スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪邸で家庭菜園

何のことやらとお思いでしょうが。


ハンナ時代からのお友達に、ココちゃんというイングリッシュセッターのお嬢様がいらっしゃる。それはもう深窓の令嬢でございまして、高級住宅街の豪邸にお住まい。で、その豪邸の道を挟んで向かいの土地をココちゃんちがご購入された。息子さん宅でも建つのかなと思っていたら、なんとバラ園と家庭菜園が出来てしまった。


ココちゃん。セッターらしく鳥を見るとすごい集中力を見せる。coco
大人なので落ち着いていて、フランなど相手にもされない。



ココちゃんママはすごくおおらかな方で、とりアタマをはじめちょっと土いじりが好きな散歩友達に、この家庭菜園を貸してくださっている。ただ貸すだけでなく、日々の水遣りとか、害虫取りとかこまごま世話をしてくださって、とりアタマはほとんど何もしていない。すみません、ココちゃんママ。

でもってとりアタマが何を植えたかというと。
ジャガイモ。
秋植えで早春に収穫するものだ。植えたのが10月9日だから、秋植えにしたら相当遅い。正直言ってかなりムチャクチャだ。でも地球も年々ぬくくなっているというし、まぁいいかとダメもとで植えてみた。



畝に元肥をいれ、種芋を放り込んで土をかけ、マルチングする。jaga


先日、ココちゃんママから順調に育っているよと連絡を受けたので、芽かき(たくさん出た芽を2,3本に絞ること)をしにいってきた。なるほど怖いくらい順調に芽が出て元気に育っている。やはり地球は温暖化しているようだ。実感すると結構恐ろしいな。


成長したジャガイモの芽。jagaimo



とりアタマの家庭菜園に対するコンセプトはズバリ「食費を浮かす!」。これに尽きる。無農薬も、有機栽培も大事だけど、買うより高くついたのでは意味がない。とりアタマは根っから関西人なのですわ。

そういう意味ではジャガイモは収穫率も高く、荒地でも結構育ってくれるのでとりアタマ好みなのだが。秋植えは初めての経験。どういう結果になりますか…。「種芋で肉じゃが作った方がマシだった」という結果にならないことを祈っていてください。




今日は、ワンニャンの写真が少なかったので、オマケです。


さあ皆さん、御一緒に♪


眠くな~れ、眠くな~れ。。。
nemu



ほらほら、ドンドンまぶたが重くなってきた…。nemunemu




さあ、ベットにれっつご。nemunemunemu



(デンデくん、ぬくぬくして寝んね。でもって、おきたら日向ぼっこだね。元気になあれ!)
スポンサーサイト

攻防

フランはドッグベットにすぐ慣れた。寝てみると相当具合がよかったらしい。日中はリビングの掃き出し窓のそばに、夜間は廊下に置いてやることにする。

すやすや。bed


ところが。ここで問題発生。

ずばり、コイツである。



ぢごく猫ぉ~!!kaiteki


君にはハンナから相続した直径90センチもある立派なドッグベットがあるでしょうが!椅子の上にも、ソファの上にも自由に上がって寝られるのに、どうしてわざわざフランのベットを取るかな!?


なぁ、聞いてるの!?nemu
キミね…。


それ以来、ドッグベットには常にアビ介の姿が。



お外を眺めたり。osoto



爆睡したり。ku-ku-



何かわからんけど、御機嫌だったり。gokigen



完全に自分のものだと思ってらっしゃる。oreno



こういう場合、とりアタマは介入しないことにしてるので、当然フランはアビ介相手にどうすることも出来ず。foono
恨めしそうに眺めるだけ。。。これも力関係だしなぁ。ちょっとだけ我慢しな、フラン。もっと寒くなったらアビ介はヒーターのそばに行くから、と慰めにもならないことを言ってみる。


ところがフランもなかなかやるもので、わずかな隙を突いて、ドックベットを奪還したりして。
dakkann



foonoya
よかったね。すぐまた奪い返されるのだろうけど…。
この攻防はいつまで続くのか。ヒーター点火まであと何日くらいかなぁ。



(デンデくん、朝晩寒くなってきたね。おかあしゃんと一緒に寝んねしてるの?ごはん食べてる?がんばろうね!)

