スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色々流行ってます。

ファッションではなくて、病気の話なのです。


近頃ご近所のワンコが、やたらと大腸炎をわずらっている。小麦くんは、大腸潰瘍と診断されてしまった。しぶり腹で眠れぬ夜を過ごしたそうだ(今は回復)。
とりアタマ家のすぐ近くに住むコーギーのラッキー君も腸から出血した。お尻を赤くしてふらふらしている姿は痛々しかった(こちらも無事回復)。
その他にも、「悲鳴が出るほどお腹が痛むらしい」とか「水も飲めないくらい吐き気がすごい」とか。。。いろいろ怖い話が流れてくる。
流行っているのかしら?ウィルス性ではないと聞いているのだけど。。。


お腹が冷えないように、母に腹巻をしてもらった小麦くん。(小麦母さま撮影)

torendo
小麦くん。。。お腹が痛くてしかめっ面なのか、腹巻が嫌で不満なのか。。。母様は、小麦くんに腹巻はトレンディなワンコには必須アイテムだと言い聞かせているらしい。



小麦くんは、マナーベルトをつけていると誤解されることを恐れているそうな。mana-beruto?
その誤解はないと思うけど。テキ屋の兄ちゃんみたい。


大変だな~。早く直るといいね、と無情な他人事コメントを出していたら。。。バチが当たったのか?一昨日フランが大量の粘膜便を出した!

粘膜便=大腸炎の可能性!!!(lll゚□゚)!!!

他人事じゃなかった!!

慌てて、便をほじくり返すも出血は見られず。本人も痛がる様子無し。

n?
ふー:「何か問題でも?」

う~ん、病気という雰囲気じゃないんだよね。。。とりあえず、現段階で病院に連れて行っても「もうちょっと症状が出てから来てね。」と乾いた笑顔で優しく諭されること請け合いなので、一晩様子を見ることに。
とにかく食事の量を半分にして、オヤツも禁止。

そして、翌日の夕方。。。

快便でございました

なんだったんだあの大量の粘液便は!?病的にではなく生理的にはがれたにしてもあまりに大量。。。食物繊維たっぷりの手作りクッキーのせい?それって、体に良いこと?悪いこと?


huuuaaa1
大騒ぎしたのはとりアタマだけで、本人はいたってのんきでございました。食事減らされてお気の毒。



さて、もうひとつ。

気温が下がって空気が乾燥する冬はニャンコの間でも風邪が流行したりする。ニャンコの風邪を甘く見てはいけない。ニャンコのセキやクシャミは本人もツライだろうが、見ていてる方もとてもツライ。また、口内炎とか併発して食事がしにくくなると、体力の消耗が激しく、長く患ってしまう。まさに風邪は万病の元なのだ。

最近では茶太鈴んちの虎徹ちゃんが患ったと聞いて、これまた「大丈夫かなぁ」と思っていたら(彼も無事回復した模様♪)。。。

夜にアビ介が突然、クシャミを連発!!

秘密基地から飛び出してきて、涙とよだれを流してもがきながら、クシャミが止まらない!!!(lll゚□゚)!!!


これはイカンと、よくよく様子を観察すると。。。






アビ介の鼻の穴から長い毛が1本突き出していた。。。



秘密基地のベットに張り付いていた自分の抜け毛が、寝返りを打った拍子にすっぽりと鼻に入り込んだと思われる。。。

とってやろうと指を近づけると威嚇しやがるので、じゃあ、勝手にしなさいと放っておいたら、数分後に無事自力排出に成功。

何事もなかったように秘密基地に戻って、すぐに爆睡状態に陥ったのでした。。。
tukareta
ええかげんにせえよ、ホンマ。危うく獣医さんに夜間緊急電話をかけそうになったわ!





日々ワンコとニャンコに振り回されている人間の皆様も、どうぞ御自愛くださいませ。
スポンサーサイト

見張られている。。。

どうも背後に視線を感じる今日この頃。




惚れた?誰か、とりアタマに惚れちまった!?




振り返ると、この方が。。。







ぢごく猫……キミか。
mihari



こえ~よ、顔が。。。全然惚れてる顔じゃないし。まなざしに愛情のカケラも感じませんが。
監視か?とりアタマを監視しているのか!?何で?


gimunasi

あ、さいですか。




遠目にみると、ごちゃごちゃした雑貨と交じって「モノ化」している。


mono
お前はニンジャか。「風のアビ丸」。。(古い?古すぎる!?)



ただ今、故郷のぢごくと通信中。
tuusinn

ぢごく光通信使用(ハイテクなニンジャ)。ぢごく光通信は、ネットと電話の同時加入でオトク料金。加盟者同士の電話なら夜9時まで通話無料。「茶太鈴んち」の杢姉さんも加入してます♪




それにしても、見張られるのってヤな気分だな。








犬用・亜麻の実クッキー

最近手作りに勢いが付いてしまった、とりアタマ。
わんこメシに続き、わんこクッキーを作ってみました。

レシピを色々検索した結果、ニュージーランド発の超有名ブログに出たいたクッキーのレシピを参考にさせていただくことに。

何故って?

とりアタマ好みの超適当レシピだったからよ♪

曰く、

「・全粒粉
・セモリナ粉
・Linseed
・小麦ふすま・・・などを適当に混ぜて作って下さい」。。。だって!!

