スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきなり秋。

24時間で秋が来た。
とりアタマ、扇風機をしまうべきか否か真剣に悩んでおります。
しまったとたんにまた気温30度なんてこたぁないだろうな。。。もう張り出してくるなよ、太平洋高気圧。


ぢごく猫の姿が見えないなぁと思っていたら、こんなところに。



nukui
はいはい。好きなところで寝てください。
暑いところ大好きのぢごく猫には辛い季節がやってくるなぁ。


逆に、フランにとっては、
foo
やっと快適な季節の到来だね。




皆様も、体調など崩されませんように。よい週末をお過ごしくださいませ(^-^)。











スポンサーサイト

がんばってはいるのだが。。。

とりアタマ父が会社で自分専用のパソコンを買ってもらってから、約一年が経過した。


sou?



加齢に伴う脳みその機能低下にもかかわらず、なかなかがんばっていると思う。いや、本当に。なんだかんだ言ってもエクセルで簡単な表が作れるようになったもんなぁ(1年掛けて)。


gannbatta



何度も何度も同じことを説明して、さらにさらに同じことを説明して、再度同じことを説明し続けても、いつも「そんなん初めて聞いた」と言われるのはとっても辛いが、しょうがないよね。いずれはとりアタマも通る道だ。。。



syukudai
マイ・パソコンをえっちらおっちらお持ち帰りし、週末にお仕事をするとりアタマ父。。。だから、作りかけのデータだけ持って帰れってば…。



パソコン操作がわからなくなると、とりアタマ父は家にいるとりアタマに電話をかけてくる。(あたしゃ、カスタマーセンターか!)


でもって、この会話がまたすごく疲れる。
大体聞いてくるのは他愛もないことなのだけど。。。とりアタマ父はパソコン用語に非常に疎いので、会話を成立させるのが大変なのだ。


ツールバー、とかタスクバーとか言っても…
「それ、何や。」と言うことになる。
よっていちいち、「画面の一番上に青い帯があるやろ、その下にファイルとか編集とか書いてあるやろ…」と説明しなくてはならない。はぁ。
かろうじてわかる言葉は、「クリック」「右クリック」「ダブルクリック」。あと、え~っと、「ポインタ」も知っているみたい。


taihen



間違った用語の使い方もある。
とりアタマ父はプリントアウトすることを、「コピーをとる」と言う。どうも会社のプリンターはコピー機との複合機のようで、そのためこういう表現をするみたい。。。通じね~って、それ。


huu




この間も電話で父が言っていることを理解するのに大変時間を要した。

父:「コントローラーが動けへん」
とり:「はぁ?」
父:「いや、コントローラーで動かされへんねん」
とり:(何か新しい機械でも導入したのか?)「だから何を動かされへんの?」
父:「全部や、全部。何にも動けへん」
とり:「??だから何の機械の話?」
父:「パソコンに決まってるやろ!」
とり:「…コントローラーってひょっとして…」












kontorora
マウスのことかいっ!!



つまり、「画面がフリーズしてどないもならん」ということを言いたかったわけね。これがわかるまで約5分。

「キーボードからの再起動やり方」を説明するのにさらに5分。
なにせ、「キーボードの左の下のスミに、Ctrlってのがあるやろ、それからその3つ横にAltがあって…」と説明しなくちゃいけないからとっても時間がかかるのだ。



父よ。
会社のヒトとはそれで会話が通じてるのかい?



ganbare
コムちゃん、それ誰に言ってる?とりアタマ?それともとりアタマ父??

















やっとこさ秋

え~。本題の前に、わかる人にはわかる業務連絡。


「また落ちた」(絶句…)

以上。





さて(強制的に話題を転換)。

昼間はまだまだ暑いけど、やっと朝晩過ごしやすくなってきた神戸の東の端。
とりアタマは色んなところで小さな秋を見つけております(まぁ、詩的♪)。


梨がおいしいなぁ、とか。栗ごはん作ったとか。
(秋の食べ物で、決してマツタケという言葉が出てこないのはとりアタマ家の家計の都合によるためです。)



シンちゃんが夕方の散歩に服を着てきたとか。
huku



ぢごく猫が日向ぼっこしていたとか。
hinata



bokko
…しかし、このだらけたリラックス状態は何?
ついこの間は窓には決して近づけないビクビクちゃんだったというのに。。。


しかし、何よりとりアタマが強烈に秋を感じるのは。

早朝起き抜けにトイレに入り、迂闊に座ったウォシュレットの便座が異様に冷たくてびっくりしたとき(夏の間暖房の電源を切ってある)。



そりゃあ、もう。



hie-!
って感じで、一気に目が覚めましたわ。


でも、日中は暑いしまだ電源入れないの。

でもって、また明日の朝も、



hie-!
ってなるんだわ。
とりアタマ、学習能力ないからね。。。











でっかいぬいぐるみ

昨日は中秋の名月だったそうで。

meigetu
なかなか見事なお月様。
今ここに向かって「かぐや」が飛んで行ってるんだなぁ。
たくさんの従者を連れて、牛車で天空に昇った「かぐや姫」ならいざ知らず、「かぐや」はH2Aロケットで打ち上げられた探査船だからねぇ。風情があるようなないような微妙な感じだわ。



さて、先住犬ハンナのお友達、チャンプ君の母様にお久しぶりにお会いした。チャンプ君はハンナより早く虹の橋に行っちゃったOEシープの男の子。とっても優しくて、ハンナの良い茶飲み友達だった。
(…デジタルの画像を探したのだけどなかったわ。しくしく。)



チャンプ君の母様はOEシープというワンコがとっても大好きで、この日もOEシープの大きなぬいぐるみを見せてくれた。





OES
うわぁ。でっかい!良く出来てるなぁ。






OES2
お鼻とかすっごいリアル。もっこもこだぁ♪天然のウールかしら?
それにしても重そうね。この質感や量感にも作り手のこだわりが出ているのね。





e?

え?今、ちょっと笑った??





anna
ええ?何ですって?生後56日??
女の子で名前はアンナ???マジですか!?