冬支度

朝5時起きの散歩がなかなか寒くなってきた。日中は結構暑くなるので、服を選ぶのに困る。
人間は衣服で調整できるからいいが、ワンコニャンコはそうはいかない。今まで玄関のたたきで寝ていたフランが、ふと気が付くと風呂場に敷いたトイレシーツの上で丸くなっていた。すんごいわびしい感じ。ゴメン、そんなに寒かったの?


そこで、ドッグベットを購入!とりアタマの趣味に合う大型犬用のドッグベットを扱う店がなかなか見つからなくて、結局L.L.Beansの通販を利用した。「アメリカからのお取り寄せになりますので、2週間ほどかかりますぅ」ですと。。。何だか大変なのね。

で、ついに到着!!


ほらほら、フラン。かっこいいのがきたよ~。??何をきょとんとしてるの?うっ。ひょっとして、ドッグベット知らないのか?
bed



dogbed
そうそう。これはふーが寝るところだよ。もう寒くないからね。


しかし、しかし。やはりフランはドッグベットなるものに慣れていないらしく、警戒して乗ろうとしない。いや、そもそもその上で寝るものだということもわかってるのだかどうだか…。

とりあえず、フランの寒さ対策に使っていた古シーツの四つ折りをベットの上に乗っけて、ここは寝るところだと説明してみる。

納得したのか、しないのか。。。
ehe!
ちょっと微妙だけどとりあえず半身は体を乗っけてくれた。うれしそうなのはうれしそうなんだけどな。


そのうち気分もよくなってきて…muhu~n



いつの間にか、気持ちよさ気に寝てらっしゃる。。。nukunuku
そうそう。これで冬も快適に過ごせるね。。。と考えていたのだけど。ちょっと甘かったかも。その理由は後日、また。


(デンデくん、お友達と仲良くしてる?ウンチもバンバン出してるかな?がんばあれ!脱走しちゃダメだよ。)




異変

当ブログに遊びに来てくださっている皆様に緊急告知です。

天変地異に気をつけてください。地震?雷雨?いやいや、太陽が突然巨大なフレアを放出して、電磁波の影響により地球上のパソコンが全部ぶっ飛んじゃうかもしれません。


だって、アビ介がとりアタマのひざの上で甘えた。。。


これはおかしい。何かあるはず。


amaama
思わず落ちそうになるアビ介を支えてしまってる自分か悲しい。完全に下僕ですな。


nani?
あ、すみません。動いたらダメですよね…



nobi
え~と、完全に寝る体勢でしょうか?とりアタマは右手しか自由にならないのだけど。…あ、右手が動かせるだけでもありがたく思えってことね。


maru
爆睡モードに突入。あ、足しびれてきた。。。腕も固まってきた…。こ、腰がぁ…!




nete
寝てます…。腕枕です。


appu
…確かに、かわいいんだけどね。しかし、時間にして45分。とりアタマ、そろそろ限界に近づいております。ちょっとだけ腰を動かしたいけど、そんなことしたら起きちゃうし…。いや、起こせばいいのだけどさ。何年かに一度の超常現象だからもったいない。。。

受難は続くよ何処までも♪

皆様、避難袋の定期チェックをお忘れなく。


(デンデくんはおかあしゃんにちゅぱちゅぱさせてもらってるのかな?かわいいお友達(だよね?)が出来てよかったね。がんばってごはん食べようね。)




ばればれ。

普段、フランがとりアタマの方を見るときは、大体こんな顔。



foo


あと、こんな顔とかね。

foo


まっすぐこちらを見つめてい~いお顔でしょう?


