思ったりして。

でも、ジムに通うヒマもお金もないので、とりあえず買ってきたのが、コレ。


リフティング専用ボール。
ball
見ての通り小さいサッカーボールのようなもの。あまり跳ねない。


リフティングというのは手を使わず、足や頭だけでボールを落とさずにコントロールすること。サッカーの練習の基本ですな。

運動を始めるにしても、ウォーキングやジョギングとかではなく、何故リフティングから始めるのか?我ながら訳がわかりません。
あえて言うなら、とりアタマ実は子供の頃サッカー少女だったのよ。だから、リフティング自体は結構馴染みのある行為なのね。



でもさすがに表でやるのは恥ずかしいので、自分の部屋でポンポンボールを足で撞いていたのだけど。かなり久しぶりにやるので当然へたくそ。よくボールをこぼしてしまう。


そしてまた満の悪いことに、ウォークインクローゼットの中からのっそり出てきたぢごく猫の顔面を、こぼれたボールが直撃!



この写真はその直後、ボーゼンとしているぢごく猫を写したもの。とりアタマも動揺していたのでブレブレです。
tyokugeki
人間でたとえるなら、運動会で使う大玉ころがしの大玉が、顔面直撃した感じでしょうかね。ホント、正面からぶつかったからな。鼻血が出なかっただけめっけもんですわ。



いやあ、すまなんだ、アビ介。



もっと怒られるかと思ったけど。
jisitu
よほどびっくりしたらしく、怒るのも忘れて茫然自失状態。
いっそ記憶喪失にでもなって、優しくてかわいい猫に生まれ変わってくれてもよかったのだが。さすがに世の中そこまで甘くはなかったみたい。



忘れるどころか。
この日記を書くためにボールの撮影をしているところに、アビ介がやってきたのだけど。



keikai
思いっきり警戒して部屋に入ってきませんでした。
色々記憶が甦ったらしく、耳が相当怒ってます。






とりあえず、リフティングはぢごく猫のいない部屋でやりまする。









蓮の花を見て思う。

秋の空。


aki
ほんと。やっとこさ秋だわ。




先日、山の手の公園で、ハスの花のつぼみが膨らんでいるのを発見。




hasu
ハスの花の開花時期としてはズレまくってますが、きれいだから許す。


上から見るとこんな感じ。
hasu2
透明感のある白い花弁。ドロ水の中にあってこの穢れなき美しさはどうよ。清楚だわ。まるで、






うちの子みたい。







foo





…すみません。すみません。心にもないことを言いました。


確かに穢れはないかもしれないけれどな。
胸を張って「あたし穢れてないの」っつーのもどうかと思うしな。
自覚のない傍若無人さというのは一等始末が悪いからな。




あ、でも。
悪意のある傍若無人さというのは恐怖以外の何者でもないか。


aby



とりアタマ家には両方そろってるんだなぁ。






だいぶん違う

昨日夕方の散歩の途中で、小麦母さまが小麦くんを捨てた!!!(lll゚□゚)!!!。
最近小麦くんプチ反抗期らしく、母様の怒りを買ってしまったのだ。

そこですかさず、とりアタマがフランを捨てて、小麦くんを拾った。すると、シンちゃんママがシンちゃんを捨ててフランを拾った。

で、最終的にシンちゃんを小麦母さまが拾って、飼主入れ替わりで散歩を継続することに…。


飼主が入れ替わったというのに、ワンコの皆さん全然動じておりませんでした。。。
koutai
う~む。違和感がない。



むしろ、シンちゃんなど、小麦母さまの巧みな話術の虜になり、すんごく楽しそう♪
shin




フランの場合、飼主が入れ替わっていることを認識しているかどうかさえ怪しい。
foo
このままシンちゃんちに連れて帰ってもらっても、つつがなく暮らしていきそうだな。。。



小麦くんも変わらず…と言いたいところだけど。実は小麦くんが一番動揺していた。
komugi
反抗期だとかなんだとか言いながら、結局母が好きで好きでたまらないのね。



…それとも。
とりアタマがいつもフランに暴力を振るうのを目撃しているから、自分も蹴っ飛ばされるのじゃないかと恐怖を感じていたとか。。。


母を目で追う小麦くん。。。
komugi2
心配しなくてもフラン以外は蹴っ飛ばさないってば。



たまによその子のリードをもつのも新鮮だね。ワンコによって性格も色々、クセも色々ということを実感できる。勉強になるなぁ。


こういうのなんていうんだっけ?
え~と、スワッピング??