うう~む。しかし。そんなこと言われても。。。



OES
どっからみても、でっかいぬいぐるみにしか見えません。。。









シンちゃんママ、その愛。。。

シンちゃんのママは、どんなワンコもうっとり官能の世界にいざなうゴットハンドの持ち主。
彼女にナデナデされたワンコはもうメロメロ。


aan
危ない世界に突入しそうなフラン。


ママはシンちゃんが大好き♪もちろん、シンちゃんも世界で一番ママが好き♪
シンちゃんとママのツーショットにはいつも愛が溢れているの。ホラ。



amaama
まぁ、シンちゃんのうっとりしたお顔はどうよ!?(抱っこするには無理がある大きさだけど、二人とも気にしてない。)





せせらぎ公園にも。。。
ahureru
愛があふれ出しております。もう見ていてこっちが恥ずかしいくらいよ♪





でもね。


シンちゃん、ちょっと気をつけなくちゃいけないよ。
とりアタマは知っているの。
シンちゃんママの溢れる愛は、ときどきしばしば他のワンコにも向けられるということを!



証拠写真1
komu



証拠写真2
yuzu
(消してあるけど、ムチャクチャうれしそうな顔のママ…)



証拠写真3
motya




証拠写真4
tonton
初めて会ったワンコともこんなに親しげ。




ま。ママの愛は無限に湧き出てくるから心配は要らないけどね。









ああ!?猫とまで!!
ikura









ごめんよ、小麦くん

今日もお空の写真から。


kyoukaisen
空の上にも境界線が。。。ここに大気の境があるんだなぁ。



さて。
本日は、小麦くんのお話なんですが。
komugi
小麦母様お手製のリードと首輪でキリリとした小麦くん(^-^)。





最近、小麦母さまがとても心を痛めていることが。。。




それは。
小麦くんこめかみにできた…
hage
ハゲ…。



少し前までこの部分がプックリ腫れていて、その後だんだん毛が抜けてしまったらしい。
hage2
お顔なので結構目だって痛々しいのだ。


「どこかにぶつけたのよ」と小麦母さまは言っているけど。これはかなりとりアタマに気を使ってのお言葉。



おそらく真実は。

コイツが、
foo
小麦くんと出会いがしらにぶつかり稽古を挑んだとき、反則ワザのヘッドバッティングをしたのが原因と思われる。。。まったくもうっ!



で。
ハゲといえばこの方。
hageaby





ぢごく猫ぉ。親友の小麦くんのため、ちょっと相談に乗ってあげてよ。
aby&komu




ke-su
ふんふん…



uiggu
ウ、ウィッグすか??



HFR
ああ、あのビンビン引っ張っても大丈夫なやつね。




kara-
そ、そうなの?あんた、マジで詳しいな。



…だそうです。小麦母さま。



ええと。
でも真面目な話、もし生えてこなかったら、フランととりアタマはどうやって責任取らせてもらえばいいのでしょう?
ごめんよ~、小麦くん。今度カロヤン何か差し入れするよ~。













天使のはしご

きのう「猫の病院」へぢごく猫を連れて行った。月に一度の定期健診。体重量って、爪切って、耳掃除して、肛門腺を絞って、ブラシして、レボリューションというノミよけを滴下して。。。


まぁ暴れる暴れる。わめくわめく。自力でエリザベスカラーを外して診察台から逃げる逃げる。。。。。。毎度ご迷惑をおかけいたしますです。



帰りしな車中から撮った写真。
hasigo
雲の切れ間から太陽光が幾筋もさし込む現象。こういうのを「天使のはしご」って言うんだって。ホラ、アビ介。心が洗われるような神々しい眺めだねぇ?




hun
怒るなよ~。いぢけるなよ~。月イチくらい、病院で状態を見てもらったほうが安心だってば。キミ、持病もあるんだし。。。
でもって、そこジャマ。つ~か、ジャマするためにそこで寝てるんだわね。



ご機嫌が直るまでしばらくかかりそう…。
kigen


でも、ま。爪を切ってあるから危険度は低下♪後は噛まれなければ大丈夫。。。お願いだから噛まないでね。





犬笛その2

先日、シェパードという種類の犬笛について書いたけど
この犬笛を自在に使いこなせるようになって、しつけに役立てるためには、膨大な年月がかかりそうであることが判明した。

sonnan


あ~?
しつけの必要な張本人が、何かご意見でも?



nanndemo
わかればよろしい。



つ~わけで。とりアタマは判断力があるので(あきらめが早いとも言う)、シェパードはちょっと置いておいて、誰でも吹けばなるタイプの犬笛を使うことにした。


こーゆーヤツだ。
inubue
これはキャップをはめているところ。




キャップを取ると…




kunkun
ぢごく猫、じゃまっ!!



…失礼。
キャップを取るとこういう感じです。
inubue2
音の高低の調節ができるタイプだけど、基本的に高音で人間には聞こえにくい音が出る。


でも、ワンコにはよく届くみたいで、これを吹くと周りのワンコの耳がピクンと反応しておもしろい(^-^)。


とりあえず「この音が鳴るといいことがある」という条件付けを徹底する。ゴハンをあげる前、おやつをあげる前、家の中でかくれんぼをするときなどなど、要所要所で笛を吹く。
でもって、だんだんと「笛が鳴ったら、姉ちゃんところに行かなくちゃ!」と言う意識を高めていくのだ。。。


ああ。文章で書くとなんて簡単なんでしょう。。。




とにかく、どんなに興奮していても犬笛一発で呼び戻せるように、がんばるぞ!


