スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お休み

大型連休中の皆様、いかがお過ごしでしょうか?お休みの中、わざわざ見に来てくださってありがとうございます♪


今日は家でマッタリという方も、ずっと出かけていて夜ここに来てくださった方も、はたまた中日2日の休みを取れなくて、火曜日の朝に会社から覗いてくださっている方も。


連休中のぢごく猫の写真をお楽しみくださいませ。

aby1




aby2



aby3



aby4



aby5



アビ介、連休中も寝っぱなしでんがな。。。


この時期ちょっとばかし忙しいとりアタマはうらやましいことこの上ない。。。











スポンサーサイト

ぼちぼち…

…秘密基地も撤収時期ではないかと思うのだけど、雨など降ると寒がりのぢごく猫は居場所に困っている様子。


秘密基地にこもってみたものの、やはりちょっと暑いらしい。
atui
腹出して寝ております。ヘソ盗られるぞ。



角度を変えてもう一枚。
me
な、何だか目つきが変なことになってないか?




あ。ちなみにリビングの前線基地は本日撤収されました。
早めに飽きてくれてよかった、よかった。










パソコン暦半年以上…

会社で自分専用のパソコンを買ってもらってから約半年。それ以前からちょこちょこいじってはいたようだから、実際のパソコン暦はそれ以上あるハズ。。。


いえね。


とりアタマ父の話なのですけどね。
齢76歳(しつこい)のお方が、新しいことに挑戦するのは、それはそれはすばらしいことなのだけど。
ハッキリキッパリ言わせてもらえば、娘は迷惑しとるぞ。


皆様、ちょっと聞いてくださいよ。
先日父が「エクセル教えてくれ」といって、パソコンを持ち帰ってきた時のお話ですのよ。
ここで第一の疑問。何でわざわざ持ち帰る?作成中のデータをフラッシュメモリに入れて持って帰ればええやん。そんな重たいデータでもないだろうに。

(私信:父よ、私のパソコンにデータを送りつけるのは絶対止めてね。父のウィルス対策、全然信用してませんから。)

百歩譲って自分のパソコンじゃないと覚えられないというのなら、それはそれでいい…。


でも。


これはわからん。


とりアタマ父のパソコンのマイ・ドキュメントを開いたら…
my
何とそこには、マイ・ドキュメントのショートカットが!!



マイ・ドキュメントの中にはマイ・ドキュメントがひとつ♪←ポケットの中にはビスケットがひとつ♪のフシで。



このショートカットキーをクリックすると、当然マイ・ドキュメントが開く。でもって、この画面がでる。
my
そんで、このショートカットキーをクリックすると、さらにマイ・ドキュメントが開いてそこにはマイ・ドキュメントのショートカットが…それをクリックするとまたまたマイ・ドキュメントが開いて。。。


…恐怖の無間地獄。



一体何の意味があるの?
誰が何のためにこんなことするの?

父に聞いても覚えがないという。。。そんなわけあるか!




そして今朝。
朝の散歩中、再度父が、「ちょっと教えてくれ」とのたまった。ぎくぎくっ。

父、曰く「右クリックでメニュー開くやろ?」
とり:「うん」
父:「切り取りとかコピーってあるやんか」
とり:「うん。あるなぁ」
父:「貼り付けって何や?」


……誰か。娘代わってもらえませんか?




《豆知識》
無間地獄:八大地獄の第八。五逆と謗法(ほうぼう)の大悪を犯した者が落ちる所。諸地獄を一としてその一千倍の責め苦を受けるという。無間(むけん)地獄。無間(むけん)地獄。阿鼻獄。阿鼻。(以上ヤフー辞書より。)


何と、無間地獄はアビ介の出身地であったことよ!!

bareta










ルルちゃんの開き

昨日お散歩の途中でルルちゃんちの前を通りがかったら、ルルちゃんママとルルちゃんがわざわざ出てきて、フランと小麦くんの相手をしてくれた。


ルルちゃんち、というと例のシンボルツリーのあるおうちだ。
sinboru
五十肩が治ったら、ぜひ一度登らせてもらいたい。バカなので高いところ好きのとりアタマ、結構マジに考えてます。



ルルちゃんはパパとママが大好きな生粋のお嬢様。遊ぶときもどこか控えめで、いつもフランに追い掛け回され、ママの背中に隠れてしまう。←それを止めないとりアタマも悪魔のようなヤツですが。


そのルルちゃんが。

昨日はどういうわけか、小麦母さまととりアタマの前で非常にくつろいでいた。

こ~んな風にね。
ruru1
フランたちに匂いをかがれても動じない。それにしてもフラン、どこに鼻を突っ込んでるの!止めなさいって!




ruru2
止めろとゆーのに!



この後もルルちゃん、小麦母さまにナデナデしてもらって御満悦。

そしてついには。。。





hiraki
「ルルちゃんの開き」の完成です!!