おお。何てわかりやすいんでしょう!
混ぜるときに、ビーフとラムのゆで汁を使うとワンコ受けがいいとある。なるほど。ビーフとラムは切らしているが(見栄)、チキンスープならまだ少し残っている。これでやっちゃいましょう。


とりアタマが使った粉はこれ。
kona
全粒粉、ブラン(小麦ふすま:小麦を皮ごと挽いた粉)、コーンミール。

上記のレシピに出ているLinseedはFlaxseedともいって、日本では「亜麻の実」と呼ばれるもの。この実そのものは日本ではあまり食用にしないみたい。「亜麻仁油」として利用したり、繊維にしたり。
でも栄養価が高くて、水溶性、非水溶性の両方の食物繊維を含み、オメガ3系の脂肪酸が豊富。。。まあ要するに、とっても具合のいい食材なのね。詳しく知りたい方は、ここ見てね。

で、新しい物好きのとりアタマはさっそく購入。

これこれ。ama



さて、作り方です。

「わんこ亜麻の実クッキー レシピ」

今回の分量

全粒粉       1カップ
ブラン       2分の1カップ
コーンミール    2分の1カップ
ベーキングパウダー 小さじ1弱
亜麻の実      小さじ3
卵         1個
オリーブオイル   大さじ1
チキンスープ    適量

亜麻の実はそのまま入れると、まんまウンチに出てきそうな予感がするので、荒くすりつぶす。
surisuri


こ~んな感じ。zurizuri
香ばしいかおり♪

上記のチキンスープ以外の材料を全部ボールに入れて混ぜる。
粉はふるう必要なし。卵のからざもとる必要なし。断言できるが、クッキーにからざが入っていてもワンコは気にしない。

当然これでは粉粉のままでちっとも混ざらないので、チキンスープを少しずつ入れてこねる。
あくまでも少しずつね。ここで、ドバッと入れると、ドロドロの焼く前のお好み焼き状態になり、慌てて粉を足し、また固くなってスープを足す…という無間地獄に陥ることになる。

ボールに付いた粉粉がきれいになるくらいにまとまればOK。型抜きクッキーなので固めの生地にする。
kiji

ビニールに入れて2~30分冷蔵庫で落ち着かせる。

強力粉で軽く打ち粉をして、生地を伸ばす。厚さもお好みで。かなり固いクッキーに仕上げる予定なので、小さいワンコは薄めにしたほうが食べやすいと思う。フランが食べるなら5ミリくらいかなぁ。

nosu


この辺りでオーブンの余熱をはじめる。180度くらい。

お好みの型で抜く。hone
ここはやはり骨型でしょう♪


フォークで空気穴を開ける。ana
見た目も開けたほうがカッコイイ。

天板に並べて焼く。tenban


上の分量で、とりアタマんちのオーブンの天板に1枚半くらいのクッキーが取れた。倍の分量にすると、きっちきちに並べて天板ちょうど2枚分(枚数にして80枚くらい)。とりアタマのオーブンは2段一度に焼けるので、2倍の分量にしたほうが効率がいい。


180度で40分焼く。20分で上下の天板を入れ替える。こげるようなら、アルミ箔をかぶせるとか、温度を少し下げるとか工夫してみて。



出来上がり♪
kukki
しっかり冷ますと固くなります。食物繊維たっぷりです。


さて、フランの反応は?


kudasai
真剣なまなざし。。。


onegai
作っている間中台所から離れなかったものね。


moratta




nmai


それは良かった♪
次は犬用チーズでも入れて焼いてみましょうか。。。

今日のクッキー、蜂蜜など入れるときっと人間用になります。その場合、粉をふるうか、卵のからざを取るかは、アナタしだい♪とりアタマはふるわないし、取らないけど。



手作り食・第2弾

フランの手作り食、ボチボチとやっています。


手作り食のコツは、無理をしないことだと思う。もともと質のいいドッグフードを選んでいるつもりだから、正直フランの食事は手作り、ドックフード、のどちらでもいいと思う。ただ、とりアタマにとっては手作りの食事を混ぜた方がフランの体重管理がしやすいのは確かだ。

それから、ワンコに手作りの食事を作ってやると、冷蔵庫の中が片付く。。。いえ、決して残り物ばかり食べさせているわけじゃあございませんが。。。

この間取ったチキンスープでまた冷ご飯を炊く。今日はカブの葉っぱとトマトと干し芋(サツマイモ)を入れた。
rizotto
これで2~3日分かなぁ。

これに、ドッグフードとサプリメント、生協で買ったカボチャペーストそれからオリーブオイルで軽く炒めた馬肉をトッピングして出来上がり♪dekiagari
…カボチャペーストは前日人間用にカボチャポタージュを作った残り。ほらネ、残り物も片付くのよ。


さあ、どうぞ♪


フランの食いつきはすっごくイイ。bakubaku



ドライフードだけのときより、食べ応えもある。mugumugu




(今、フランに何を言っても聞こえません。)aguagu




さて、今日から「レシピ」というカテゴリーを作った。ワンコの手作り食に挑戦してみたいという方の参考になればと思う。





今日のワンコめしのレシピ


スープストック(鶏ガラと手羽でとる。なければ水道水でよし。)
冷ごはん(時間がかかってもいいなら米でもよし。)
カブの葉っぱ
トマト
干し芋(もちろん生のサツマイモでもよし。)
カボチャペースト(なけりゃないでも全然困らない)
馬肉のミンチ(牛でも豚でも鶏でも魚でも…要は動物性タンパクだ。)
オリーブオイル(馬肉を炒めるのに。生肉でいける子は生肉でよし。但し鮮度に注意!)


これらの材料を適当に炊いたり炒めたり混ぜたりする。


それに、それぞれの子に必要なサプリを混ぜ込み、今まで食べていたドライフードに混ぜる。とりアタマ家では2対1、か3対1くらいの割合で手作り食が多い。はじめはもっと少ない目から、便の様子・体重の様子を見ながら決めていく。

とりアタマはすごく適当な人間なので、手作りって言ってもこんなもんです。気をつけることは食材を偏らせないこと。ワンコに食べさせてはいけない物は入れないこと。そんだけ。

毎日のことだからねぇ。あんまり懲りすぎると続きませんわよ。。。












超天然系

このブログでもたびたび登場する、とりアタマの幼馴染、はっちゃんちのにゃんこ、いくら君。


彼ははっちゃんも認める超天然系だ。


いくらは接待猫。カメラも怖がらず、目線をくれる。kiriri
キリッとしてるでしょ?