でもって、とりアタマに何か隠し事があるときの顔はこんな顔。


dokidoki



……わかりやすすぎる。



ふーちゃん、何かイタズラしたやろ?

dokidoki2
とぼけても無駄。ちゃんとふーの顔に書いてあるの!

玄関の方に行ってみると、心配そうに後をついてくる。


dokidoki3
心拍数上がってますな。


ああ!これは何?一体ダレがこんなことを!!



とりアタマのジーンズ用のベルトが何故か玄関に。しかも歯型がしっかりついている!beruto


フ~ラ~ン~!!

gomenntyai
怒られるのわかっていて、何でこゆことするかな!?



ちょうどこのときシンちゃんママがやって来たので、お説教は中断(あとでネチネチ再開するの。ホホッ)。

uttae
シンママに助けを求めるフラン。


uso
ウソをつくな、ウソを!シンママ相手にしないでいいからね~。



今日のオマケ。
朝のニュースで、東京方面では朝方空に虹がかかっていたといっていた。もう半月近く前だけど、とりアタマの家の近所でも朝に虹がかかった。虹っていうのはたいてい夏の夕立の後に夕日に照らされてかかるものだと思っていたのでちょっと驚いた。朝日で浮かび上がった虹はぼんやりはかなげ。なかなかよいものを見させていただきました(^-^)。


画面中央なんだけど、写真でわかるかな~。niji

虹が出たのは北方向。北に出る虹というのも生まれてはじめてみたなぁ。


(デンデくん、冷やっこくなってきたね。風邪引かないようにね。ウンチいっぱいするんだよ!元気になあれ。)

フラン語

フランがとりアタマ家にやってきて、3ヶ月と半月。
いまやすっかりとりアタマ家に馴染んだフランだが、実はフランが来た当初非常に困ったことがあった。
追い鳴き?いえいえ。覚悟してましたから。
オシッコの失敗?まぁ先住犬でも経験したから困ったというほどでもないかな。
そういうワンコと暮らす上で普通に生じる事態ではなく、実は…。
フランには関西弁が通じない。これは困った。フランは愛知県で保護されたわんこだからね。とりアタマや父が普通に話しかけても、今ひとつぴんとこないらしく、反応が鈍い!
「イントネーション、もっと平坦にしたほうがええのかな?」と大真面目でとりアタマと父は話し合った。しかし生まれも育ちも神戸の、神戸弁丸出しのとりアタマ家でそんなことが出来るはずもなく、早くフランが馴染んでくれることを祈るばかりだった(実は神戸弁は微妙に大阪弁と違うのよ)。
そして、3ヵ月半。ふと気が付くと、フランは見事に関西弁に反応し、関西弁をしゃべる(わん・にゃん飼いの人ならわかってくれるよね。わんこやにゃんこって、しゃべるよね!!)。

foo



この間の運動会では、普通に関西弁をしゃべるのでびっくりした。いつの間にか馴染んでるなぁ。


ちなみに小麦くんも、シンちゃんもちゃんと関西弁です。
komugi
朝の散歩でたまたま会って、とりアタマ父に甘えてくれる小麦くん。


sin
凛々しく決めても、出てくる言葉は関西弁。

関西弁は本来当たりの柔らかい言葉のはずなんだけど。。。何でかアビ介がしゃべるととたんにガラが悪くなる。やっぱり、言葉遣いって人格をあらわすのね。

aby



(デンデくん、元気出てきたかな?調子がよくなっても脱走したらダメだよ~。いっぱいごはん食べてモリモリのウンチをしようね!)