完全に開いております。。。全開です。
hiraki2
お嬢さん、お嬢さん。キャラが変わってきてますよ…



ルルちゃん、もう、うっとり。。。
uttori
それを見ている、とりアタマもうっとり。。。これぞ癒しの相乗効果。もうα波がバンバン出ております。
シンボルツリーから出るマイナスイオンの効果と相俟ってすごく健康になりそう。一日この木の下で、ルルちゃんをナデナデしていたら、免疫力が上がって五十肩も治るんじゃないかしら。…治らねーか。





こちらの方も。。。

とりアタマと小麦母さまがルルちゃんをナデナデしている間、しっかりルルちゃんママに甘えておりました。抜け目のないヤツだ。
amaama



このちゃっかりしたところに、フランのたくましさを感じる。
tyakkri




ルルちゃんに比べると、どうしても「下町風」なのは否めないけど。ま、とりアタマが思いっきり下町風だからしょうがないわな。

sitamati
目ヤニついとるし。な。






父フェロモン

この冬に、父が齢76歳にして宗旨替えして「猫嫌い」から「ニャンコ好き」になった。詳しくはここ見てね。


まあ、それからはあからさまに、ぢごく猫といちゃいちゃいちゃいちゃ…。もう、ヒマさえというか、「ぢごく猫にスキさえあれば」いちゃいちゃいちゃ…。


おっさん、おっさん。ええ年して寝ているニャンコをいきなり抱き上げるのは止めなはれ。

mou!
アビ介、突然のことにびっくりして、何が起こったか理解不能状態。


そうかと思えば、「アビ介~、寝てるんか~。チューしたろか~」
と、のたまいつつ、
tyu-
チューするヤツ。。。


もう、しまくりでんがな。。。
simakuri
何度も言うが、とりアタマ父は下戸である。もちろんこのときもシラフ。ある意味酔っ払いよりそーとータチが悪い。



そしてフランとも相変わらずマッタリ状態が続いている模様。

こちらは自分から出向かなくとも、フランのほうから甘えてきてくれているのでちょっと余裕をかましております。
連続写真でドーゾ。



mattari1



mattari2



mattari3



mattari4
まあ。何てうっとりとしたお顔!


一緒にいる時間は短いし、大して世話をしているわけでもないのに、ぢごく猫も父には気を許し、フランも甘えに行く。
なんでだ?正直ちょっとムカついたりして。

とりアタマ父の体からは何かワンニャンを惹きつけるフェロモンが分泌されているのかもしんない。

あ。

もしかしたら。


最近気になる加齢臭。ひょっとしてあれか?









それでも春は来る。

週末はTシャツ一枚で過ごせるくらい蒸し暑かったのに、今朝はひどく冷える。ぶるぶる。

めまぐるしく変わる気候の変化に体が付いていかない。。。ちょっと悲しい。


しかし、それはワン・ニャンたちも同じなようで。
体の大きなフランはそこそこ気温の変化にも耐えられるが、小さい上に毛が短いアビ介は。




ゴンゴン回転中の衣類乾燥機の下にもぐりこんで寒さをしのいでおられた。
kansou
うるさくないのか?



しかし。


ちょっと肌寒い日があるとはいえ季節は確実に春だ。もうすぐゴールデンウィーク。とりアタマの住んでいる地域では、だんじり祭りがある。
あ、有名な岸和田のヤツじゃないよ。もちっとソフトなヤツですわ。

でもね。わくわく。
基本的に好きなのよ。お囃子の音が。
でもってテキ屋の兄ちゃんが焼くタコ焼きやイカ焼きの安っぽい匂いにめっぽう弱いのよ~。


祭りの準備はすでに始まっている。
syarin
山から流れる水の中にだんじりの車輪が沈められている。割れないようにしているんだろうな。


ちなみに、この場所は普通の住宅街だが、何故だかいきなり水車があったりする。


yamamizu
車輪が沈めてあるのは写真手前部分ね。


横から水車を見るとこんな感じ。
suisya
六甲山の麓の町もなかなか奥が深いでしょ。




フランはお祭り初体験。さて、どんな反応するか楽しみ♪








ステキなシッポ

散歩中にときどき遭遇するパグちゃんと仲良くなった。

名前は「ゆん太郎」くん。


domo
う~む。味のあるお顔だ。


小さいワンコたちの中には、大きいワンコをひどく怖がってしまう子も多く、散歩中すれ違うときなど結構気を使う。



しかし、ゆん太郎君は。。。


全く動じておりません。
heiki
大きい子大好きだって。頼もしいぞ♪



フランとも話が弾んでいる様子(^-^)。
naisyo



パグちゃんといえば、特徴的な顔のしわ。
siwa
なかなか機会がないので、じっくり見せてもらった。見れば見るほど不思議な感じがするなぁ。
このしわの間には垢とかがたまりやすく、お手入れが大変なのだそう。



そして、ゆんママさん曰く、パグちゃんのもうひとつのチャームポイントはクルンと巻いたシッポなのだそうだ。


ゆん太郎君。
sippo
なかなか良いおシッポのようです♪



大きいワンコと小さいワンコがゆったり仲良くしている様。これを見るのがまた幸せな、とりアタマなのでした。



あ。


ちなみにこちらのお方もたいそう幸せそうでした♪






シンママさん、シンママさん。。。
ityaitya
あんまりよそのワンコとイチャイチャしてたら、シンちゃんがグレちゃうぞ~。









牛レバージャーキー

先日の日記で書いた、牛レバージャーキーが完成した。


最終的にはこういうものになった。
jya-ki-
パキッと手で割れるくらい乾いております。


さて、作り方ですが。


1 牛レバーを買ってくる。
  焼肉か、刺身用にスライスしてあるやつだと手間がなくていい。コストはやや高めになるけど。とりアタマの買ったのは上の分量で約80円くらいか。