と。
日々室内でのトレーニングに励んでいたら。。。



笛を鳴らすと、この方が来るようになっちまった。




この方↓
kita
完全復活を果たした、デバガメぢごく猫。
犬笛は猫笛でもあるらしい。聞きなれない音がするもんだから、「何だ何だ?」と2階から降りてくる。




なんだか、全然意図しないところで全く必要のない成果が出ているのですが。。。とりアタマ、ちょっと虚しうなる今日この頃。










撤去

このところすっかり自信を取り戻したぢごく猫。

digoku1



彼がどうしてあんなにビクビクちゃんになったのか、今もって真実は闇の中だが。。。


ouhei



とりアタマとしては、おうすけさんの「ぢごく猫は地獄に出張中で、代わりに来ていた影武者がヘタを打っていた」説に一票。



digoku3




この説なら、ある日突然ぢごく猫が完全復活したのも説明できる。パチパチ。



digoku5




「アライグマ説」だと、この点の説明が困難だからねぇ。



digoku4





とにかく、完全に元通りどころか、心なしか凶暴性を増しているような気がするぢごく猫。
彼がビクビクちゃんだったとき、2階で不自由なく生活できるようにと、とりアタマの部屋にもネコトイレを設置していたのだが、これが今となっては…。

ハッキリ言って、うざい。


ぢごく猫は、リビングのトイレも…
ribingu



2階のトイレも、
2kai
まぁ、好き勝手、自由自在にお使いになるので、掃除がとってもめんどくさいのだ。だいたい一人でトイレ2個って贅沢でしょ?ねぇ、贅沢だよね!?



よって本日。撤去敢行。ええ、もう断固として撤去させていただきますとも。
だってねぇ。2階の部屋は気温が高いので、ウンチのニオイがすごいことになるんだよ~。



しかし、余った猫トイレどうしようか。。。2週間くらいしか使わんかった。
実は、とりアタマ家には、もう一個、ぢごく猫には不評で2~3回しか使用していない猫トイレがあるのだわ。。。はぁ。誰か使う?











いろいろあった一日


今朝のお空。東の空はとても澄んでいた。
myoujyou
矢印の先、明けの明星が見えるかな?



昨日の夕方、ボチボチ散歩の時間だなぁと、とりアタマが2階から降りていくと。。。
洗面所に常置してある、フランのためのオシッコシートが、これこのような状態になっていた。




si-tu
フラン!テメ~今さらどういうつもりだ、コノヤロウ。この手のイタズラはとっくに卒業したんじゃなかったのかよ、このスットコドッコイ!!

…と怒鳴りつけたいのをぐっとこらえて。
ぢごく猫にならい、無言で怒りのオーラを発信したところ…



sorasu
思いっきり、目をそらされた。



でも。
ドキドキしてるのが手に取るようにわかかる。
dokidoki
怒られると思って、絶対とりアタマに近づいてこない。
怒られるのわかってて、何でこういうことするかな、しかし。
ま。とりアタマも幼少の頃、母におんなじこと言われてたけどね。「怒られるのが嫌なら、どうしてこういうことするのっ!!」って。
後先考えずについついやっちまうのが、イタズラってものなのかもねぇ。




さてその後。
とりアタマはお怒りモードを引きずりながら、フランと散歩へゴー。
シンちゃんや小麦ちゃんと合流して、久しぶりに住吉川へ行ってきた。
本当は、川に行くつもりはなかったのだけどね。途中であったワンコが川行きだったので御一緒することにしたの。


でも。
何の準備もしないで川に行くべきじゃなかったわ。とりアタマは靴を履いていたから水にも入れない。フランを遊ばせるためのロングリードも持っていない。でも、フランは川を目の前にして水に入らずにはいられない。。。


で。結局、ちょっとフランをフリーにして大変な目にあっちまった。
以下動画でどうぞ。あ、とりアタマの声が入ってます。





「あ~、やっちゃった…」と言っているのは、顔までどっぷり水につかっちまったなぁという意味です。。。
この後も、シンちゃんと水の中を全速力で走り回り、全身ずぶ濡れに。。。怒られて緊張した後だったから、すごい解放感で走る走る!「呼び」なんて聞きやしねぇ。あんまり人がいなかったとはいえ、「呼び」きかないワンコを放すのは危険すぎる。。。(反省)
今度から、いつでも川遊びできるように、ロングリード持ち歩くようにしておこう。。。



散歩から帰ってゴハンを食べた後のフラン。
bakusui
走り回ってよっぽど疲れたのか、すぐに寝ちゃいました。




イタズラしたり、怒られたり、水につかって走り回ったり。。。盛りだくさんの一日だったねぇ。







攻撃



sora
今朝の6時前くらいの神戸の東の空でございます。


見事な朝焼け。
「朝焼けは雨の兆し」と言うけれど、今日もピーカンの30度超えの天気になりそう。。。おばあちゃんの知恵袋も、最近の異常気象にはかなわないのね。



さて。
昨夜のことなのだけど。
シンちゃんママが、ちょっと用事があってとりアタマ家に寄ってくれた。

そのとき、こ~んなふうに…
sofa
ぢごく猫が、シンちゃんママのすぐそばでくつろぎ始めた。
おお!これは珍しい!今ならシンちゃんママでもおしりポンポンできるかも…と、チャレンジしてもらったら…。


シンちゃんママ。
速攻、攻撃されました。。。

いえ。流血まではいかなかったのだけどね。Tシャツに穴開いたのじゃないかしら?


ぢごく猫、怒りのオーラ発信中。。。
o-ra
何で怒るんだよ~。やり方が違ったから?それとも、悶えちゃうところをちょっと見られて恥ずかしかったから?



ikari
…わかったよ。ノーコメントなのね。



その後ちょっと落ち着いた後も、ぢごく猫は、
kyori
…をとり続け、なかなかシンちゃんママのそばに来ない。



そして、
warunai
と、言い張っておりました。子供かお前は!!



シンちゃんママごめんよ~。
今度、長袖を着ているときまたチャレンジしてみて~。
え?もういやってか?