でも。だまされてはいけない。



ほんとにほんとの超天然系。母に抱っこされて、ご満悦のいくらだが…ん?何か濡れてる?
n?
…信じられねぇ。。。しっこたれ猫。



sikkotare
まぁ。朝からなんてさわやかな写真でしょう!(現在午前7時45分です。。。)




hunhun
母にキレイにしてもらっております。言っておくが彼は子猫ではない。立派な大人ニャンコ。どうかと思うよ、マジで。




huhu-nn
そうそう、自分でキレイにしてちょうだいね(^-^)。


いくらは誰でも抱ける。モフモフできる。病院でも愛想よし。膀胱炎の持病があるので、よく点滴しているが、点滴中もぐるぐるごろごろ。。。さらに言うなら、導尿中もぐるぐるごろごろ。。。


いわば彼はアビ介の対極にいるニャンコなのだな。
足して2で割れないもんだろうか。。。すっごい超天然系の凶暴猫が出来上がるのも怖いが。。。



ちなみに彼の兄弟猫のムギは普通の警戒心を持った普通におとなしいニャンコだ。


警戒しております。でも、気にはなるのね。jiiii-
実は彼は日本経済の命運を握っているニャンコなのだ(と、とりアタマは確信している)。

でも、この話はまたの機会にね。。。




おまけ写真。


夜中にトイレに起きたとりアタマ。部屋に戻ると、布団の形が微妙に違っていた。。。




in
アビ介、君の辞書は「遠慮」という文字が欠落している。ぢごく書店で交換してもらいなさい。



ドッグベット戦争終結!?

フランとアビ介が激しいバトルを繰り返していたドッグベット攻防ですが。


どうやらこのたび和解が成立した模様。



いやあ、めでたい。いつまで続くかわからんけど。とりあえず、めでたい。
それでは皆様、和解成立にいたる一部始終をご覧くださいませ。





ぽかぽかと日差しが暖かい午後。フランがちょっと立ち上がった隙に、すかさずぢごく猫がドッグベットを占領。torareta
フラン、ぢごく猫相手にどうすることも出来ず、しぶしぶ日陰で横になる。






でも、
demo


今日はどうしてもあきらめきれない。







datte



だって…


aa..


本当に…



nukui
うんうん。ぬくぬくで気持ちいい日差しだよね。


そこでフランは考えた(と思われる)。


jiii...




n-to




そして行動に移した。



yosi



はじめは、多少緊張していた二人だけど。。。

hajimeha



だんだんとくつろぐ体勢になってきて。。。



kuturogu



最終的には、

saisyuu



こ~んな感じ。agonose



アビ介が全然嫌がっていないのが意外だ。
アビ介とフランが一緒に寝るなんて!
確かにお正月にも一瞬同じベットで寝ていたけれど、こんな風にくつろいでいる感じじゃなかった。ほんの数分だったしね。

一体どういう心境の変化なのか。





tamaniha




nukuisina


ひょっとして、フランは湯たんぽがわりっすか?

現状維持

…ちょっとまってね、といいつつ結局昨日更新しなかった。すんません。ご心配くださった方もおられるようで。重ね重ね、申し訳ないです。

単に、とりアタマが忘れていただけ、ですので。


昨日の定期健診の結果、フランの状態は現状維持。慢性的に炎症を起こしている耳の中は改善が見られた。左耳は良好。右耳はもう少しケアが必要だけど、ずいぶんよくなっている模様。先月からはじめた皮膚用のサプリがハマッたのかもしれない。ヨシヨシ。

さて、お正月に来客がいっぱいあってオヤツもたくさんもらったフラン。体重増加が懸念されたが、こちらも現状維持(むしろやや減だったけど、誤差の範囲だと思う)。

実は、半月ほど前から食事をドッグフードオンリーから手作り食併用にしているので、その意味でも体重が気になっていた。手作り食にするなら、ウンチの状態、被毛の状態、皮膚の状態、体重の増減によくよく注意しないといけない。。。とか言いながら、とりアタマは根がいいかげんだからかなり適当にやっております。


この間は、鶏がらと手羽でチキンスープをとった。
dasi
きわどく痛みかけた人参とか、しょうが、にんにく、それと昆布を入れてひと煮立ち。もちろんネギ類はいれない(ニンニクも少量)。

ここでとりアタマ家の秘密兵器。電気鍋登場!denkinabe

これはすっごく便利。吹きこぼれの心配がないし、タイマーが付いているので、放っておける。正月の黒豆もこれで炊くと失敗無し。

3~4時間煮込んでスープの出来上がり。soop



ガラや手羽についている肉をほぐして取り分けておく。人参もね。人参はスプーンで簡単につぶれるくらい柔らかくなっている。niku


スープに冷ごはんとキャベツとトマトを入れて炊く。塩コショウで味をつければ人間用。味なしならフラン用。今日はフラン用。
ojiya



炊き上がったリゾットに、ほぐしたトリ肉とつぶした人参を入れ、ごく少量のウエットフードと、ドライフードそしてサプリメントを混ぜ込むと出来上がり。
gohan

フランはゴールデンらしく何でも好き嫌いなく食べるので助かる。しかも、手作り食にすると明らかに食いつきがいい。そりゃ、これでマズイと言われたら、とりアタマの立場ない。

年末に少し不安定になっていたウンチの状態も、手作り食併用にしたら安定してきた。後は筋肉を落とさないように質の良いたんぱく質を選んでやることだな。


んまかったか、フラン?umai!





ちなみに。


とりアタマの昨日の昼食は「夜店の一平ちゃん」と食パン。。。

炭水化物ばっかし。


(夜はちゃんと作って食べたよ。)

ちょとまってね。

今日は月に一度のフランの定期健診。朝一で病院に行ってきますので、更新はしばらくお待ちくださいませ♪


とりあえず、写真でごまかす。


suki
小麦:「母、大好き♪」



daisuki
フラン:「シンちゃんママ、大好き♪」(おいおい…)



aa?
ぢごく猫:「好きて、ゆうて欲しいんか?」



繊細な彼、粗忽な彼女

最近シンちゃんと散歩の時間が合わなくて、小麦くんと散歩することが多い。でも、小麦くんはもう大人なので、フランのテンションに合わせるのはちょっとしんどそう。。。

ふーと会うと、顔を伏せることもしばしば…。
a-a


それでも、小麦くんは優しいのでフランの戦いごっこの相手をしてくれる。これまでもたびたび日記に書いたが、この戦いごっこ、結構激しい。リードが絡まって収拾がつかなくなることもたびたびある。

そこで、先日通販でこーゆーのを買った。

kouyuuno


ワンコの散歩のときに使うリード(引き綱)の一種で、中に巻取りバネが入っていて、リードが伸びたり縮んだりする。


これがなかなか便利。
ひと気のない公園だったら、フランを結構自由にしてやれる。しつけがキッチリはいっている小麦くんのリードを放してフランをこのフレキシリードにつなげば、戦いごっこも相当盛り上がること請け合いだ。


住宅街にある小公園。kouen
イノシシよけの柵があって道路に出られないので子供もワンコも安心(^-^)。

さらに、公園内に人口の小川が流れている。ここのお水は山から流れてくるお水なので、飲んでも大丈夫(だと思うよ…)。
ogawa



幸い、この日の小公園に人の姿はなし。さあ、おふたりさん。環境は整った。存分に戦いたまえ!