2 ゆでる。
  内臓系のお肉は干す前に火を通す。とりアタマは小さなニンニク辺を2ヶいれた。入れなくても全く問題なし。

yuderu


3 水気を切って、脱水シートで一晩包む。冷蔵庫に入れてね。

dassui


4 干しカゴにいれて、天気のいい日に2~3日干す。気温22~3度のころに干すのがいい。何度も言うけど、気温が25度過ぎると腐敗する方が早くなるからね。



とりアタマは一応、ワンコ用に作ったおやつでも自ら試食してみるのだけど。
これは、すごかったわ。

口の中いっぱいに濃厚なレバーの味が広がって消えやしない←シンちゃんママに豆乳クッキー(犬用)もらって凌いだ。。。



ちなみにワンコ受けは非常によかったっす。


牛レバージャーキーは市販もされているけれど、やはりバカ高い。
皆さん、家でも意外と簡単に作れますわよ♪
まずは、干しカゴをゲットしに釣具屋さんにれっつご。





先日、「ステキな奥様」の小麦母さまが砂肝燻製のレシピをコメントしてくれたので、それもこちらにコピペしますね。
こっちは干しカゴなくても出来ますよ♪
これであなたも「犬使い」だ!!





「なんちゃって燻製の作り方」

材料:トリ砂肝、トリレバー、古い紅茶・煎茶適量、白砂糖大さじ3強(鍋の大きさによる)

用意するもの:すてちゃってもいいような、燻製専用にしても惜しくない、ちょっと深めの鉄鍋(古い天ぷら鍋なんてgood)
焼き網(鍋の中途くらいにハマって止まるサイズ)
鍋に合うフタ
銀紙ホイル

1、洗ったトリ砂肝、トリレバーをさっと茹でる
2、トリ砂肝、トリレバーを薄切りにする
3、鍋の中とフタにぴっちりと銀紙ホイルをしきつめる(燻製液がついてネタネタになるのを防ぐ)
4、白砂糖を鍋底にさらっと一面にひく
5、砂糖の上にお茶の葉をまたもやさらっと一面に敷く(軽く砂糖と鍋底が見えなくなる程度の量をいれてね)
6、焼き網をセット
7、焼き網に肉類をセット、密閉する勢いでギュッとフタをする
8、点火 はじめ強火、中火に切り替え20分くらい 
9、燻製の煙の匂いが出てきたら、たまに様子を見てください 
お好みの燻製度合いでストップしてください

この方法で、安いチーズを買ってきて燻製すると良い酒のあて、サンドイッチの具にもなります。安物ウインナーもGOODなお味に変身します。
チーズの場合はドローンと溶けてしまわないように時々フタをあけて確認することが肝要です。

ほんと適当にしても作れます。
おためしあれ









おまけ写真。

とっても珍しい「服を着た小麦くん」

huku



ハートをしょった男。
ha-to
…還暦の祝いに見えなくもない。。。







手作りおやつブーム

最近とりアタマを含め、散歩友達の間で手作りおやつがちょっとしたブームになっている。
あ。もちろんワンコ用ね。言わずもがなですな。

何でこんな面倒くさいことになったのか。

それはもちろん、この辺りのワンコの駄菓子屋さんだった「ポスト」のおっちゃんが店を占めて第二の人生を始めちゃったせいである。

post
惜しい店をなくした。。。詳しくは、ここみてね。


普通のペットショップでもワンコ用おやつはいっぱい販売されているが、ちゃんと原材料がわかっている安心おやつって正直バカ高い。とりアタマんちの場合、家計に深刻な影響を与えるのでそうそう買えないのですわ。

そんでしょうがないから、手作り。まぁもちろん好きなんですけどね。こういうの。



先日誰も作らないだろうと思いつつ、「干し肉」のレシピを書いたけど、なんと、小麦母さまがわざわざ干しカゴを買ってきて、干し肉作りに乗り出した。
ちょっと、いたわよ。こんな近くに。ヒマな人スローでロハスなステキな奥さんが。


しかしまあ、自分で作るおやつは安心であることは間違いない。ワンコ受けも相当いい。


コレ、この通り。
tyuumoku
犬使いか!まるで、「ハメルーンの笛吹き男」状態ではないか!


この日小麦母さまが持っていたおやつは自家製のレバーと砂肝の燻製。おお!ワンコのおやつのために燻製まで作るのか。上には上がいるなぁ。



写真右下にご注目。ちょっとだけ見えている鼻は小町ちゃん。
ji-
彼女はどっちかというと控えめなタイプで、おやつ争奪戦に加わることはめったにない。


それが。


ちょっと瞬きした間にテレポートしていた。
terepoto
よほどウマかったと見える。恐るべし燻製。(小麦母さま、良かったらコメントでレシピ公開してくださいませ♪)





体は小麦母さまの方に向けつつも、さり気にとりアタマの動向を注視しているお方もいたけどね。




ギンちゃん…。「アンタは何もくれへんのか?」とおっしゃっているのね。
ginpei
し、視線が痛いわ。。。






とりアタマ、ただいま「牛レバージャーキー」作成中。今日は天日干し二日目。今日もお天気が良さそうだから夕方には完成予定。みんな、待ってろ~。夕方にはご試食会だぞ♪










ネコの草

ネコ飼いの皆様にはおなじみの「ネコの草」ですが。



こういうの。
nekokusa


ときには「わんにゃんサラダ」などというおちゃらけた名前で売られていたりするけれど、要は「燕麦(えんばく)」という植物である。ムギです。ムギ。



mugi
あ、いやキミじゃなくて。。。(友情出演:ムギ)



燕麦はニャンコやワンコ、その他フェレットやウサギなどの小動物の食用になるほか、緑肥や土留めにも使われる。もっとも、ニャンコにとっては食用というより、吐くための道具として使うことが多いようだけどね。