ちょっと違うか。








食べ方の相違

小麦くんは、ちょっと食が細いらしい。
母様が、なかなか食べてくれないといつも嘆いておられる。とりあえず今のところは体重維持ができているので、心配は要らないのだろうけど、飼主としては快食快便であってくれる方が安心なのは確かだ。


とりアタマ家に泊まりにきた小麦くん。

ごはんに興味はあるようなのだけどね。。。
gohan



実は、今回のお泊り。
小麦くんがフランと並んで食事をすることによって、つられて食欲が増すのではないかという期待もあったのだ。
何せ、フランの食べっぷりはすごいからなぁ。



二人並んで、「待て」状態。
mate
二匹のワンコにじっと見つめられるのって、快感だわ♪



さて。二人の食べっぷりは動画でどうぞ。
音出ます。





…フラン。。。小麦くんとは勢いが違うわね。
小麦くんは何てお上品に食べるのでしょう。ちゃんと噛んで食べているところがすごい。ワンコって丸呑みするもんだと思ってたのに、ちゃんとバリボリ噛んでいる音がするんだもん。



当然、食べ終わるのもフランの方が早い。

geppu
ふーちゃん、食後にゲップするの止めてください。本当におっさんみたいですから。。。



でもって先に食べ終わったフランは、小麦くんのごはんが気になって仕方ない様子。
次も動画でどうぞ。。。






なんちゅう物欲しそうなヤツ。。。お育ちが出てましてよ!
自分の空の器と小麦くんのごはんを交互に見つめちゃって、恥ずかしいったらありゃしない。
小麦くん、ひょっとしたら気を使ってわざとゴハンを残してくれたんじゃないだろうか…。




とにかく小麦くん。この日はごはんをほぼ完食してくれてヤレヤレでした。


ちなみに、二つめの動画の最後の方で、さり気にトイレに入るところを写されちゃっているぢごく猫ですが。


フランと小麦くんが食事をしている間、やや斜め後方でその様子をじっと見つめておりました。
nannde
ぢごく猫、すんごい不審そう。そういえばこの日小麦くんがお泊りすること、彼に話すのを忘れていたなぁ。

ごめんごめんアビ介。キミは小麦くんと仲良しだから、ついうっかりしていたわ。

どれくらい仲良しかって。
ぢごく猫と小麦くん。今流行の相関図ジェネレータで調べてみたら、何と「肉体関係」があるそうだから!!!


全く一体いつの間にそんなに深い仲に?小麦くんのご両親に何と言っていいのやら。。。

あ。
ひょっとして。
小麦くん、とりアタマ家に泊まりに来たかったのは、実はぢごく猫との逢瀬が目的かい??



komu
マジ、そうなのかしら???







お泊り

金曜日の夕方。
いつものように、お友達ワンコと連れ立って、歩け歩けのお散歩。


sanpo



全くもっていつもどおりの風景に見える。
でもね。
実はこの日、ちょっとしたイベントがあったのだわ。


この方に♪↓
komugi
小麦くんです。


ここ数日、散歩のとき、小麦くんとシンちゃんがフランを家まで送ってくれていたのだけど。その折、いつもいつも、小麦くんが帰るのをしぶる。玄関ドアの前に座って動かないのだ。


まるで、
tomete
…と言っているかのよう。



それがあまりに続くので、一度お泊りさせてみるかと言う話になった。そして、金曜の夜、ついに小麦くん念願かなって。
ehe!
お泊り決行と相成りました。ま。泊まること自体は初めてじゃないんだけどね。



どうやら小麦くんは本気でフランの家に泊まりたかったらしく、玄関ドアを開けると、母のほうを振り返りもせず、すたすたと家の中に入ってきた。母様、ちょっと悲しそうでございました…。



いつものようにアビ介に挨拶した後。。。
一瞬で、10年一緒に暮らした家族のように馴染むお二人。
hutari





その後も、フランのおもちゃで一人で遊び。
asobu
(注:フランと遊んだわけではない。あくまで一人で遊んでいたの。。。)



フランと一緒にゴハンを食べて。。。
gohan





実に満足そうに、お眠りになってました。
manzoku



満足してくれたのは良かったのだけど。。。
でも。
フランと一緒に遊ぶでもなく。とりアタマやとりアタマ父と遊ぶでもなく。
ちょっとだけぬいぐるみで遊んだ後は、自分の好きな場所でゴロンとしているだけっていうのも、何だかな。