と、言ったのもつかの間。フランに追っかけられた小麦くんが縁石に後ろ足をぶつけて負傷!!



「足痛い~」と母に助けを求める小麦くん。okaasan
でも。。。

あれ?

とりアタマは小麦くんが足をぶつけた瞬間を見ていたのだけど。確かぶつけたのは、右後ろ足だったのに…

浮いているのは…are?
左後ろ足。。。

かばっているのは…arere?
左後ろ足。。。

小麦くん。。。

実は、ちょっと母に甘えたいだけだったの?


乱暴で粗忽なフランより、優しい母のほうが好きなのね。
komugihaha



その気持ち、よ~くわかるよ。


わかるけど。でも、やっぱり末永くフランのこともよろしくね♪
kowaikomu
フランもそのうち、おしとやかになるって(なるのか!?)

燃え上がれ~♪



とりアタマ家の近くですんごい物を発見!!!





4車線ほどの道路沿いにある墓石屋さんの前にド~ンと。。。
















ガンダムが!!!gandamu



ガンダムだ。。。これは間違いなくアムロ・レイのガンダムだ。。。RX78だったっけか。結構デカイぞ。



gandamu2



ううむ。御影石で出来ているのね。ちなみに手前に写っているポストも御影石。。。確かにここいらは御影石の産地だけど。だからって作るか?ガンダム。。。




gandamu3
いやぁ、よく出来てる。



作っちゃったのね、ガンダム。楽しかったろうなぁ。
でも、きっと家族にはムチャクチャ反対されたろうな。
とりアタマはこういう人大好きだけど、商売人としてはいかがなものか?墓石屋さんとして、生き残ることが出来るか!?




ちなみに、フランは全く興味なし。。。


foo&gandamu
ごもっとも。




オマケ写真。

御影石のワンコもいた。wan
滑らかな曲線がすごい…。


どういうコンセプトの墓石屋さんなんだろう?


次に作るなら、当然あの人専用ザクだろうな。いや、それともちょっと趣向を変えて、御影石の宇宙戦艦ヤマトとか…。マジンガーZとかもやって欲しいかも。。。リクエストボックス置いてくんないかなぁ。



ファーミネーターだ!!

「富士丸」くんとか、「羊の国…」とか、ワンコ系の超有名ブログで昨年話題になっていた、これ↓。

uwasa
ファーミネーターだ!

ワンコの浮いた毛を梳き取るブラシのような道具だ。これで梳くとそれはもう、子犬一匹分くらい毛が取れるそうで、ゴールデン飼いのとりアタマとしては興味心身(…おいIME、この変換はどうよ?笑えたので、そのまま乗っけたけど。。。)だった。

でもお高いものなので、なかなか手が出なかったのだわ。
でも、買っちゃった♪家計は苦しくなったけど、買っちゃった♪とりアタマは基本的に新しいもの好きなのだ。特に道具系、文房具系にめっぽう弱いの。


では、フラン。御覚悟!!



kakugo!
まあ、なんて嫌そうな顔!

シャンプーした後、さらにブラッシングだからいいかげん我慢の限界なのはわかるけどね。

フランがぐずって非協力的だったので、思うように隅々までブラシは出来なかったけど、それでもホレ、こんな感じ。


kekeke
これで途中経過。実際はこれの3倍くらい取れた。子犬一匹分には満たなかったけど、春先の換毛期には相当取れるだろうなぁ。楽しみ♪

とりアタマはワンコのブラッシングとか、耳掃除とか、目ヤニ取りとか大好きだ(ちなみに人間の黒ニキビをひねくりだすのも好き♪人には嫌われるけど…)。

ニャンコのブラッシングとかは…。
できましぇん。。。
ぢごく猫はやらせてくんないから。

neoki
こ~んな、寝起きのボーっとしているときに、目ヤニを取るので精一杯。。。

ウィルスメール

あまり珍しくもないかもしれませんが、今日、とりアタマのパソコンにウイルス付きと思われるメールが届きました。

それが、結構やらしい感じのメールです。

「メールがうまく送信できなかったときに届くお知らせ」の体裁をとったもので、いわゆる「偽装MAILER-DAEMON」というやつです。

うちには送信者「Mail Delivery Subsystem」で、届きました。もちろん添付付き。

とりアタマは今日一度もメールを送信していないのに、添付つきでMAILER-DAEMONが来るなんて、コリャ怪しいと直感して削除しました。
一応、プロバイダにも問い合わせたところ、正常なMAILER-DAEMONなら、時間を置いて届くということはありえないそうなので、やはりウィルス付きメールと見るべきなのでしょう。

調べてみると、結構はやっているみたいです。
参考までに、ここもご覧ください。


上記サイトの説明によりますと、とりアタマのメールアドレスをアドレス帳に登録しておられるどなたかのPCが、ウィルスに感染している可能性が大です。お心当たりの方、早めのウィルス検索をお勧めします。


知らない人からのメールはあけないのが常識でしょうし、知っている人からのメールでも予告無しの添付付きなら、とりアタマは開けません。でも、「Mail Delivery Subsystem」とか言われたら思わず開けてしまいそうになりました。今日たまたまメールを出していなかったので、怪しいと思えたのが、ラッキーでした。

このほかにも「failure notice」のパターンで来ることもあるようです。皆様、くれぐれもご注意を!!