ところで、ネコ飼いの皆さん。このネコの草、枯れるのが早すぎると思いません?季節にもよるだろうけど、食べられる状態の草を買ってきた場合10日もてば御の字。だいたい1週間くらいで枯れてくる。


すぐ食べられる状態で購入後、約1週間経過したネコ草。
1w
味が落ちるのか、だんだん食べなくなってくる。


多頭飼いのお家ではそうでもないかもしれないけど、ぢごく猫一匹だけのとりアタマ家では、食べる量より枯れる量のほうが圧倒的に多い。。。


約2週間経過後。こうなると水をやってもしなびたまま。
2w
ぢごく猫はもはや見向きもしない。もう緑肥にするため庭に穴掘ってポイするしかない。




しかし、ここで安易に「麦って弱えぇ~」とか考えてはいけない!
え。いや実は。とりアタマは考えてたけどさ。










フランが散歩中によく道端の草を食べるので、どうせなら他のワンコのオシッコに汚染されてない草を食べさせたくて、庭に燕麦の種を蒔いた。昨年の秋口のことである。





それが。




青々としたまま冬を越し、春にはこうなった。



mugi
雨上がりでちょっと倒れてしまってますが。



ちゃんと実もついている。
minori
そういや、「麦秋」って夏の季語だったっけ…とか、文学的なことを思い出したりして。
いや、とにかく…


すごいぞ、麦!

すでにアビ介の太刀打ちできる大きさではなくなっているけど。
葉が硬くて迂闊に食べると、口の中血だらけになりそうだけど。。
つまり、ワンニャンの食用には全く適さなくなって、とんだ本末転倒野郎になってしまっているが、そんなことはもちろんネコ草の責任ではない。


要は根っこが伸びるスペースがあれば大きくなるわけだ。長持ちの秘訣もこの辺りにあるかもしれない。

これを機会に研究を重ね、日持ちするネコ草の栽培方法をゼヒ考案したい!と誰か言ってくれないもんだろうか?
ね?



あ、そうそうネコ草の種の購入は「相模緑生」さんが便利ですよ~。栽培のちょっとしたコツも載ってます。







おまけ写真。


つめ切りムギちゃん2連発。


ぐんにゃり。
tume
いいなあ、エリザベスカラーつけなくてもつめ切りができて。

ちょっとだけ白い腹毛がセールスポイントです。実はワキ毛も白い!
kiri
ムギ様、今日も日経平均ヨロシク!(←私信)








捏造疑惑!!

ワンコの写真で、桜の花びらがお鼻にペタッと張り付いているやつを時々見かける。
しっとりと濡れた黒いお鼻にピンクの花びら。この取り合わせは何とも可愛いらしい。
フランも地面の匂いをかいだ後によく花びらをくっつけている。何とか撮影しようとするのだけど、すぐに舌で舐め取ってしまい、なかなかうまく撮れない。



そこで、ついつい魔が差した。
やってはいけないこと(なのか?)とわかっていながら、手を出してしまった。

やらせ。

あ、とりアタマじゃないよ。小麦母さまがね。←と他人に罪を押し付ける辺り、とりアタマもまるで業界人みたいね♪






まずは、小麦くんにやらせを強要。
netuzou
小麦くん必死に抵抗しておりますが、上司の指示には逆らえない模様…。


でも、結局お鼻が乾いていてうまくくっつかない。そこで、ターゲットをフランに変えて。





まさにその決定的瞬間をカメラは捕らえた!!
giwaku





giwaku2






このような行為が許されて良いのだろうか!?



hu-n



そっか。そうだわな。
何せ単なる日記だし。
考えてみたらとりアタマもなにげにやっとるわ。。。








それはそうと、昨日のコメントで小麦母さまが突っ込んでくれましたが、上から4枚目の写真のバックに写っているのは、こういう看板です。


inosisi


とりアタマの住んでいる地域では町のいたるところでこの看板を見かける。前にも書いたけれど、夜とか普通に道を歩いていたりするのよ。
写真が撮れたらアップするね♪「やらせ」じゃないのをね♪








「幸せ」の具現化

落ち着いてくつろぐワンコの顔を見ていると、そのワンコがいかに大事に大事にしてもらっていて、幸せに暮らしているかがよくわかる。食事も寝床も愛情も満ち足りていて、ときどき溢れちゃったりして…。






母が大好きで…
suki



散歩友達のおばちゃんも大好きで♪
sukisuki



一緒にいると、安心、安心(^-^)。
soba




でも、たまに一人でいるのも好き。ゆったり、まったり。。。不安なんかない。
hitori
なんたって愛されちゃっているからね。ちゃんとそのことを知ってるもんね。




種類が違っていても、
aniimouto
兄と妹だし。。。


姉と弟だ。
aneotouto




この日一緒にお花見に行ったワンコは総勢8匹。その内、保護されたワンコをもらってきたりしたケースが5匹。。。



皆さん、幸せそうでなにより。






そうそう、ふーもね。
foo

幸せか?
幸せだよな!?
幸せって言え~!






muri
…はい。











教育的指導

週末に書いたお花見散歩の続きです。





とりアタマは普段、この時間帯には散歩に行かない。だからこのお花見では、なかなか会えないワンコとも存分に触れ合えてそれがまた楽しかった。


そして、どうやらフランも同じ気持ちだったらしい。



めったに会えないゴールデンの大先輩まるちゃんに、遊んでほしくて遊んでほしくてしょうがない様子のフラン。。。


誘ってます。いい年をして子犬のポーズで誘っております…。
asonde
ちなみに、まるちゃんは11歳。いくら遊び好きのゴールデンといえども、すでに「戦いごっこ」をするような年ではない。


