FC2ブログ

犬笛その2

先日、シェパードという種類の犬笛について書いたけど
この犬笛を自在に使いこなせるようになって、しつけに役立てるためには、膨大な年月がかかりそうであることが判明した。

sonnan


あ~?
しつけの必要な張本人が、何かご意見でも?



nanndemo
わかればよろしい。



つ~わけで。とりアタマは判断力があるので(あきらめが早いとも言う)、シェパードはちょっと置いておいて、誰でも吹けばなるタイプの犬笛を使うことにした。


こーゆーヤツだ。
inubue
これはキャップをはめているところ。




キャップを取ると…




kunkun
ぢごく猫、じゃまっ!!



…失礼。
キャップを取るとこういう感じです。
inubue2
音の高低の調節ができるタイプだけど、基本的に高音で人間には聞こえにくい音が出る。


でも、ワンコにはよく届くみたいで、これを吹くと周りのワンコの耳がピクンと反応しておもしろい(^-^)。


とりあえず「この音が鳴るといいことがある」という条件付けを徹底する。ゴハンをあげる前、おやつをあげる前、家の中でかくれんぼをするときなどなど、要所要所で笛を吹く。
でもって、だんだんと「笛が鳴ったら、姉ちゃんところに行かなくちゃ!」と言う意識を高めていくのだ。。。


ああ。文章で書くとなんて簡単なんでしょう。。。




とにかく、どんなに興奮していても犬笛一発で呼び戻せるように、がんばるぞ!


と。
日々室内でのトレーニングに励んでいたら。。。



笛を鳴らすと、この方が来るようになっちまった。




この方↓
kita
完全復活を果たした、デバガメぢごく猫。
犬笛は猫笛でもあるらしい。聞きなれない音がするもんだから、「何だ何だ?」と2階から降りてくる。




なんだか、全然意図しないところで全く必要のない成果が出ているのですが。。。とりアタマ、ちょっと虚しうなる今日この頃。










スポンサーサイト



カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