FC2ブログ

収穫!

昨日「ココちゃんちの畑」に作業にいったら、ちょうど小カブとチンゲンサイが収穫期を迎えていた。チンゲンサイはしばらく余裕があるが、小カブはあまり放っておくとコガネムシの幼虫にかじられたり、割れたりしちゃう。
本当は小カブを作っているのはKさんでとりアタマはお手伝いをしただけなのだが、僭越にも先に一株抜かせてもらった。
ほら、デキを見るために。仕方なく、ね。(いいわけ、いいわけ…)

kabu
白い肩が見えてる。これなんか採り頃だね。え、盗り頃?


kokabu
立派だあ( ゚Д゚)。今日スーパーで見たのより、厚みがある。


kirei
でもって、とりアタマ家に連れてこられた小カブ。やはりちょっとだけ何かの幼虫にかじられていたが、気にしない~。

超新鮮、ぬきたて小カブなので、ここは生でいただくことにした。まず半分だけ。最もシンプルに、厚さ1~2ミリでいちょう切りにした大根に軽く塩を振って数分置く。これで料理か?というようなシンプルさ。本当は大根でする料理で「涙だいこん」とものの本には書いてある。塩をふることによって出てくる水分を涙に見立てているのね。
ようは、重石を置かない浅漬けです。

namida
ボケてますが。切って塩をぱらっとふるだけ。降りすぎに注意!


sittori
ちょっと置くと水分が出てテカってくる。シンプルなので素材の味がよくわかる。こってり料理のはし休めや、酒のつまみにどぞ。。。


残りのカブは歯ごたえを楽しむため、やや厚めのいちょう切りにして、レモン汁とマヨネーズでサラダに。これも料理とは言えんな。

sarada
トマトを添えて紅白にしてみました。めでたい(^-^)。

当然カブは葉っぱもいただく。おじゃこと一緒に油いため。とりアタマは塩で味付けしないで、中華のスープの元を少しだけ入れていためる。

白いごはんにムチャクチャ合う。辛いのが好きな人は鷹の爪をちょっと入れてもいいかな。itememono


塩を振ったのはしんなりして塩気とカブの甘みがいい感じにマッチ。厚めに切ったサラダはしゃきしゃきしてこれまたダイレクトに甘い。
葉っぱの炒め物はこれだけでごはん2杯くらいいけます(というか、いっちゃった…)。大変おいしくいただきました。作っていたKさんよりも先に。すみません、Kさん。じゃがいものときにはお先にどうぞ。って言っても、採れるかどうかわかりませんが。


さて、とりアタマ家の庭でプランター栽培されてた「からし菜」くん。そう、青虫が毎日何十匹も収獲できたあのからし菜です。すでにとりアタマはあきらめた。生まれてはじめてからし菜栽培に失敗ですわ。敗因は、いつまでも暖かくて蝶が思う存分卵を産み付けてくれやがったこと。そして、とりアタマが面倒くさがって、防虫用の寒冷紗をかけなかったこと。無精者に制裁が下ったというわけだな。

今、プランターは青虫越冬のための避難所と化している。

ほら。ムチムチ。aomusi


数日前青虫取りをしていて、十数匹の青虫をまさに足で踏んで殺そうとしたときに、ふと我に返り、「こんなに寒くなるまでがんばっている青虫を殺すことはないか」と悟りを開いてしまった。地面に転がった青虫をもう一度からし菜の葉っぱに戻してやり、それからは青虫殺生はしていない。

これで理屈の上では、とりアタマが地獄に落ちても、数十匹分の青虫の糸が垂れ下がってくるはず。でもって、「さあ、皆でがんばって登ろう」とでも言っておけば、極楽までいけるはず。。。なんだが。

それまでに何百匹も青虫殺生しておるのをスルーしてもらえるかどうかが問題だな。




あ、今日はワンもニャンも出てない。これはいかんですね。


ちょっと前の写真ですが。
aby



foo


いかにも帳尻合わせのような写真の出し方ですみません。。。



スポンサーサイト

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