それと、プレビューウインドウを開きっぱなしにしているYちゃん!笑い事じゃないよ。5秒で開封なんて自殺行為だよ。閉じとこうよ~(私信です)。


嫌な話題だったので、なごみの一枚を。utouto

な、何かいる?

念のため、今日は心霊ネタではありまあせんことよ。(昨日も結局心霊ネタじゃなかったのだけどさ。)


ベットの上にたたんで置いといたとりアタマの羽毛ひざ掛け。
naninani?


よくよく見ると…

ten?




アビ介イン。nani?




unyu?
危ねー、危ねー。うっかり座るとこだった。。。






オマケ写真

買っちまったぜ。
uwasa

心霊現象2

さて、引き続きはっちゃんちの怪現象についてだが。


まず、この写真をごらんいただきたい。
夜中に勝手に点いたとされるシンク上の蛍光灯である。

よーく見ていただきたい。keikou

わかりますか?


よくわからないという方のために、もう少し寄った写真を。。。


yori


これで見えるだろうか?画面中央。よ~く目を凝らして御覧ください。



何?まだわからない?


これだよ、これ。
kore!



蛍光灯のスイッチになっている「ひも」の先についているプラスチック。何だか変な形と思いません?

本来は、こういう形のはず。himo
一体何故、シンクの上ひもスイッチだけが、こんな形に?






さあ、データは出揃った。皆さん、推理してみてください。



「夜中に点いたり消えたりする蛍光灯」「ひもスイッチ」「奇妙な形になってしまった小さなプラスチック」


幽霊の正体は!?



お前だ!



yuutann
「ん?」じゃないってばさ、ゆうたん。。。夜中にシンクの上に上がって、蛍光灯のひもにじゃれるの止めなされ!






いやいや。解決してよかった。「ゆうれい」じゃなくて、「ゆうたん」が犯人だったのね♪
お粗末さま~♪




osikari

…うん。はっちゃんにも、このネタで2回も引っ張るか!って怒らりた。。。


追記:ジョルままさん、大真面目で読んでくれていたのにゴメンね~。本当の怖い話はまた次の機会に。ネタいっぱい持ってます♪

心霊現象

とりアタマは怖がりだけど、怖い話は大好きだ。

子供の頃、母が止めるのもきかず、髪の毛が伸びるお菊人形の特集をテレビで見て、家に置いてあった「市松(いちま)さん」を直視できなくなったりしてた。とりアタマの育った家は阪神淡路大震災でつぶれてしまったが、この市松人形は無事救出できて、今でもとりアタマ家にある。仕舞い込んじゃってるけどね(だってやっぱり、ちょっとコワイのよ)。
あ。ナウなヤングのために言っておくと、市松人形というのは大きめの日本人形。本来は抱き人形だけど、これが微妙にリアルなんだわ。参考までにこういうの



kyouhu
(写真と本文は一切関係ありません。)



ええと。話がそれた。市松さんの怖い話はまたの機会にして。



12月にとりアタマの2軒となりに引っ越して来た、幼馴染のはっちゃんちですが。
ちょっと、色々あるんです。


彼女の家は2階が主な生活空間になっていて、一番北側に台所、そこから和室が二間続いている。台所と和室の間はガラス戸。和室同士はふすまで仕切られているけれど、上に欄間が切ってあるので台所からの光が漏れてくる。

そういう状況を踏まえて。

彼女が夜一番南側の和室で寝ていると、欄間から光が漏れてくるらしい。ふすまを少し開けてみると、台所のシンクの上の蛍光灯が点いている。はっちゃんは単純に「消し忘れた」と思って起き上がって消した。

そして、深夜、再び目を覚ますと。。。

また光が漏れている。。。

「さっき、確かに消したのに!」さすがに怖くなったはっちゃん、布団をかぶって知らないフリを決め込んだ。

果たして、翌朝。シンク上の蛍光灯は消えていた。


みなさん。はっちゃんは夢を見たのだと思いますか?
はっちゃんは一度目のとき、確かに起きて電気を消したというのだけど。(この話、明日も続きます。)


kowaikomu
(写真と本文とは一切関係ありません。)





ところで。全然関係ない話なのですが。

昨日の日記で「ぢごく猫のせいで腰痛だ腰痛だ」と訴えていたら、どうやら「ぢごくタス通信」か何かでアビ介にもその情報が届いたらしく、昨夜は秘密基地から遠征してこなかった(^-^)。

昨夜は手足をゆっくり伸ばして、寝返りも存分に打ちながら寝たので、目覚めスッキリ♪

今晩も遠征してこないという保証はないのだけどね。


hihihi
マジ、怖いから止めてアビ介。


hi-hihi
止めろってば。





腰が。

今朝もとりアタマは腰が痛い。
ぢごく猫のせいだ。

ぢごく猫は夏は廊下で、春と秋はとりアタマのベットで、冬は秘密基地で眠る。だから春と秋はとりアタマにとって受難の季節だ。ぢごく猫はとりアタマの股の間か、フトモモにもたれて眠るのが好きなので、寝返りを打つことが出来ずに腰にきてしまうのだ。

冬に秘密基地を設置するとそちらにおこもりするので、とりアタマはセミダブルベットでゆうゆう眠れる。。。はずなのに。どうしたわけか、今年は夜中に秘密基地からとりアタマのベットに遠征してくる。

お願い。ヤメテ。


昼に撮った写真だけど、大体アビ介はこの位置に陣を張る。jin




そうすると、とりアタマはここで、jinnti
体を棒のように細くして眠ることになる。

それか、こっち側で、kotti
乾燥途中に何かの間違いでひん曲がったミイラのようになりながら眠る。

どっちにしろ、背中が微妙に布団からはみ出て、寒いことこの上ない。

アビ介の体重は3キロちょい。ネコとしては軽いほうだし、1匹だけだ。これで苦情を言っていたら「こうたんちのムツコさん」や「茶太鈴んちの母様」に笑われそう。。。

でも。

たまには大の字になって寝たいよ~。



tyuui
ダメですか?

何故だ。。。

先日とりアタマ父が知り合いのお通夜に出席した。場所は兵庫県北中部。割と田舎であることは確かだ。

で、祖供養で色々いただいてきたのだが、その中にこういうものがあった。

naze?