彼は何故に、何を求めて、とりアタマ家に泊まりに来たかったのかしら???
謎だわ。




まあとにかく、ゆったりマッタリ寛いでくれたようなので、
yuttari
…何よりでございました♪





明日も「小麦くんお泊り編」が続きます。





職人魂

最近夕方の散歩の時間帯が涼しくなってきたので、少し距離を伸ばして歩くようにしている。
フランは後ろ足関節に致命的な欠陥があるから、筋肉を維持しなきゃいけないのでね。

ま、もっとも。致命的とか言いながら、飛び跳ねて遊んでますが。

asobu!
(おとついの日記も参照のこと♪)



でもって、最近よく一緒に散歩をするのがレオ君。
reo



御年10歳のレオ君は最近ちょっと足が弱ってきていて、やはり筋肉を維持するためにいっぱい歩かなくちゃいけないのだ。

aruku
お友達ワンコと一緒だと知らず知らずたくさん歩いちゃうからね。
もちろん無理は禁物だけど。


先日も、山の手にある中学校の横の歩道を歩いていて、ふと振り返ると…

レオ君がついてきていない。

konai
何だかへたばっている様子。
足が痛くなっちゃったのかとびっくりして、近づいてみると。


動けないのではなく、
sagasu
植え込みの奥にボールを発見して、それを必死で取ろうとしている模様。



レオ君はボールを見つける名人だ。
前にも同じ場所で、野球部の男の子が必死になって探していたロストボールをあっさりと見つけてあげたことがあった。

レオ君は、ずっとずっと遠くから、茂みの中にボールがあるのがわかるみたいなのだ。目で見て確認しているとは思えない。
何故そこにボールがあるのがわかるのか?やっぱりニオイ?
でも、野球のボールやテニスボールに共通のニオイってあるのかな?


とにかく、彼のボールに対する執念はすさまじく、ロスとボールを探し当てるその様子はまさに職人芸!


この日もあっさり野球ボールをゲットして、ルンルン♪
runrun
足どりも軽いね♪


レオ:「ぼーる、お兄ちゃんたちに返します」
kaesu
えらい!!レトリバーの鏡だわ!



一仕事終えて、満足げなレオ君。
manzoku


さて。
休憩したら、またちょっと歩こうね。


抱っこができない大型犬は、がんばって自分の足で歩かなくちゃいけない。
一緒にがんばろうね、レオ君。
お外は楽しいことがいっぱいだ。ボールもまだまだいっぱいだからね。





…こんな奴らと一緒の散歩は御不満かもしれませんが。
konnnann
…フラン。お願いだから、子供たちの前では止めてください。









朝っぱらから。

秋の空は雲の形がおもしろい。
kumo




今朝の散歩で久しぶりにイノシシさんに遭遇!
距離は5メートルほどだったけど、相手は崖下にいたので危険はなかった。やれやれ。崖下の草むらを走り回ってらっしゃいましたわ。


イノシシ、本気で走ると半端じゃないスピードだわ。さすが足が4本あるだけのことはある。
最近、朝の散歩はまだ夜が明けきらないうちに家を出るからなぁ。ねぐらに帰るイノシシさんと遭遇する確立が高くなるのだわ。
熊よけの鈴でもつけて歩いた方がいいかしら?それとも人慣れしているイノシシさんには逆効果かしら?





さて、イノシシを避けて幹線道路まで出てきたところで、シンちゃんにも遭遇(^-^)。



shin
何だか、二人が「はだかんぼ」に見えるなぁと思っていたら。。。



いきなりこんなこと始めてくれました…。




maunto
…朝っぱらからさわやかなシーンをありがとう。。。


念のため言っておきますが、マウントしているフランは女の子です。されているシンちゃんは、男の子です。

お二人さん、倒錯するのもいいかげんにしてください。





閑話休題。



ええと。最近ぢごく猫が出ていないけど元気なのか?と言うお問い合わせを頂きましたので、彼の写真を二枚ほど。




何か「キュッ」と一直線になって寝ていますが、
syokusenn
彼は元気です。



上から見たところ。
ue
緊張しているようにも見えるけど、実は爆睡中。
折りたたんだ手とか足とか、しびれないんだろうか…。







激しく愛して♪

先住犬のハンナは誰とでも仲良くできるおとなしいワンコだったが、唯一苦手な犬種がシェルティだった。
ハンナはめったに他犬への攻撃性を見せることはなかったが、シェルティにだけはたまにケンカ売ってたなぁ。




hannna
12歳くらいのときのハンナ。最近フランを見慣れているから、ハンナがえらいこと年寄りに見える。



ところで、フランには苦手な犬種というのはないようで、それはとても結構なことだ。但し、売られたケンカは必要以上に買う傾向があるので要注意なんだけどね。

そして、実はフランには特に好きな犬種というのがあるらしく…。



まず、ズバリ自分と同じゴールデンレトリバー。
reo
レオ君とは特に仲良し(^-^)。


とにかくゴールデンを見つけたときの反応は他のワンコを見かけたときとは全然違う。同族だってわかるのかね?