が、しかし。


そんな理屈はイケイケパープー娘には通用しないのだった。



積極的にアタックするフラン。
asobo
まるちゃん、最初は社交辞令で相手をしてくれていたけれど…。




フランのあまりのしつこさに、
ikeike
徐々に嫌気がさしてきて…。


ついに!
papu





教育的指導が入った。
sidou
ううむ。人間には到底マネの出来ないすばらしいタイミングでの教育的指導。すごいぞ、まるちゃん!!フラン、完全に首根っこを押さえられております。



でもって、まるちゃんの親友のモモちゃんがその後を引き継ぎ、まるちゃんは離脱。この辺の連係プレイも見事と言うほかない。
momo



モモちゃんにも指導を受けるフラン。皆さん、お世話かけますです。
sidou2



飼主がふがいないもので、ご近所のワンコの皆様には大変なご迷惑をおかけしております。

まるちゃん、まるちゃん。1週間ばかりお預けしますので、うちのパープー娘に礼節の何たるかを教えてやっていただけませんでしょうか?

え?
遠慮します?
あ、そうっすか。
モモちゃんはどうかな?手作りのクッキーつけますけど。
…ゴメンこうむる。
ああ、そうでしょうねぇ。







フランを締めたあと、公園を流れるせせらぎに身を浸してくつろぐまるちゃん。。。
gokuraku
お疲れ様でございました。今後ともヨロシクお願いしますね。












戦うぞ!!

お花見の話の続きがあるのだけど、それはまた明日。




今日は、動画だけ~!

シンちゃんちのまねっこです。ホホホッ♪


あ、画像が横向きです。クビをかしげてみてくださいませ。
とりアタマは学習能力が欠如しているので、いつもこの失敗をする。。。縦画像でもアップできるようにならないかしら?










冒頭の飼主たちの能天気そうな笑い声からもわかるように、決して本気のバトルではありません。

言わなくたってわかってるって?

でもね。結構誤解している人は多いみたいなのよ。犬飼い、猫飼いの経験者じゃないと、なかなか「戦い」と「戦いごっこ」の区別はが付きにくいみたい。。。何でだろ?顔を見ればわかると思うのだけどね。









お花見

「お花見」。

もともとは桜の木下で花を愛でつつ春を喜び、お弁当など広げて食事を楽しみながら語り合う、比較的のんびりした行為…ではないかと思うのだけど。


なんだかね。違うじゃないですか、最近のお花見は。。。「お花見」=「宴会」という趣が強いでしょ?それもかなり「必死な」宴会。
それはもうこの時期を逃すまじと、寒かろうが小雨が降ろうがブルーシートの上に陣取って、必死になってお酒を飲んでいる姿を見るとなんか別の意味で「あはれ」を感じてしまいますの。この手の宴会では誰も桜なんか見ちゃいねぇし。



sakura
お墓の桜。宴会もなくて静かでイイ。



個人の趣味の問題だけど、とりアタマはあんまり「お花見」って好きじゃなかった。


のに。


先日、ワンコ仲間と連れ立って近所の公園で「お花見」してきちゃいました。すみません、一貫性のない性格で。その場その場の気分で動いております。何せ、とりアタマだから。


神社の裏手に集合!
syuugou



すでに、皆さんテンションが上がってきております。「お花見」というより、小学校の春の遠足みたいな雰囲気。
oyatu
ギンちゃん、おやつは公園についてからですよ!


場所はいつも行く住宅街の公園。藤棚の下のベンチで持ち寄ったお菓子をつまみつつ、お茶を飲む。極めて正統派のお花見…だと思うのだけど。



世間様からはどう見えているのか…。
ohanami
ワンコ飼いでない人たちからは、さぞ異様な光景に見えたことだろう。。。



ギンちゃんの視線の先には…
hanami2
いつもオヤツがある!

sisen
必死です(^-^)。




tyoudai


dame?
これは人間用のオヤツだからね~。



foo
5分だけ我慢してくれ~。写真撮らなくちゃ!ネタ拾わなくちゃ!


モチャ(もさくちゃん)は初お花見だね!
motya



日差しも暖かい春の日に、人間もワンコも楽しい時間を過ごした。。。
sukisuki






でもやっぱり、ほとんど桜を見ていない自分に気が付いたのだった。




sakura3
かろうじて1枚だけさくらの写真を撮ってました。。。ほっ。







ワンコの名前が知りたい方はこの下をクリック!



続きを読む

写真だけ~

ちょっとばかり忙しくしております。。。



というわけで、今日は写真だけ~♪



とろとろアビ介。。。
torotoro





うにょ~ん…
unyon






でもって。。。





毛づくろい…なんだけど。。。
sugoi
見ようによってはすごく危ないシーンに見えなくもない。。。








干し肉

とりアタマは掃除は週に一回しかしないけど、どうでもいいことには結構執着を燃やすタイプである。


人から見たら、何でそういうことをするのか全く理解できないかもしれない。
でも、いいの。
とりアタマが生きていくには「自己満足」という名のエネルギーが必要なの。


…というわけ(どういうわけだ?)で、「干し肉」なんぞ作ってみました。ジャーキーともいうかな?とりアタマ的にはジャーキーはもう少しカラカラに乾いたものを言う気がするのだけど。