お饅頭のように見えるけれど、実は砂糖。赤い方も容器が赤なだけで中身は上白糖だった。

けど。

何故に赤?
下の紙は青い線なんだけどさ。

亡くなられた方が年配の方だからかな?でも、赤。。。って。

御葬儀は宗教的な問題だけでなく、その土地土地の慣習とかがあるから、何か事情があるのだろうなぁ。ご存知の方いらしたらちょこっと教えてくださいませ。

それにしても。ああ、びっくりした。



オマケ写真。


平成7年生まれ。貫禄のチコちゃん!tiko
…マダム?


手に入れた!!

ワンの話ではなく。
ニャンの話でもなく。

きわめて個人的な趣味の話なのですが。。。


探していた本を見つけた!!!

ずっと欲しかった絵本。しかも出来ればネットで注文するのではなく、偶然本屋で見つけたかった。

やたっ!!


長新太だぁ。



「ちへいせんのみえるところ」
tihei



「えをかく」
ewo


欲しかったのは「ちへいせんのみえるところ」。
でも、「えをかく」もすごいなぁ。。。谷川俊太郎とのコラボがいいなあ。



長新太さんは、人によって好き嫌いがはっきりする絵本作家さんだけど、とりアタマはむちゃくちゃ好きだ。
昨年亡くなられたのでもう新作は読めない。だから発表された作品を何度も何度も開いて読む。

全然飽きない。





こんな絵を描いてみたい。




それでも女の子

フランですが。

とりアタマ家にやってきたのが昨年の7月9日。もう半年が過ぎた。アビ介ともすぐに仲良くなって、すっかりとりアタマ家に馴染んだフラン。一月ごと、いや、1週間ごとにベロンベロンと脱皮してオドオドビクビクしたワンコから本来のやんちゃ娘に戻っていった。



でもねフラン、はっきり言おう。そこまで戻らんでよろしい。。。



女の子なのに勢いがありすぎるのな、フランは。
そんなだから、フランが受けたのは避妊手術ではなく性転換手術だったってな噂が立つんだよ!




今やご近所のお友達ワンコでフランの相手をしてくれるのは「シンちゃん」と「小麦くん」ぐらい。

フランがラブラブコールを送っていた、カイ君、ゼウス君にも見事に振られた。カイ君は最近遠目にフランを見つけると自らわき道に入って避ける!!

フランがとりアタマ家に来て最初の散歩で出会ったのがカイ君。kai
お互いに緊張しながらもいい感じだったのに。


年上のカイ君にお尻の匂いのチェックを受けるフラン。hanna
この頃はおとなしく他のワンコにお尻を向けていた。



iikannji
い~い感じのツーショット。それが今は。。。カイ君お願いカムバック!!


とにかくフランはしつこいのだ。図体は一人前なのに子犬のように「遊ぼ、遊ぼ!」と際限がない。それで、大人ワンコは途中でイヤになって離脱する。トコトン付き合ってくれるのはまだ若いシンちゃんくらい。
小麦くんは優しいから付き合ってはくれるけど、心から楽しんでいる感じじゃないものなぁ。



たいていフランから仕掛ける、「戦いごっこ」。komugi
小麦くん、耳が引いてます。。。


フラン、容赦なく仕掛ける!空気を読めよ。。。yaa





逃げてもトコトン追いかける。ei
そりゃたいていのワンコは避けるようになるわな。


uo
小麦くん、フラン。すごい顔になってるよ…。聞こえてる?


tou
しつこいようですが、フランは股関節がはまっていません。何故、後ろ足立ちできる!?

いつまでも遊びたいフラン。いいかげんに散歩に行きたい小麦くん。でも小麦くんは優しいからフランに付き合ってくれる。
hyaha
ありがとね。


otukare
うんうん。わかるよ。迷惑かけるねぇ。


でも、遊んでくれるワンコがドンドン減っているのよ。小麦くん、年も近いことだし末永くふーのことをよろしくね♪

mimi
耳、ねてますけど。そんなにヤですか…?

ミントちゃん

とりアタマの学生時代の友人Yちゃんが、昨年秋からワンコを飼い始めた。ヨークシャーテリアの女の子でミントちゃん。現在6ヶ月。。。

Yちゃんは、とりアタマと違い、まっとうに結婚していて一卵性のハンサムボーイズのママでもある。ハンサムボーイズは現在小学校5年生。
もう、ミントちゃんにメロメロのようだ。ワンコまみれの人生の始まりだねぇ(^-^)。

そのYちゃん家族がとりアタマ家に遊びに来てくれた。




ミントちゃん。minto
こうしてアップで見るとそこそこ大きく見えるが…



ふーと一緒に写すとこんなん。。。foo&minto

ミントちゃん、現在推定1.5キログラム。多分フランの頭のほうが重いな。



まだちょっとぎこちない仕草でミントちゃんを抱っこ♪minto2



フランは意外と小さいワンコに優しい。同じ犬だと認識していないのかもしれない。



問題はこのお方。

ohenji
ぢごく猫。


アビ介、現在3.3キログラム。大きさはそんなに変わらないが、体重は倍以上。がっしりした骨とキュッとしまった筋肉がついているから、結構重い。

当然、アビ介はとりアタマの部屋に隔離となりました。
大丈夫だとは思うのだけど、ミントちゃんがネコトラウマになっちゃうと大変なのでね。

ただ、Yちゃんとハンサムボーイズのリクエストにより、ミントちゃんを車に乗せてから、アビ介を解放した。いつもこのブログを見ていてくれて、実物のぢごく猫を見たかったのだって。物好きな…。



絶対に動かないようにしつこくお願いしたので、直立不動になっちゃったハンサムボーイ。ugokanai
アビ介、シッポが微妙に膨らんでおります。初めてのお客には関空の税関職員なみにきびしいぢごく猫。。。

アビ介チェック中…check1


チェック中…check2


チェック中…check
ホントしつこいな君…。



ミントちゃんがもう少し大きくなって、いろんなことがわかるようになったら、アビ介とご対面させてみようかな。アビ介は小さいワンコを見たことがない。どんな反応するだろう?



na?