まままま。ぢごく猫もあの後、そっぽ向きながらも…
gomen
と申しておりました(ような気がしないでもない)ので、堪忍してやってくださいませ。








一目惚れのお茶碗

先日、生協でやっていた陶器フェアで、こういうお茶碗を見つけた。


wanko

うおおおぉ~。萌え~!
当然ゲット。250円ナリ。子供用のお茶碗で小ぶりだけどいいの。ダイエットにもってこいだわ。


外側にもワンコがいる。
tyawan




何が気に入ったって。
このワンコ、先住犬のハンナにむちゃくちゃ似ているのだわ♪
ka-petto




ううん♪ハンナ。昔の写真を引っぱってきたけど。カワイイなぁ。ムチャクチャ賢くて優しいワンコだったなぁ♪
色々欠点もあったと思うけど、全部忘れた。
ハンナがどれほど可愛くて、愛しい存在だったかしか思い出せないわ♪



hannna&aby
ぢごく猫も、ハンナには完全に気を許していたものなぁ。


ハンナがいなかったら、絶対フランの里親になろうなんて考えなかった。ハンナが可愛くて可愛くて仕方なかったから、またワンコと暮らしたいと思った。


foo
おお!このふーちゃん。ちょっと賢そうに見えるじゃないか。。。




ハンナとフランはまったく別のワンコ。生い立ちも性格も全然違う。暮らした年月も違う。だから、二人を比べるなんてナンセンス。
どっちもとりアタマの家族だし、二人ともカワイイ。

けど。
ごめんよ、ふーちゃん。
正直言って、ハンナはちょっと特別だ。
もうこの世にいないという一事をもって特別なワンコに昇格したのだと思ってくれい。
生きてるワンコの中ではもちろん、ふーが一番だから。


かわいい、かわいい。
iioto
(この間、二度続けて言うとウソっぽく聞こえると指摘されちった…汗。。。)





ところで、ぢごく猫は。






ハンナがいた頃も、こんなんで。
ikidaore
…行き倒れ寝。


こ~んなんで。
aby
おまた全開。。。


こ~んな感じでございました。
digokuneko
…昔から目つき悪し。



しかし、変わらんね。キミは。
aby2
あんまり老化を感じさせないなぁ。さすが平均寿命が500歳のぢごく猫。





nobi
かつてハンナが寝ていた場所で、今はぢごく猫がゆうゆうと寝ております。(フランは二階に上がれないからね。)












お気に入りの写真

皆様、連休をいかがお過ごしでしょうか?
とりアタマの住んでいる地域はお天気がとても不安定で、さっきまで晴れていたと思ったら突然曇ってスコールみたいな雨が降り、また晴れ上がるという、まるでモンスーン気候。。。もちろんとっても蒸し暑い。。。


この残暑は老体には堪えます。いや、18歳だけど。。。



というわけで(どういうわけなんだか…)、今日は写真だけで~♪


最近のお気に入りの写真を3枚ほど。



hutari
最近三枚目シングルを出したミミちゃんとフランのツーショット。二人で何を見ているんだか(^-^)。



これも、ミミちゃんとのツーショット。
two
結構多い、この手の写真。この二人意外と気が合っているようですな。しかしこれだけ大きさが違っていて、どっちも「犬」だっていうんだからね。なんか、大変な話だよね。



これは銀平ちゃんと小町ちゃん兄妹のツーショット。


kyoudai
おっとりした銀ちゃんと、ハツラツとした小町ちゃん。二人の性格が写真にも出てます。





今日も暑くなりそうですが、皆様御無理のありませんように!







犬笛

犬笛といえば、長さ5センチくらいの小さな筒状のものが日本では一般的だ。
犬にしか聞こえない音域の音を出すもの、人間にもわかる音域のもの、色々ある。
犬にコマンドを出すのに使う。例えば短く一度吹けば「座れ」、長く一度吹けば「来い」とか。この条件付けは自由に設定できる。



でも、今日の話題はこの筒状の犬笛ではなく、こういうの。
inubue
「シェパード」と呼ばれることもあるらしい。おもに、羊追いのワンコ(例えばボーダーコリー)に使うものだ。


口の中にすっぽり入れて、舌の下にはさんで使う。
ibunue2
上面の小さな穴から息を吹き込んで、このすき間から音を出すのだ。



今までフランのしつけには言葉のコマンドとクリッカーを使っていた。

こういうのね。
kuikka-
詳しくはこちら



でも、新し物好き、珍らし物好きのとりアタマとしては、犬笛に挑戦してみたくてたまらない♪



なかなか自在に音を操るのは難しいようなので、とりあえず2階の部屋で練習してみた。以下、動画でどうぞ。
かなり音出ます。会社でご覧になる方、お昼休みかアフターファイブにね♪





練習だもん。。。これから上手になるんだもん(とか言いながら実は早、数ヶ月経過中…)。上手になれば、犬笛で「ドラえもんの歌」だってふけるんだもん!



foo5
なんだよ~、その目は!!






トレーニング強化月間

「彼は何故辞めたのか!?」
「…坊やだからさ」



安倍さん。お辞めになるのは勝手ですが、そういう発表はできるだけ15時以降にしてください。後場が荒れてとっても迷惑です。





閑話休題。





この1週間、ぢごく猫の話ばかりだったけど、フランはとっても元気にしてます。
foo&gin
銀平ちゃんとツーショット♪


さてさて、お友達のシンちゃんちでは、今月を突然トレーニング強化月間とすることにしたみたい。


う~む。その気持ちよくわかる。夏の暑い時期、人間もワンコもバテバテでついついしつけが疎かになっていたからなぁ。。。


あんまり「しつけ、しつけ」とがんばらなくても、ワンコの性質がフレンドリーならそこそこ暮らせてしまうのよ。

でもね。

なぁなぁで暮らしていると、気が付かないうちに、なめられてしまったり、ひどいときは主従が逆転してしまったりすることもありうるわけだ。
「飼主の心理や行動を見切る能力」というのに、ワンコはとっても長けているからね。


フランもすぐに調子にのるタイプだからなぁ。
foo



ちょっと引き締めないとな。
foo2



今日からビシバシビシバシやりますから!!
doyon




うそ。
ふーはおバカだから、あんまりビシバシやっても身にならないもんね。ボチボチ、工夫しながらやりますです。

あ。シンちゃんママ、小麦母さま、ここで突っ込みいれないように!
「あんまりビシバシやらない」というのはあくまで当社比でございます。もともととりアタマは「優しく誉めてしつけるタイプ」ではございませんもので。。。


tenten
は~い、そこ、暗くならない!







突然!

なんだか急に朝晩涼しい。。。

ヒンヤリした早朝の空気の中、お布団をぐいっと引き寄せて、ぬくぬくする幸せ♪

…のはずなのに。あれ?布団がびくとも動かない。。。

何故って。

コイツが、布団の上でがんばっているから!
guu
ぢごく猫ぉ~!!とりアタマのベットの中央で寝るのは止めて!五十肩で腰痛もちのとりアタマ、真剣に辛いから!!