完成写真。

ダチョウの干し肉。
datyou



牛の干し肉。
usi



原材料、肉。 以上。
どっちも当然のごとくワンコ用に作ったものだけど、人間も食べられます。


さて、作る人がいるとも思えませんが、レシピは以下の通り。



1.ダチョウのモモ肉、牛のモモ肉を買ってくる。脂身の少ない塊を選ぶこと。安いのでいい。ちなみに、とりアタマの使ったのはダチョウが100グラム180円くらい。牛は98円。(とりあえず、豚はやめとこう。火を通さないからね。)


2.3ミリくらいに薄切りにする。縦でも横でも御自由に。

3.脱水シートではさみ一晩冷蔵庫に入れる。

脱水シートはこういう商品が出てます。
dassuisi-to
コレは優れもの。でも5枚で400円くらいして、しかも使い捨て。なけりゃなかったでバットに肉を広げてそのまま冷蔵庫に入れてもいい。


これは脱水シートに挟んだ肉。
dassui


一晩脱水させた肉。
kanryou



4.干し網に入れて干す。

hosiami
干し網はホームセンターや釣具店、キャンプ用品を扱う店で買える。1000円までであるはず。


5.1~2日天日で干す。1日最低1回は裏返すこと。
hosu
肉が黒くなって小さくなって薄くなってカラカラになってきたら完成。脱水シートを使わないなら1日余分にかかるかも。


保存は冷蔵庫に入れた方が無難。保存期間や賞味期限は自分の目と舌で確かめてくださいな。


ダチョウ肉はヘルシーでアレルギーにもなりにくいと聞いたけど、干し肉にしたら味がほとんどしなかった。。。とりアタマ的には圧倒的に牛肉の方がうまかったっす。




さて、試食です。みなさん、ちょっと来てくださ~い。



って、もう来てるんかい!
sisyoku
はいはい、今あげるから。


agu



はいよ、シンちゃんにもあげようね。
aguagu




お味はいかが?


umauma
どうやら気に入っていただけたようです。



さて。かように手間をかけてワンコ用食品ばかり作っていると、充実感の中にも一抹の虚無感を拭い去れなくなってくるので、人間用の干し肉も作ってみた。味、付いてます。

薄切りにした肉にタレを数分揉み込み、余分な水分をキッチンペーパーでふき取って、後は同じように作るとビールにぴったり合う干し肉が出来まする。激ウマでございました。

タレは、醤油大さじ1と2分の1、ハチミツ大さじ1、ごま油大さじ1と2分の1、ニンニクすりおろし半かけくらい。これは甘辛い干し肉。醤油とオリーブ油、粗引きコショーをメインにすると辛党の人向けになるはず。



唯一の注意点は、夏場は作らない、ということ。乾く前に腐ります。

気温が20度くらいの時期に作るのがいいと思う。25~6度以上になるといきなり腐敗菌の繁殖が活発のなるのでやめたほうがいい。
つまり、作るなら今の時期がぎりぎりなのよ。


さあ、ヒマな人、スローでロハスな生活を目指す皆様、れっつとらい!!










意地

とりアタマはズボラだ。ちょーズボラといってもいい。
ゴールデンやぢごく猫と一緒に暮らしながら、掃除機をかけるのは週に一回!

後は毛が落ちているなぁと思ったときに、箒でちゃっちゃと掃くだけ。とりアタマんちはほとんどの床がフローリングなので、箒で掃くのが一番なのだ。
掃除機出すのがめんどくさいというのも大いにあるけど。。。



実はフランのドッグベットも…。
bed
なるべく抜け毛が目立たないような色のを選んでいる。とりアタマの普段着の色を選ぶ基準もコレ。好みは二の次。毛が付いても目立たない服を買うのが基本ですな。




でもって平日は、基本的に目に付くところしか掃かない。結局そのツケが回って週末には徹底大掃除をすることになる。日頃からちょっとずつマメにやっておけば、週末の時間をもっと有意義に過ごせると毎週思うんだけどね。何せとりのアタマなもんで、月曜日にはすっかり忘れているのよ。


掃除機が苦手なフランはケージに避難。
foo
情けない顔しないの!






でもって、ぢごく猫は。。。







iji
意地でも秘密基地から出ていらっさらないのだな、これが。


すぐそばで掃除機をかけても動じない。
さすが、ぢごく猫。。。





neteru
あまつさえ、何だかウトウトしてるし。。。





ぢごく猫の心臓にはステンレス製の毛が生えていることはドイツの生物学者ニュルンベルク博士によって学会に発表済みだが、どうやらアビ介の心臓には特に多めに毛が生えているようです。








前線基地

ぢごく猫、1階リビングに前線基地を設営した模様。



zensen




警戒を怠らない。


keikai




「むむっ!?」
teki?






楽しそうにしているので、片付けたくても片付けられない。
さっさと飽きてくれないものか。。。ハッキリ言ってじゃまです。








時効かなぁ。

皆様。選挙ですね、選挙。投票いかれましたか?選挙権のある方、ちゃんと権利を行使しましょう♪
とりアタは18歳だしぃ♪でも何かの間違いで通知が着たから一応行ってきましたけどね♪


daityo?
いくら君。友情出演とはいえ、そこ突っ込まないように。




ところで。
選挙、特に統一地方選挙といえば、とりアタマはある出来事を思い出す。
ボチボチ時効だろうし、話してもいいかな。いいよね。





昔々、とりアタマはある現役県会議員の選挙運動にアルバイトで参加しておりました。別に支持政党とか言うわけではなかったけど、バイト料も良かったし、面白そうだったので。。。
宣伝カーにのって、「県会議員候補、○○をよろしくお願いします!」と訴える、いわゆる「ウグイス」というバイトですわ。



a?
悪いか、ぢごく猫!