やっぱ、止めといた方がいいか。。。




ノロ騒動の御報告。

とりアタマ、無事回復いたしました。どうもノロではなかったようです(単なる胸焼けだったみたい。お騒がせしました。)。昨日の朝はまだちょっと気分が悪かったのですが、昼頃から猛烈な食欲が出てきて、おかゆ4杯ほど食べました。

1杯目は刻んだザーサイ入れて。
2杯目はいくらのっけてわさび醤油をたらして。
3杯目はちりめん山椒で。
4杯目は。再びいくらで(いくらがゆがすんげえうまかったの♪)。

すでにこのおかゆは病人食ではない。。。
なんだかおかゆにはまりそう。今日も炊いちゃおうかな♪





ノロか?ノロなのか!?

昨日はとりアタマ父が出張で家に帰らず。晩御飯はいいかげんでいいや、と残りごはんをチンして、頂き物のハムを分厚く切ってハムエッグなど作って食べた。

すると、どうしたことか。

吐きそう。


吐く。


吐いた。。。



朝方さわやかな話題でごめんなさい。。。


年末年始、衛生管理は徹底していたのに。。。今日だって、火の通ったものしか食べていないのに。
まさか、ノロウィルスさん?



しかし、とりアタマが調子悪くなる30分ほど前、ぢごく猫アビ介がコタツの中でひどくえづいていた。えらい勢いで夕食を食べたので、胸焼けしたのかと思っていたら。。。実は「ぢごくウィルス」か何かに感染していたのかしら?ひょっとしてうつされた?


hutyou

どういうわけか、とりアタマが調子悪くなるとほぼ同時に、回復したぢごく猫。「ぢごくウィルス」は人にうつすとよくなるらしい。


ちなみにフランは今のところ病気とは無縁。持病は多いのにやたら元気で結構なことだ。

gajigaji
とりアタマが便器と仲良くなっている最中も、ご機嫌でオヤツをガジガジ。。。フリだけでもいいから心配してよ。。。


一晩あけて、アビ介全快。フラン、元からぜっこおちょー。とりアタマ…まだちょっとムカムカ。。。恐るべし「ぢごくウィルス」。

じゃがじゃが!

お話しは年末に戻ってしまうのだけど。

12月の30日、いいかげん暮れも押し迫っりきった頃、ココちゃんちの畑のジャガイモを収穫した。その少し前にえらい寒波が関西をおそい、霜がびっしり降りたり、粉雪が舞ったりと本来春作が基本のジャガイモさんには過酷な天候が続いていた。
でもって、これまた本来いいかげんな性格のとりアタマは、「寒さ対策してやらなくちゃな~」とか考えながらも、一日伸ばしにしてしまっていた。

果たして、ジャガイモさん、霜に当たって全滅寸前。。。

霜に当たってしわくちゃになった葉は回復しない。枯れるのを待つだけ。それならばと、ためしに根元を掘り起こしてみると。。。


おお。出るわ出るわ!!豊作じゃないか!!


黒い土から顔を出す、白いジャガイモ。jaga
皮が薄い!真っ白!


imo
1本の茎を引っ張ると、これだけ出てきた。探せばまだ埋まっているかも。

結局、シンちゃんママと小麦母さまにも御協力願い、日が暮れた畑で芋ほり大会と相成りました。何せ、30日だったもので、この日しか時間が取れなかったのよ。


一畝、10本ほどのジャガイモ畑から、計64個の収穫。jagajaga


本当はジャガイモは葉が黄色くなりかけた頃に収穫するのが良い。今回の収穫はちょっと早かったが、ちゃんと大きなお芋になっていた。大地に感謝。ココちゃんのママにも感謝。収穫を手伝ってくれた、シンちゃんママと小麦母さまにも大感謝。

とりアタマ家ではこのジャガイモは正月にトリの丸焼きの付け合せにして食べました。シンプルにベイクドポテトにしてね。甘くてびっくり。ジャガイモって甘いのね~。




多分まだ取りこぼしが埋まっていると思うのでまた回収に行きます。




オマケ写真。

秘密基地を再設置してもらって、全身で喜びを表現しながら寝こけるアビ介。
kiti

…無防備すぎる。。。兄貴でなくてもいちびりたくなるな。特に、うっすらと見えている乳首のあたりをいぢくりたい♪噛まれるからとりアタマはしないけど。。。

緊急です。

この記事をしばらくトップに固定します。ご覧になった皆様、ダメモトの声かけ運動よろしくお願いします。 
日々の日記はこの記事の下からどうぞ。



新情報:小麦母さまのコメントにもありますが、命の期限は延長されました。ホッ。ただ保護主さまは、ご家庭の事情で長期の飼育が困難な状態です。引き続き、里親募集しておりますので、声かけお願いします!










突然ですが。
保護ワンコの飼主さん募集です。

2日ほど前、六甲のふもとの町で保護されております。詳細は上がってきておりませんが、2ヶ月くらいのMIXで女の子。シェルティのような模様があるそうです。将来は中型権程度の大きさになると考えられています。

写真があがってきましたらUPします。しかし問題は命に期限が付けられていること。最短で木曜日が期限です。何とか伸ばせないか小麦くんの母様が色々がんばっておられます。

ダメモトでもいいです。いろんな人に声をかけてもらえませんか?




