FC2ブログ

時効かなぁ。

皆様。選挙ですね、選挙。投票いかれましたか?選挙権のある方、ちゃんと権利を行使しましょう♪
とりアタは18歳だしぃ♪でも何かの間違いで通知が着たから一応行ってきましたけどね♪


daityo?
いくら君。友情出演とはいえ、そこ突っ込まないように。




ところで。
選挙、特に統一地方選挙といえば、とりアタマはある出来事を思い出す。
ボチボチ時効だろうし、話してもいいかな。いいよね。





昔々、とりアタマはある現役県会議員の選挙運動にアルバイトで参加しておりました。別に支持政党とか言うわけではなかったけど、バイト料も良かったし、面白そうだったので。。。
宣伝カーにのって、「県会議員候補、○○をよろしくお願いします!」と訴える、いわゆる「ウグイス」というバイトですわ。



a?
悪いか、ぢごく猫!



候補者とともにのぼりを持って住宅街を練り歩く、「桃太郎」とか、通勤時間帯に駅前に立って投票のお願いをする「朝立ち」(本当にこう言うのよ!)とか。色々やらせてもらいました。真黄色の中途半端な丈のミニスカはいて、5センチのヒールで町歩き。今はもう無理だな。絶対できねー。



で。仕事というのはなんでもそうだと思うけど、色々裏ワザというのがあって、それを先輩から伝授されますの。


選挙前半戦はにこやかに、余裕を持って、ゆっくりハッキリしゃべる。笑顔を忘れずにね♪
逆に終盤戦は裏声を駆使して、「最後の最後のお願い」をする。このときは笑顔は逆効果。必死さを前面に出してアピールした方が良い。泣かずに、涙声を出す方法とかね、教わりましたよ。

たとえ周りに誰もいなくても、「ご声援ありがとうございます。」とか「あ、窓からお手を振ってのご声援、傷み入ります」とかの小芝居を随所にちりばめながら話すとかね。色々テクニックがあるわけです。

他の候補者の宣伝カーと接近遭遇したときは、ムキになると返ってマイナス。「△△候補のご検討をお祈りいたします!」と一言明るく声をかけて、マイクをオフにするのが正解。。。




しかし改めて文字にすると背中がぞわぞわするような嫌な世界だなぁ。


unzari
まったくだ。




でもって、そのときの選挙活動中、とりアタマのバイト仲間がとんでもない失敗をやらかしましたのよ。


病院の前を選挙カーで通るとき、「☆☆病院の皆様、お騒がせして申し訳ありません。皆様の一日も早いご回復をお祈りいたしております」と心にもないことを言うのが定型句なのだけど、そのウグイスさんは「☆☆病院の皆様の一日も早いご冥福をお祈りいたしております♪」と言ってしまった!!





選挙カーの中、騒然。。。慌ててマイクをオフにして1~2キロ無言で走ってやり過ごしました。。。


幸い苦情とかこなかったので、その人はバイトをクビにならずにすみましたがね。シャレになりません、マジで。
ま、選挙宣伝カーのウグイスの言うことなど、誰も聞いちゃいないってことがハッキリした出来事と言えましょう。。。

これ。とりアタマのバイト仲間の話だよ。とりアタマの話じゃないよ。そこんとこ、ヨロシクね。



hu-n
いや、本当だってば。







スポンサーサイト



桜の思い出

昨日、4月6日はとりアタマ母の誕生日であり、命日だ。

とりアタマに物心が付いてからの記憶をずっとたどっていくと、いつでもそのど真ん中に、すんごい存在感の母の姿がある。
いろんな意味でインパクトのある人だった。誕生日に死ぬあたり、最後までそれは変わらなかったなぁ。あ、ちなみに癌でした。


とりアタマは無宗教だけど、母は西洋の一神教の神さんを信じていたので、そういうところにお骨を預かってもらっている。

kyoukai



満開の桜の花を見ると、母の葬式を思い出す。満開の桜を見ながら、母の写真を抱いて車で斎場に向かったのを思い出す。とりアタマにとって桜とはそういう花です。

母ちゃんは、満開の桜を眺めながら上がっていった。それはたいそう幸運なことのような気がする。








カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