そして、同族以外でフランが愛して止まないのが。

ビーグルのみなさん。

特にこのロビー君とは最近ムチャクチャ遊ぶ。それはもう、ほんとムチャクチャ。。。
roby



まずは挨拶をして…
aisatu



バトル開始!!
以下動画でお楽しみください。音出ます。






シンちゃんが参加しようとがんばっているのだけど、あまりに二人が激しすぎてどうにもできないのが悲しい。。。


ロビーちゃんの母様がおっしゃるには、どうもロビーちゃん、遊び方が激しい上に持久力が半端じゃないので、最近よそのワンコが相手をしてくれないらしい。


母様。大丈夫です。フランならいくらでもロビーちゃんのお相手ができますわ。
つーか、実はフランも最近一緒に遊んでくれるワンコがとんと少なくなってしまって、大変難儀しておりました。
今後とも、お付き合いのほどよろしくお願いします♪



ひとしきり暴れた後は、仲良くおやつをおねだり。
onedari
ロビーちゃん、また遊んでやってね。



なお。

このお二人は、ロビーちゃんとフランのバトルを見て呆れ顔でした。








akireta










路線変更??

先日、母の怒りをかっちゃって、雨の神公園に捨てられた小麦くん。。。





sutekomu
本人、あんまり堪えていない様子。母様が捨てるはずないって見抜いてるんだわ。




日曜日の運動会で、どうやらあまり上手にできなかった模様の小麦くん。。。
小麦母さまの落ち込みようは、おとついと昨日のコメントにて各自ご確認くださいませ♪(鬼のようなヤツ…)
母様、相当めげてらっしゃって痛々しい。



一方、小麦くんは、


ehe
このようにあっけらかんとしているので、それがまた母様のさらなる怒りを誘っちゃったりしてね♪




とりアタマから見たら、小麦くんは充分賢いし、よく母様の言うことをきいていると思うのだけど、上には上がいるんだなぁ。


母様。高みを目指すことも大事だけど、ちょっと下も見てよ。ホラ、近くにいるから。「下」が。


↓「下」。
sinpin
但し、能天気さにかけては小麦くんに負けていませんことよ。





それとも、路線変更して。。。
シンちゃんも入れて、3人で「三バカトリオ」目指します?







ngaa
…それもいいかも、ね。





P.S.

ちなみに、同じ運動会に参加していた小町ちゃんは…





イス取りゲームで優秀な成績を収められたそうです。
yoyuu
パチパチ。おめでとー(^-^)/













しつけ強化月間延長

テロ特措法は期限延長が難航しそうだが、「しつけ強化月間延長」は昨夜あっさり可決された。「強化」したのにあんまり進歩がなかったことが延長決定の大きな要因となったことは、言うまでもない。






この時期犬のしつけ教室などでは、犬の運動会が催されることが多い。


ちょっと、奥様。犬の運動会ですって。あるんですよ、本当に。この日に向けてワンコも飼主さんも猛特訓!


なにせ保育園や小学校の運動会と違って、コンセプトが「子供の成長を見る」ではなく「飼主の努力と、その結果であるワンコの成長を見られる」ことにあるからね。想像しただけで大変ですわ。


かく言うこの方たちも…
komu
昨日雨の中運動会に参加されたようで(お疲れ様でした)。





しつけ教室に通っていないとりアタマやシンちゃんママは、小麦母さまの指導を受けたり、本で調べたりして試行錯誤しながらしつけを入れている。これが楽しくもあり大変でもあり。。。ま、とにかくワンコと暮らす醍醐味のひとつであることは確かだ。






こんなポーズを取れるのも、
baizai
しつけを通して培った信頼関係があればこそ。知らないワンコにこれをやるともちろんかなりの確率で噛まれる。



信頼関係は日々の生活の中で作り上げていくもの。一朝一夕にできるわけではない。
根底に愛情がなければしつけなんて入らない。



love
いつもラブラブのお二人(^-^)。



問題は、愛情があるからといって必ずしも上手にしつけられると言うわけでもないんだな。技術的な問題とかで。。。



後、まれにワンコのオツムがトリの頭だったりして…ね。



sinpin
キミ、何で一晩寝るとあらゆることを忘れるかな…?


あ。飼主に似たからか。。。









カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。