追加情報です。

まずは写真を。
koinu1



koinu2

携帯画像なのでちょっと荒いですが。まだ本当に子犬ですね。


獣医師さんの見立てによると、18キロ~20キロくらいになりそうということです。顔はワイヤーテリアっぽくカールしていて、柄はシェルティ様らしいです。

ただ、これは私見ですが。獣医さんの見立てはよく外れる!!MIX犬の大きさを予測するのは本当に難しいのです。

また追加情報ありましたらUPします。
興味のある方コメントお願いします。

はじめてのお正月

フランは推定で3~4歳。だからお正月が初めてってわけではないのだが、こんなに大勢の人が集まる賑々しいお正月はきっと初めてに違いない。

年末から、「いっぱい人が来るからね」と言い聞かせてはいたが、当然覚えてるはずない。

ただ、皆ワンコ好きだし、フランに会うのも2度目3度目という人がほとんどだったので問題はなし。フランも基本的に人が大好きなワンコだしね。


でもねぇ。物理的にねぇ。場所をとるのだわ、フランは。。。


じゃまっけにしたわけではないのだけど、自主的に台所に避難したりして。
daidokoro
こういうときには、何かアビ介と気が合ってるみたい。




基本的にはいつものドッグベットがフランの定位置だけど。。。teiiti



秘密基地を強制撤去されて、たそがれているアビ介がドッグベットを占領してしまったので。。。senryou



仕方なく、無理矢理割り込んで二人で使ってみたりして。muriyari


上から見るとこんな感じ。nakanaka
ふーもなかなかやりますね。


宴会中もフランは食べ物をねだることもなく、かなりおりこうさんだった。とりアタマ家では年に2,3回このような宴会が催されるので、こういう風にフランがおりこうだととっても助かる。

フランが我が家にやってきてほぼ半年が過ぎた。

これからもよろしくね、ふーちゃん。





オマケ写真。

「うすのろのバカ」というトランプゲームで、子供が取ったミカンを力ずくで奪い取ろうとするとりアタマ兄。
ryakudatu
…兄ちゃん、兄ちゃん。ええかげんにしなはれ。

そのときぢごく猫は…

年末は30日からとりアタマの兄貴一家がやってくる。兄と義姉と甥っ子だ。兄はワンもニャンもOKだが、いちびるので嫌われやすい。
(ところで、「いちびる」って標準語?意味わからない方コメントくださいね。)
義姉は穏やかで優しい人だ。兄と違って無茶なことを絶対しないので、ワンにもニャンにも好かれている。
甥っ子は小さいときから、ワンとニャンに全く興味なし。しかしそのためとりアタマ家のワン・ニャンとはいい距離感を保てている模様。



とりアタマ家のぢごく猫アビ介は、お客には厳しい態度をとることが多い。しかし、どういうわけか兄貴一家には寛容だ。義姉はもちろん、甥っ子にも攻撃を仕掛けることはない。兄にいちびられたときに、反撃するが、それも一過性のものだ。


宴会の最中、義姉のひざに乗るアビ介。dakko

甘えるフリをして、実はテーブルのハムを狙っているのは明らか。

ほら。hamu
ね?


だが、兄貴一家が来るとアビ介の立ち入り禁止エリアができる。兄貴夫婦が寝泊りする部屋は基本的に立ち入り禁止。今回は他の親戚の子供も泊まったりしたので、とりアタマの部屋も立ち入り禁止になった。哀れにも、秘密基地も撤去されてしまった。


リビングで一人たたずむ、アビ介。hitori



ore



kodoku


騒がしいのがイヤなら、父の部屋に行けばいいのに、絶対行かない。人が集まるリビングの隅でひそかに自己主張なさるのだわ。

ten
なに、そのもの言いたげな目つきは?

そんな顔するから、とりアタマ兄がちょっかいをかけに行ったりするのだわよ。

こんな風に…。ani



まぁとりあえず、ぢごく猫が誰かを怪我させることもなく、無事三が日を乗り切れたので、よかったよかった。



それにしてもアビ介は最後まで11人がひしめき合うリビングから出て行こうとしなかった。普段は大人二人と比較的静かな環境で暮らしているが、案外ぢごく猫は賑やかなのが好きなのかもしれない。


宴会も終盤戦。ちょっと人が席をたった隙にちゃっかりと椅子を手中に収めたぢごく猫。
isu
さすがに気疲れしたのか、テーブル上のトリのモモ肉にも気づいていない様子。

子供たちがゲーム大会で大騒ぎしている最中、爆睡モードに突入。bakusui
ホンマ。さすがぢごく猫。

今年もブイブイ行こうぜ。

あらためまして…

あけましたおめでとうございます。


ああ。

とにかく、年間行事の一つ目(親戚集まっての新年会)が終わったぜ。

とりアタマは、全部で10人分の料理を作ればいいのだと思っていたのだけど、数えてみたら11人。。。


あ。自分を入れてなかった。。。


さて、では年末から仕込みをはじめて、30日と31日で怒涛の勢いで仕上げたとりアタマ家のおせち料理、見てやってくださいませ。

oseti


写真の右から、「ローストビーフ」。その下が「海鮮散し寿司」。その左が「なます・ゆり根の炊いたん(京都弁すね)・エビとタコのマリネ」。中央の六角重は右上から「栗きんとん、カマボコ、伊達巻、青梅の甘露煮」。下が「煮卵、鯛の子の炊いたん、蕗と筍の煮しめ、ブリの照り焼き、車えびの炒り焼き」。左上が、「金柑甘露煮、リンゴのきんとん、数の子、杏の蜜煮、田作り、いくらのゆず釜」。左の丸いお重は控の重で、「数の子、田作り、黒豆」。

ああ。あとデザートに、ドライフルーツのラム酒付けでバターケーキを焼いて、杏仁豆腐を作ったな。


伊達巻とカマボコは買ったもの。伊達巻はとりアタマには無理だもん。
お重のひとつを散し寿司で埋めてしまうというウラワザを使ったけれど、何とかお重を全部埋めたぜ!お重の詰め方のルールは完全無視だけどね。誰も気にしてなかったからいいの。。。


これだけの量を、とりアタマ家の早昼食と、親戚10人集まっての夕食会で、控の重以外はほぼ完食!!人数多いとなくなり方も豪快だわ。

と、いうわけで。2日の夕飯の支度をすでに考えなくちゃいけなくなったとりアタマ。




誰か助けて。




年末にコメントくださった皆様。
このように料理ばっかりしていて、お返事を書けておりません。申しわけないです。今日明日中にちょこちょこ書きますので、見捨てないで~。



御挨拶

あけましておめでとうございます。


本年もとりアタマ、アビ介、フランをどうぞよろしくお願いいたします。



まずは、新年のご挨拶まで。。。


今日は親戚集まっての宴会だ~!!

今から当日仕上げる料理にかかりまする。ちゃんとした更新は後日後日。。。

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。