ボツ写真集Ⅱ

本日も運動会で撮影した写真を公開します。ううむ。お友達のシンちゃんちのブログはすでに別の話題に入っているのに、うちはとことん引っ張るなぁ。

atuuu
う~ん、確かに暑かったよね。わんこたちは意外と元気そうだったけど、とりアタマは日頃太陽と無縁の生活をしているので余計にこたえた…。

暑くてもフランはご機嫌さん。foo
フランがご機嫌ならとりアタマもうれしい。…暑いのはやっぱり暑いけど。。。



いすとりゲーム。マツケンサンバに合わせてぐるぐるぐるぐる。。。isutori
選曲を考えて欲しかった。ゲームの後もマツケンサンバが頭の中をぐるぐるぐるぐる。。。


フランがんばってます。tuke




音楽が止まるとフラフープの中でお座り。ちゃんとお座りをしないとアウトになっちゃう。
osuwari
フラン、セーフ(^-^)



他の競技はともかく、仮装を楽しんだのは間違いなく飼主だけと見た。


わんこたちの思いはひとつ。kasou
いやいや、おつかれさんでした(^-^)



真正面から見ると、ふー奴というよりも…。yakko




まるで、関取。。。dosukoi




zura
シン:「ふーちゃん!ズラ、ズラがずれてる!!」


uketa?
はいはい。一部には大ウケでしたわよ~。ちょっと引いてる人もいたけど~♪


tanosii
そうか、よかったね。とりアタマももうちょっと体力つけて次も参加できるようにがんばるわ。できたらジャンケン修行もしておくからね(具体的に何をすればいいのかわからんけど)。



おまけ。
お友達の小麦くんにそっくりのわんこ達。ひょっとして小麦くんと両親が同じなのかな?それとも…。小麦くん、ひょっとして別宅をお持ちか!?

papa
小麦くん、ここは男の責任を果たさねば!


(デンデくん、がんばってごはん食べられたかな?ちょっとしんどい時期だけど、がんばろうね。「抗がん剤になんか負けないぞ」パワーを送るぞ!)


ボツ写真集

先週のわんこ運動会で撮影した写真のうち、日記で使わなかったものを一挙公開!
小麦くん父様母様撮影、シンちゃんパパ様ママ様撮影の写真も無断公開しちゃいます。ゴメンして。


淡路サービスエリアでのひとコマ。



awaji
あ、あ、アメリカじゃないと思うよ、小麦くん。



mada?




sikkari
はいはい。



「モモちゃん、どうしておんぶしてるの?」って聞いたら、「モモちゃんちょっと疲れちゃったの…」だって(^-^)momo




ginntyann
フランもアフロしたかったんか?


sinn
シンちゃん、カメラ目線はいいから、競技に集中して!


明日も引っ張るよ、ボツ写真集!!


(デンデくん、抗がん剤がんばったね!えらい!!今日はゆっくり休もうね。がんばれ!)

久々に…

…アビ介に目を向けてみると。
あれれ?真剣な顔して。また何か考えてる?


「……」
aby


このところフランネタばっかりで、かまってやらなかったから怒ってるの?


omoi


あ?何が? アビ介も運動会行きたかったの?


naritai



??? 何の話? 何になりたいの?



yousi



またそれかい!?そういや、マドンナが養子をとるとかなんとか新聞に出てたわ。



ituka



いや、アカンやろ…。



yume



アカンて。そんな希望に満ちた目で見上げても、無理なもんは無理!!




(デンデくん、おかあしゃんのゴハンおいしかった?ウンチも出てよかったね。しっかり体力をつけて週末に備えようね。がんばれ!)

道中の様子

運動会に参加するために、淡路のペンション「つなの丘」のドッグランに向かう途中、ちょっと淡路サービスエリアに立ち寄りました。

ここには何と、観覧車がある。

小麦くんと小麦母さま。komugi


明石海峡大橋ができてから、淡路の観光ってちょっとぶっ飛んでるところがあるな。楽しいからいいのだけど。昔は神戸方面から淡路島に渡るというと、「たこフェリー」がメインだったから。(注1,2)

注1)たこ型のフェリーというわけではありません。足はついてませんが派手なタコの絵が描いてあります。スミは吐きません。
注2)淡路に行く船のルートは他にもあります。