さて。
皆様をお騒がせし、ご心配おかけしたアビ介ですが。


突然、昨日の昼ごろ、通常業務を再開した模様です。
本当に、突然。とーとつに。以前のアビ介、いやさ、「ぢごく猫」に戻りました。何なんだ一体!?

とりアタマは昨日の午前中、所用で出かけておりまして、昼頃帰ってきたら。。。アビ介が階段を駆け下りてきた。。。

んん?
ここ1週間、抜き足差し足でしか歩けなかったのに?
走ることも、高いところにジャンプすることもなかったのに???



この根拠のない自信に満ちた瞳。
jisin




横柄な態度。
ouhei

復活だ~!ぢごく猫が復活した~!!



絶対にここから先に入ろうとしなかったのに…。
kyoukai



いきなり、普通に掃き出し窓のそばでくつろいでるし。。。
kuturogu




「世の中に怖いものなんかない」と言わんばかりのこの面構え。
tura




でも、何でいきなり復活なの??
もうちょっと段階を踏んで、行きつ戻りつしながら徐々に回復していくものじゃないの?いや、早く回復してくれるならそれでいいんだけどさ。。。


ネコの師匠のムツコさんの言ったとおり、本当に「忘れてくれるから大丈夫。」だったのね。忘れ方があまりにも唐突だけど。まるで、パソコンをリストアしたみたいな感じだわ。



それとも。
今回の騒動は、そもそもアライグマが原因ではなく。。。

「ぢごく会議のために、故郷の地獄にタマシイ半分が召還されていた。」のが原因で、「昨日の昼頃、そのタマシイがこっちの世界に戻ってきた」とか。。。

…ありうるかも。。。。




とにもかくにも。皆様。この1週間大変お騒がせしました。
また揺り戻しがあるかもしれないけれど、とりあえず、ぢごく猫復活です。はぁ~。















ぢごく猫、さらなる受難

アライグマのせいなのか、何か他に原因があるのかはともかくとして。。。とにかく夏の終わりに大変気落ちしている様子のぢごく猫。


daidokoro



そういえば、9月7日はアビ介がうちに来た記念日だったわ。

とりアタマ、すっかり忘れてました。

アビ介がとりアタマ家に来てから丸々6年経過したのね。で、7年目に悲劇が襲ったわけだ。なんだかアレだね。記念日に不幸なことがあると、不幸度が数倍アップするよね。


しかも。

さらに追い討ちをかけるように、悲劇がぢごく猫を襲った!!!



a!!
耳の付け根にご注目!
こ、これはもしや!!




hage

ハゲ。しかも今回はデカイ。



でもなぁ。ココを掻いているところを見たこをないんだよなぁ。痒いのはむしろアゴの横みたいなんだけど。


ひょっとして、これって。
ストレスからくる円形脱毛症!?



そんなに辛かったのか、アビ介…
turai
ひょっとして。生まれて初めての挫折だったのか?
今まで挫折を経験したことなかったというのは、とりアタマ的にはむしろうらやましいくらいだが。。。






とか何とか言いながら。
だんだんとリビングにも降りてこられるようになってきておりますです。
kintyou
ちょっとまだ緊張気味だけど、目ぢからも復活してきた様子。

もうちょっとだ、アビ介。
ハゲの方は時間がかかるかもしんないけどな。













アライグマ???

アビ介の様子がおかしくなってからボチボチ1週間経つ。

だんだんと調子を取り戻し、2階限定ではあるが、ぢごく猫ぶりが復活してきたので、一安心。

アビ介の様子がおかしくなったとき、とりアタマはその原因について色々考察した。


初期の考察:
①近々大地震が起こる予兆である。
②リビングに目に見えない「何か」がいる。
③とりアタマがフランの散歩に行っている間に泥棒が入った。
④何者かが侵入し、アビ介とそっくりのネコとアビ介を入れ替えた。
⑤とりアタマがフランの散歩に行っている間に近所でものすごい物音(ガス爆発とか)があった。
⑥アビ介の体の調子が悪い。


大真面目です。いえ。当初、本当にこれくらいしか考えつかなかったの。


でも、結果として①はなかった。
②については確認のしようもないけど。でも。とりアタマの感覚からすると何にもいないような気がするのだわ。
③の事実もないと思う。侵入の形跡もなく被害もないからね。
ご近所に確認したけど、もちろん⑤のような事実もなし。ほか、交通事故とか大きな騒ぎもなし。
真っ先に⑥を疑うべきだろうけど、おかしくなった翌々日には普通にゴハンを食べて排泄もしていたので、これもまず大丈夫。。。


となると。。。残るは④。

誰かが、
aby
ぢごく猫を。。。


見た目そっくりの別のネコに、
nikai
入れ替えた。。。



これしか考えられない。。。ケド。一体何のため???

nee
でも結局④も、アビ介がだんだんと2階でぢごく猫ぶりを復活させてきたので却下となった。



そしてその後、アビ介が怖がるのは1階でもリビング周辺だけ。特にリビングの東側が怖い。夜は怖いのがちょっとマシ。。。などの状況が明らかに。。。

そこで導かれが結論は。
「アビ介は1階リビングの掃き出し窓付近を特に怖がっている。ゆえに、シャッターが降りている夜は警戒しながらもリビングに入ってくることができる。つまり、あの日、アビ介は掃き出し窓から何か恐ろしいものを目撃した。もしくは窓越しに何かの攻撃を受けた。。。」


これがとりアタマの導き出した結論でございます。

そして、その「何か」とは。今日のタイトルにある「アライグマ」ではないかと考えてます。

araiguma
こーゆーヤツね(ごめん。拾ってきた画像を貼っちゃった)。


ホントは、はじめね。最近近所で見かけるノラ猫さんとやりあったのかと考えていたのだけど、小麦母さまから「ひょっとしてアライグマでは?」というご意見をいただき、納得、納得。ネコの師匠のムツコさんからも「ありうる話」と支持をいただきました。




