FC2ブログ

ネコの草

ネコ飼いの皆様にはおなじみの「ネコの草」ですが。



こういうの。
nekokusa


ときには「わんにゃんサラダ」などというおちゃらけた名前で売られていたりするけれど、要は「燕麦(えんばく)」という植物である。ムギです。ムギ。



mugi
あ、いやキミじゃなくて。。。(友情出演:ムギ)



燕麦はニャンコやワンコ、その他フェレットやウサギなどの小動物の食用になるほか、緑肥や土留めにも使われる。もっとも、ニャンコにとっては食用というより、吐くための道具として使うことが多いようだけどね。


ところで、ネコ飼いの皆さん。このネコの草、枯れるのが早すぎると思いません?季節にもよるだろうけど、食べられる状態の草を買ってきた場合10日もてば御の字。だいたい1週間くらいで枯れてくる。


すぐ食べられる状態で購入後、約1週間経過したネコ草。
1w
味が落ちるのか、だんだん食べなくなってくる。


多頭飼いのお家ではそうでもないかもしれないけど、ぢごく猫一匹だけのとりアタマ家では、食べる量より枯れる量のほうが圧倒的に多い。。。


約2週間経過後。こうなると水をやってもしなびたまま。
2w
ぢごく猫はもはや見向きもしない。もう緑肥にするため庭に穴掘ってポイするしかない。




しかし、ここで安易に「麦って弱えぇ~」とか考えてはいけない!
え。いや実は。とりアタマは考えてたけどさ。










フランが散歩中によく道端の草を食べるので、どうせなら他のワンコのオシッコに汚染されてない草を食べさせたくて、庭に燕麦の種を蒔いた。昨年の秋口のことである。





それが。




青々としたまま冬を越し、春にはこうなった。



mugi
雨上がりでちょっと倒れてしまってますが。



ちゃんと実もついている。
minori
そういや、「麦秋」って夏の季語だったっけ…とか、文学的なことを思い出したりして。
いや、とにかく…


すごいぞ、麦!

すでにアビ介の太刀打ちできる大きさではなくなっているけど。
葉が硬くて迂闊に食べると、口の中血だらけになりそうだけど。。
つまり、ワンニャンの食用には全く適さなくなって、とんだ本末転倒野郎になってしまっているが、そんなことはもちろんネコ草の責任ではない。


要は根っこが伸びるスペースがあれば大きくなるわけだ。長持ちの秘訣もこの辺りにあるかもしれない。

これを機会に研究を重ね、日持ちするネコ草の栽培方法をゼヒ考案したい!と誰か言ってくれないもんだろうか?
ね?



あ、そうそうネコ草の種の購入は「相模緑生」さんが便利ですよ~。栽培のちょっとしたコツも載ってます。







おまけ写真。


つめ切りムギちゃん2連発。


ぐんにゃり。
tume
いいなあ、エリザベスカラーつけなくてもつめ切りができて。

ちょっとだけ白い腹毛がセールスポイントです。実はワキ毛も白い!
kiri
ムギ様、今日も日経平均ヨロシク!(←私信)








スポンサーサイト



カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