候補者とともにのぼりを持って住宅街を練り歩く、「桃太郎」とか、通勤時間帯に駅前に立って投票のお願いをする「朝立ち」(本当にこう言うのよ!)とか。色々やらせてもらいました。真黄色の中途半端な丈のミニスカはいて、5センチのヒールで町歩き。今はもう無理だな。絶対できねー。



で。仕事というのはなんでもそうだと思うけど、色々裏ワザというのがあって、それを先輩から伝授されますの。


選挙前半戦はにこやかに、余裕を持って、ゆっくりハッキリしゃべる。笑顔を忘れずにね♪
逆に終盤戦は裏声を駆使して、「最後の最後のお願い」をする。このときは笑顔は逆効果。必死さを前面に出してアピールした方が良い。泣かずに、涙声を出す方法とかね、教わりましたよ。

たとえ周りに誰もいなくても、「ご声援ありがとうございます。」とか「あ、窓からお手を振ってのご声援、傷み入ります」とかの小芝居を随所にちりばめながら話すとかね。色々テクニックがあるわけです。

他の候補者の宣伝カーと接近遭遇したときは、ムキになると返ってマイナス。「△△候補のご検討をお祈りいたします!」と一言明るく声をかけて、マイクをオフにするのが正解。。。




しかし改めて文字にすると背中がぞわぞわするような嫌な世界だなぁ。


unzari
まったくだ。




でもって、そのときの選挙活動中、とりアタマのバイト仲間がとんでもない失敗をやらかしましたのよ。


病院の前を選挙カーで通るとき、「☆☆病院の皆様、お騒がせして申し訳ありません。皆様の一日も早いご回復をお祈りいたしております」と心にもないことを言うのが定型句なのだけど、そのウグイスさんは「☆☆病院の皆様の一日も早いご冥福をお祈りいたしております♪」と言ってしまった!!





選挙カーの中、騒然。。。慌ててマイクをオフにして1~2キロ無言で走ってやり過ごしました。。。


幸い苦情とかこなかったので、その人はバイトをクビにならずにすみましたがね。シャレになりません、マジで。
ま、選挙宣伝カーのウグイスの言うことなど、誰も聞いちゃいないってことがハッキリした出来事と言えましょう。。。

これ。とりアタマのバイト仲間の話だよ。とりアタマの話じゃないよ。そこんとこ、ヨロシクね。



hu-n
いや、本当だってば。







桜の思い出

昨日、4月6日はとりアタマ母の誕生日であり、命日だ。

とりアタマに物心が付いてからの記憶をずっとたどっていくと、いつでもそのど真ん中に、すんごい存在感の母の姿がある。
いろんな意味でインパクトのある人だった。誕生日に死ぬあたり、最後までそれは変わらなかったなぁ。あ、ちなみに癌でした。


とりアタマは無宗教だけど、母は西洋の一神教の神さんを信じていたので、そういうところにお骨を預かってもらっている。

kyoukai



満開の桜の花を見ると、母の葬式を思い出す。満開の桜を見ながら、母の写真を抱いて車で斎場に向かったのを思い出す。とりアタマにとって桜とはそういう花です。

母ちゃんは、満開の桜を眺めながら上がっていった。それはたいそう幸運なことのような気がする。








豪快すぎる…

n.
「ん。」



kuaaa...
「くあぁあああっ。」




ka.
「カッ!」





おっさんか、お前。




頼むから手鼻はやめてね。







《週末特典》

アビ介秘蔵写真大後悔公開。
下の「追記を表示」をクリックしてね♪


続きを読む

ついに捉えた!!

やった!
とりアタマはついにその姿を写真に収めることに成功した!

ツチノコ?カッパ?それとも小さい宇宙人?



いえいえ、ずばり。。。

アシュラ男爵。





asyura
小さいですか?ではもうちょっと寄ってみましょう…





dansyaku
これ以上は無理でございました。さすがアシュラ男爵、警戒心も超一級。



あ。「アシュラ男爵って何?」とかぬかすナウなヤングはお父さんかお母さんに聞いてね♪
「ツチノコ」がわかんない人はいないと思うけど、「バチヘビ」のことですわ。何の説明にもなってないけど…。


それにしても見事な面構え。サビっていいなぁ。












撮影裏話

昨日アップした枝垂桜での2ショットなんですけどね。撮影はこんな感じで行われました。





とり:「はい、小麦くんここ座って。うん。そこそこ。いいよ~。目線ちょうだいね~♪ハイ、グッド。そのまま待て!フランもお座り!ヨシヨシ。そのまま待てよ、待て!じっとして。。。撮るよ~!!」


-パシャ。


yosomi




とり:「あ!んもう、フラン!何でよそ見するの!!せっかく小麦くんがいいお顔してくれてるのに!もう一枚いくよ。フラン、ちゃんとこっち見て!目線目線!」


-パシャ。



me!