実は、10日ほど前、とりアタマ父がとりアタマ家のすぐそばにある駐車場で2頭のアライグマを目撃しているのですわ。。。
野生化したアライグマはかなり凶暴だ。とりアタマの住んでいる地域でも、家庭菜園やお墓が荒らされる被害が出ている。


でも、だとしたら。


対策を講じるのは大変だなぁ。彼らはイノシシとちがい簡単に塀を乗り越えてどこにでも侵入してくるからね。


ムツコさん曰く、「ネコは怖いことあっても大抵忘れてくれるから、大丈夫」とのこと。確かに、日に日にアビ介はぢごく猫ぶりを復活させてきているので、しばらくこのまま様子を見ていきます。。。




なんか、最近アクセス数が増えてるの。アビ介のこと心配して見に来てくださっている方。本当にありがとです。
彼のその後もぼちぼちアップして行きますので、また覗いてやってください。


早く完全復帰しろよ、ぢごく猫!
aby2








すみません。。。

アビ介の様子を後ほどアップとか言っておいて、ほったらかしてすみません。。。

とりアタマ、ヘロヘロにへたばってました。。。夏バテかな。トシかな。


とりあえず、アビ介の様子を写真でご覧くださいませ。





aby




aby2
2階ではこんな感じです。いつものアビ介、ぢごく猫です。
リビングではビクビクちゃんだけど、まあくつろげる場所があるなら何とかなるかなと思ってます。


詳しくはまた明日。
見に来てくださった方、ありがとうございます。アップ遅くなってすみません。







御連絡を2件ほど

アビ介だんだんと復活しつつあります。但し2階限定。
どうも、リビングに降りてくるには相当時間がかかりそうです。
ま、無理は禁物なので気長に見て行きます。

しかし、「2階限定ぢごく猫」というのもなぁ。
2階では傍若無人。わがまま。強気。
1階では、びくびくドキドキ。へっぴり腰。。。
「真夜中は別の顔」って小説があったけど。これは、「リビングでは別のネコ」だわ。。。


さて。アビ介の話は後ほど改めてアップいたします。


今日は連絡事項を二つほど。カンケーない方には全くカンケーないということをあらかじめお断りしておきますです。


連絡事項1.
「レオ君のお姉さんへ。
レオ君、クールベストお気に入りのようですよ。とっても似合ってます。」

reo



フランが着たときには、ちょっとワキがぶかぶかで丈も長めだったけど。。。
cool



レオ君にはジャストサイズだったようです。やっぱ、男の子は大きいわ。
best
よかったね。レオ君。




御連絡2.
「ウエルシュ・テリアのみなさまへ。
花嫁募集のご案内です。ウエルシュのジャック君が花嫁さんを募集してます。ジャック君は8月に2歳になったばかりの男の子です。性格ヨシ。器量ヨシ。バランスの取れた体型のすばらしいウエルシュ・テリア君です。我こそはと思われる、ウエルシュのお嬢さん方。コメントお願いしますね」



ウエルシュ・テリアのジャック君です。
uerusyu
すみません。フランの方が大きくなっちゃって。フランのようなわちゃわちゃゴールデンとも仲良くしてくれる落ち着いたワンコです。



n?n?



two



deka



ジャック君の大きい写真はシンちゃんちでも見ることができます。
よろしくね。



以上御連絡でした。








対策

今現在(7日の13時45分)、アビ介はパソコンに向かっているとりアタマのひざと、机の上を行ったり来たりして甘えております。。。

自分は何かが怖くてリビングに降りられないものだから、とりアタマが2階にあがるとすかさずやってきて、オシリぽんぽんを要求する。。。キミ、冷静に客観的に見たら、エエ身分やんけ。



goron
まぁ。しばらくはサービスしといたる。ツケでな。


ご心配頂いている皆様。ありがとうございます。アビ介、このようにちょっと落ち着いてきました。もうすっかり、1階のテリトリーは放棄した模様ですが。。。そんなことで世界征服できるのか?




さて。
アビ介の様子がおかしくなってとりアタマがまずとった対策は、レスキューレメディを買いに行くこと。レスキューレメディーについてはここのサイトをご覧くださいませ。これについて語ると長くなるので。


とりあえず、こういうものでございます。
resukyu-
2,3滴飲ませたり、耳や肉球に刷り込んだりして使うの。本来は人間用です。

ワン・ニャン飼いの皆さんならレメディとかコロイダル・シルバーとかは常備している方も多いはず。うちにもあるにはあったのだけど、前のビネガー処方のだったので、グリセリン処方のレスキューを買いにグリーンドックさんに直行。アビ介、お酢のニオイが嫌いなもので。



それから夜に、とりアタマのネコの師匠であるムツコさんに電話で相談に乗ってもらい、アドバイスにしたがってアビ介の体をチェックした。

ムツコさん曰く。「精神的なものと思い込んでいたら意外と外傷があったりして具合が悪くて情緒不安定になっていることもあるから。」とのこと。さすがは師匠。でもそっちは大丈夫みたい。

ムツコさんに電話した翌日からは食欲も大体戻り、チッコやウンチもしてくれたので、とりあえず病院には行かず、彼が安心できる場所を確保してやる。
どうも、1階のリビングを一番怖がるので、リビングのネコトイレを2階に上げ…かといってリビングに降りたときにいつもの場所にトイレがなければショックを受けると思い、同じ型のトイレを(探し回って)買い求めた。

toire
3軒目で見つけた猫トイレ2号。

ゴハンも水も、トイレもネコ草も全部2階に設置して、1階に下りなくても生活できる体制を整えた。


マジ。いたれりつくせり。。。

そのおかげかどうか。とりあえずアビ介、昨日辺りから2階ではくつろいで過ごせるようになってきた。さらに言うならば、夜になると、1階にも下りてくることがある(昨日の写真参照してね)。昼間は絶対降りてこないけど。


。。。つうことは何か?つまり昼間のリビングが怖いのか?
昼のリビングと夜のリビングの違いと言えば。。。シャッターが降りているかいないか!!