とり:「ありゃ~。小麦くん、目ぇつぶっちゃったか…。フランもこっちを見ろというのに。わからんちんだな、まったく!次で決めてよ次で!」(…二人の目線にあわせてとりアタマが立ち位置を変更…)「お。いいね、いいねぇ♪目線そのまま~。ハイ、撮るよ~!」



-パシャ。




2syotto


とり:「はい、OK。お疲れ~♪」





夕方の境内に、とりアタマの声が響き渡っておりましたとさ。。。きっと犬バカって思われたな。犬バカだけどさ。















桜の木の下で

ようやく、桜がいい具合に咲いてきた。とりアタマの感覚では例年より5日くらい早いかな。




先日ブログの更新が遅れた理由ですが。
何のことはございません、とりアタマ朝から持病の片頭痛がでまして、かかりつけの専門病院へ行っとりました。

いつもの頭痛なので、問診もどこかのんびり。
先生に、「かわいそうになぁ」としんみり言われてしまった。


とりアタマは言いたい。

同情するなら薬くれ!


いえ。くれたけどね。それもたっぷりと。とんぷく、漢方薬、片頭痛の予防薬など、6000円分ほど。保険使って6000円の薬代ってどうよ?
まあ毎日飲む薬ではないので、これで3ヶ月…出来れば4ヶ月はもたせたいものだ。片頭痛もつらいが家計も深刻につらい。


とりあえず、顔面注射と薬のおかげで夕方には回復したので、フランの散歩はいつもの通り行ってきた。小麦くんと一緒に御近所お花見散歩。




まずは、地元で「ええところの坊ちゃん嬢ちゃんが集う」有名な幼稚園の園庭。
youtien
外から見ると2,3本桜の木があるように見えたが、実は1本の木だった。枝の広がりがすごい。




いつも通るお散歩コースの桜。
rouboku
こちらもすごい枝ぶり。かなりの老木なのだろうなぁ。きっとこの木には体長20センチくらいの桜の妖怪がすんでいて、夜な夜な木の周りを輪になって踊ったり、酒盛りしたりしているに違いない。





そして、弓弦羽(ゆづるは)神社参道の桜トンネル。
tonnneru




sakuratonneru
美しい。
だけどついつい、散った後の地面の掃除のこととか考えてしまう。とりアタマって貧乏性。。。



散歩の帰り道、フランのオシッコとウンチが完了していたので、思い切って弓弦羽神社の境内におじゃました。



境内から参道を望む。
torii
曇っているのは夕方のせいだけではなく、黄砂の影響と思われる。




枝垂桜の木の下で。。。
sidare
何でだろう?フランが男の子に見えるなぁ。



小麦くんと2ショット。
2syotto
上手に「マテ」をするお二人。
でも、やっぱりフランは男の子に見える。

フランがしたのは避妊手術じゃなくて性転換手術だという噂は本当なのかもしれん。。。













季節感

更新がいつもより遅れちゃいました。朝から覗いてくれた方、すみません。
遅れた訳は明日の日記ででもお話します。



さて。


やっと暖かくなってきた。やはりこの辺りはお彼岸が過ぎないと春はやってこないようだ。
桜も五分咲きくらいかな。
神戸の桜の開花は、なんと豊岡(同じ兵庫県内でもずっと北の方にある)より遅かった。なんでやねん。


暖かくなると、ぢごく猫が秘密基地から出てきて、他の部屋に陣を張る。これが、とりアタマ家における春本番の合図。



普段は物置代わりになっている2階の一室。
jin
アビ介の春の陣。




haru
最近は一日中ここで寝てらっしゃる。





しつこく写真を撮っていると…
hanngann





ガン飛ばされました。
gan



ヤキ入れられないうちに退散します。











最近好きなもの、嫌いなもの。

ワン・ニャンの話ではなく、極めてどうでもいい話なのだけど。。。


最近のダイワハウスのコマーシャルがとっても好き♪


昔、タケカワユキヒデが「だい~わ は、う、す~♪」と歌っていたころの100倍くらい面白い。



dare?
え?知らんか?ゴダイゴ…。



少し前から色々試行錯誤はしていたようだけど、殻をぶち破ったのは「リピート・アフタ・ミー」編と呼ばれる、女子中学の英語の授業風景を題材にしたCMだろう。

もし、ピンと来ない人がいたら、ここで見ることが出来ます。ぜひ!


「ダイワハウスCM リピート・アフタ・ミー編」


女子中学生が、タルそうに外国人教師に続いて教科書を読む雰囲気や、「え?」「え?今、何て言った?」とキョドる感じに思わずニヤけるとりアタマであります。

他にも、ワンコに「ハウス」を教えるバージョンもある。今放映中なのは「ブッシュ大統領・ライス国務長官のそっくりさん」が出てくるヤツ。これも笑える。。。

これら一連のCM、初めてみる人は最初何のCMか全く想像できないと思う。最後まで社名が出てこないタイプのCMだから。でもって、最後の最後にズドンと社名を強調する。うまいなぁ。


逆に、とりアタマを微妙にいらだたせるCMも存在する。まあ、こんなの好きずきだからね。上のダイワハウスのCMだって、「何が面白いのかさっぱりわからん」という人だって当然いるだろうし。そんなの当たり前。わかってるよ。とりアタマもいい大人だもの。そこんところはちゃんと理解してます。



でも。


でもね。
理解していても感情がついていかないことってあるのよね。






とりアタマは、ウルトラマンに服を着せるのはどうかと思うのよ。
背広着てネクタイを締めているウルトラマンってどうよ!?



正確には「ウルトラ出光人」というらしいが、その微妙な逃げ方がまたすんげぇイヤ
昔、出光がスポンサーになってウルトラマンの映画を作ったことがあったけど、思えばあの時ウルトラマンは一企業にタマシイを売り渡したのね。



osikari
うわ~。や~め~て~。正義の味方がタイアップするのはタカラトミーまでにしてくれ~!!










カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。