どうやらこの辺りに、原因がありそうだな。
実はとりアタマ、近所で情報収集した結果、ある結論に至っているのだけど。それはまた明日。


すみません。引っぱって。アビ介がちょっと落ち着いてきたので、とりアタマもちょっと落ち着いてきましたの。
ただ、もし本当に原因がソレだったとしても、簡単にそれを取り除くというわけにはいかないのが辛いところなんだけどね。。。



アビ介。この一段がどうしても降りにくいらしい。。。
orirarenai
いいよ。別に無理しなくて。そこ降りられなくても死にゃしないから。



リビングの中ではKYGRが爆睡中。
KYGR
ま。確かに能天気娘のおかげで、家の中が暗くならずにすんでますけどね。

















今日のアビ介

更新が遅くなりました。

アビ介、今日も一日の大半を2階で過ごしております。
ただ、ちょっとマシになってきたのも確かなようで、

夜には、
ribingu
こ~んな風にリビングの入り口付近で横になってました。まだちょっと緊張しているけれどね。



さて。
本当は今日、今回のアビ介の激変に対してとりアタマが採った対策と、原因の究明をお伝えしようと思ったのですが。
とりアタマ、考えていた以上に「胃カメラ」にやられております。もう、ボコボコの袋叩き状態です。
いや~。しんどかった。
良性(と思われる)ポリープがいっぱいあったので、それを何箇所も切除して、結構時間がかかっちゃったの。しくしく。。。ちょっと出血したので、今自主的にアルコールの入った金色の炭酸飲料で消毒中です(良い子はマネしない!)。
とても疲れたので、一本飲んだらもう寝ます。
見に来てくださった皆様。すみません。
アビ介の話はまた明日。。。



KYGR
おやすみなさい。










状況の把握

今日二つめの記事です。


とりあえず落ち着いて。
冷静に今までの状況を分析してみることにする。。。


アビ介の様子がおかしいことに気が付いたのは、9月3日月曜日の夜8時ごろ。ちなみにこの日フランの散歩から帰ってきたのは7時半ごろ。


とりアタマ父ととりアタマが夕食をとっているとき、リビングに降りてきたアビ介の様子が明らかにおかしかった。緊張して、ほふく前進状態。今まで観たことがないくらい物音に神経質になっていた。



それまでのアビ介と、これ以降のアビ介を比較してみると。。。



今までのアビ介の性格と行動パターン

・勝手。気まま。反抗的。存在感がある。根拠のない自信に満ち溢れている。
・凶暴。凶悪。でも気分が乗ると甘える。
kiriri

・寝起きに甘えたい気分になることが多い。
・ヒトの足が近くを通過するととりあえず噛みつく。
・好奇心旺盛。見慣れないものでも平気で近づく。何でも匂いをかいでなじみを入れる。
hako

・人の集まるところにいるのが好き。何かを始めると必ず見に来る。デバガメ的。窓の外を見るのが好き。
・来客は誰より早く出迎える。玄関ドアが開くととりあえずダッシュで確認に来る。
・初めてのヒトに対する警戒心は強いが、敵意がないとわかると案外フレンドリー(但し一部のヒトを除く…)
komu

・ムラはあるがおおむね食欲旺盛。おやつや食事の時間になると自発的に台所で待機する。
・足取りは軽やか。階段は3~4歩で駆け上がり、駆け下りる。
・物音に鈍感。どこででも寝られる。
・見張り台のような高いところにいるのが好き。
mihari
・「ウニャッニャッ」と叫びながら家中を走り回る。いまだにひとり運動会を開催する。




現在のアビ介の性格と行動パターン

・臆病。神経質。警戒心全開。常に何かしら緊張している感じ。何かに怯えている?
biku

・おとなしい。気配が薄い。
・ヒトが近づくとさり気によける。噛まない…!!!
・二階の部屋の隅で一人でいたがる。あまり甘えてこない。(昨日は夜になって少し甘えてきた。)
nikai

・来客にも無反応。警戒しながら階段を降りてきて、身を隠しながら様子を伺っている。
keikai

・見慣れないものどころか、見慣れたものでも置き場所が違うと怖い。
・リビングが特に怖い様子。
kowai

・物音に非常に敏感。新聞をめくる音、お茶を注ぐ音、箸を置く音にも飛び上がって逃げる。
・とりアタマ、とりアタマ父、フランは怖くない模様。
・身体動作が極めてゆっくり。階段を一段一段慎重に上り下りする。高いところに登らない。せいぜい椅子の上まで。姿勢が低い。
・食欲やや減退。(但し、今日は比較的たくさん食べた。おやつにも降りてきた♪)水分摂取量減退。



改めて書き出してみて思ったのだけど。。。


これはすでに別の猫?
okimono
。。。しかも「前と今とでどっちが良いか」というと、むしろ「今のほうがいいんじゃない?」という意見がきそうな気がするな。。。



ちなみに、今日病院に連れて行こうかと思っていたのだけど、昨日の夜シッコもウンチもしてくれたし、今朝もゴハンをちゃんと食べてくれたので、様子見中です。
彼の場合、猫カゴに入って病院に行くこと自体が非常にストレスになるので、泣きっ面に蜂というか、踏んだり蹴ったりというか、弱り目に祟り目になること請け合いなのでね。







次回、とりアタマのとった対策と原因の究明です。(っていうか、誰か究明してくれんだろうか。。。猫語のわかる人、コメントお待ちしております。マジで。)




でもって、明日の更新ちょっと遅れます。とりアタマ、心労で胃をやられたので、胃カメラ飲んできますです。
あ。
うそです。
胃カメラは本当だけど、毎年受けている健康診断です。













K.Y.G.R.

皆様。ぢごく猫のこと御心配頂いてありがとうございます。

ぢごく猫、相変わらず不安定です。「ぢごく」がとれて、単なる「猫」みたい。。。
それならいいじゃん、と言われそうだけど、やっぱりアビ介は「ぢごく猫」でいてくれなくちゃ、何かさびしいっす。


彼の経過報告は後ほどゆっくりアップします。状況を客観的に把握して、ちゃんと整理しないとな。


とりあえず、今はキミに一言いいたい!!


フラン。ちったあ空気読め!!
aha!
「あはっ」じゃないってば。


とりアタマやとりアタマ父が「アビ介、大丈夫か~」などとぢごく猫に声をかけるたび、慌ててやってきて「ふーも!ふーも呼んで!!ふーにも大丈夫かって聞いて!!」と主張するヤツ。。。そんなこと聞かんでも、キミ、見るからに大丈夫そうやんけ。


あ。
ちなみに、タイトルの「K.Y.G.R.」は、
「空気の読めない、ゴールデン・レトリバー」、の略でございます。

お前のことだよ、フラン!











ぢごく猫に異変!?

ええと。マジです。大真面目なお話でございます。


昨日の夜から、ぢごく猫の様子がおかしい。体調が悪いとか言うのではなく、まるで別の猫になったみたい。。。

おとついの夜は…

aby
こ~んな風に、とりアタマの部屋で普通にリラックスして爆睡していた。


昨日の朝も普通だった。
昼間は出かけていたのでわからないけれど、3時ごろ帰ってきたときは「昼メシどないなっとるんじゃいっ!」と足首を噛まれたので、普通だったと思う。


夕方フランの散歩に行って、帰ってきたらおかしくなっていたのだ。


帰ってきたとき、いやに二階の窓からニャーニャー甘えた声を出すなぁ、と思ったのだけど。帰りが遅くなっちゃったのでお腹がすいて泣いているのだろうと単純に考えていた。
mado


それでもまだこの時は、おかしいながらもちゃんとぢごく猫だった。玄関までトットットと迎えに来たし、台所にも普通に入ってきて普段どおりゴハンも食べた。

でもその後。急にオドオドしだして、リビングを警戒し始めた。姿勢を低くして全身を緊張させ、新聞をめくるようなちょっとした物音にも過敏に反応してダッシュで二階に逃げる。。。

逃げる?
あのぢごく猫が???考えられん。絶対おかしい!!



今朝もその状態が続いている。
ゴハンの用意をして呼んでも、警戒して入ってこれない。
抱き上げて台所につれてきても。。。




kintyou
ものすごい緊張している。ゴハンも一口二口食べただけ。電子レンジの扉を閉める音に飛び上がって驚いて逃げた。何で?この間まで雷鳴の中腹出して寝ていたヤツが。。。




オドオドびくびく、姿勢を低くして歩く。
odoodo


リビングの入り口付近でキョロキョロ。
kyorokyoro



bikubiku
ちょっとでも音を立てると脱兎のごとく逃げる。完全に挙動不審。




tinmari
大体こんなにちんまり座るってぢごく猫らしくない。



同じ場所で以前とった写真。ゆったりマッタリぢごく猫。
abysuke
この違いは何?



とりあえず、昨夜からトイレにも行っていないようなので、リビングの猫トイレをとりアタマの部屋に移動させた。(そしたらすぐにシッコなさいました。)
toire




二階の部屋で何とか場所を確保しているようなので、とにかく様子見ですが。。。
nikai
一体何があったんだよ~!?早くいつものふてぶてしいぢごく猫に戻ってくれよ~!!










業務連絡:
ベルちゃん父様。ワンコ用、羊の骨はこちらでお求めになれます。
「羊肉のなみかた」






偏食家

この間、フランに好き嫌いがほとんどないということを書いたけれど、じゃあぢごく猫はどうかというと。。。



ハッキリ言ってかなりの偏食家。
aby



ニャンコの味覚はワンコよりデリケートらしく、食べ物にこだわる子は多いらしい。おいしいものに慣れさせちゃうと、猫用フードを食べなくなっちゃったりね。

ただ、ぢごく猫の場合、偏食は偏食でもちょっと違う。

彼は、一般的に評判の悪いフードにハマる傾向にあるのだ。
以前食べていた尿道結石用の処方食でも、獣医さんが薦めてくれた「食いつきがいいと評判のフード」は……またぐ。いわゆる「猫またぎ」というやつ、はじめて見ましたわ。



売れ行きの悪い、マイナーな処方食のほうがお好みの様子。。。(どこのメーカーとは言いませんが)

aby3



今現在、ぢごく猫が食べているのは腎臓病用の処方食だ。この腎臓病の処方食というのは数ある処方食の中でも相当にまずいらしいのだけど。。。


suki
実は結構好き♪


処方食を食べてくれなくて苦労する飼主さんは多いので、とりアタマにとってぢごく猫の偏食(いや変食?)ぶりはありがたいことだ。




でも。本当のところ彼の好物は。。。
koubutu
…だそうで。

ごくごくたま~に、ちょっとだけ食べさせてます。(あ。獣医さんにはちゃんと言ってあるのよ。)


どっちにしろ、ワンコやニャンコは与えられた食事を食べるしかない。食事は健康の基本。ワンニャンの健康はヒトの手に全面的に委ねられてるわけだ。心してかからないとな。






夜の散歩

ここ3日ほど夕方に時間が取れなくて、夜に散歩に行っている。夜の散歩は小麦くんと一緒♪


komugi



昨日はシンちゃんも一緒だった。
shin




夜の散歩は涼しいし、公園もヒトが少なくて、ほとんど貸切り状態♪


yoru



ただね~。この公園。お盆の頃にオバケの目撃情報アリ。。。ま。噂ですけどね、噂。単なる夏の風物詩(であることを祈る)。

心なしか、小麦くんとシンちゃんがオドオドしているのがとっても気になったけど。。。フランは相変わらずイケイケ能天気娘でございました。


foo
フラン。暴れすぎて、水をがぶ飲みしております。霊感のカケラもなさそうでございます。





帰り際。公園の端にある大きな松の木に向かって、小麦くんがうれしそうに尻尾を振っていた。
kouen
何かいたのかしら?何がいたのかしら?
ま。小麦くんが尻尾を振っていたのだから、悪いものじゃないよね。ね!?




。。。でもそういえば。
公園で撮影中に、カメラのレンズカバーが開かなくなっちゃったっけ(普通はスイッチを入れると自働で開くことになっている)。


半開きで撮った写真。。。
hanbiraki
やっぱり何かあるのかしら?









カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。