このサービスエリアはとても充実している。上り線の方に「淡路ハイウェイオアシス」という施設があって、巨大な自然公園がくっついる。
広い。何か無意味に広い。奥まで行って帰ってくるだけで一体何時間かかるのか。サービスエリアに立ち寄る車というのはたいてい目的地が他にあるわけで、こんなところで何時間も散歩する人ってあんまりいないと思うのだけど。
いるとしたら、間違いなくワンコ連れだな…。

明石海峡大橋をバックに証拠写真。kaikyou
何だかすでに疲れている風情の二人とお気楽そうな2匹。

サービスエリアに出ていた屋台で、魚介類の串焼き(サザエ、タコ、イカをチョイス)とさつまあげを買い込んで、ベンチでお昼ゴハン。
あ、「さつまあげ」ってわかります?魚のすり身を油で揚げたものですが、地方によっては単に「てんぷら」ともいいますな。
大変おいしゅうございました♪


gohan
いやいや、キミたちは朝、食べたでしょ?

小麦くんちはちゃんと母様がおにぎりを作ってきていた。とりアタマはローソンで買ったおにぎりを持ってきた。この辺りに人となりが出てますの。ホホホッ。

初めての遠出、人ごみ。でもフランは意外と落ち着いていて、肝っ玉の太いところを見せてくれた。さてはアビ介に仕込まれたか。。。
心配していたマーキングもなく、ちゃんと草っぱらとか人のいない通路の端っこでしてくれたので一安心。

小麦父様、母様。大変お世話になりました。とりアタマ一人では、きっとトイレに走ることも出来なかったよ。

小麦父様と。komugititi


淡路島は犬連れに優しい観光スポットが多い。また行きたいなぁ。


(デンデくん、脱走しちゃったか~。おかあしゃんが心配するからほどほどにね(^-^)。ごはんをちゃんと食べてから遊ぼうね。)

戦いの後…

戦いは終わった…。
しかし、みなの心にはあるひとつの思いが宿っていた。
せっかく大枚はたいて(しつこい)淡路まで来たんだし、このまま帰るのはもったいない。。。これまた関西人の悲しい性。
陽もまだ高い。テンションも上がりっぱなしだ。ここはひとつ、ワンコも遊べる厚浜海岸へレッツゴー!!

…なんだけど。実際に行ったのは小麦くん、シンちゃん、ポンちゃんの男の子三人組で、フランととりアタマは別行動となった。

淡路島といえば、「茶太鈴んち」!(このブログを見に来てくださっているたいていの方はご存知だと思いますが、そういうことになっているんです。)

フランよ、茶太鈴んちへレッツゴーだ。お晴ちゃんに会いに行くぞ!

お晴ちゃ~ん!!

「……」
oharu



寝てるし…。


残念。同じ日に遊びに来ていたpolonははさんとその息子さん、それからムツコさんにたくさん遊んでもらって、ねむねむタイムに突入直後だったらしい。

でも、どうしてもフランと対面させたかったので無理を言ってちょっとだけ起きてもらった(オニ…)。

寝起きのお晴ちゃん。か、かわいい。心が洗われる無垢な瞳。ちょっと不審そうな目つきといえなくもないが。。。そんなに洗われたら、とりアタマ溶けてなくなるかも…。

oharusama


さて、フランとご対面~。茶太鈴んちには茶太さんをはじめ4匹のニャンコがいるけれど(今は保護猫ちゃんもいる)、こんなでっかいワンコと接近遭遇するのは初めてのはず。どうかな~?フラン優しくするんだよ~。




harufoo2



harufoo




harufoo
おお!?なんちゅう大胆な。初対面でチュッですか?でも、そんなことしたら。。。




ホラ、泣いちゃったじゃないか~。
harufoo4



harufoo5
いや、フランが泣かしたんだってば。

ごめんよ、お晴ちゃん。そりゃびっくりするわな。これに懲りずに、またフランと会ってやってね。


最後にオマケです。


茶太鈴んちのそばにある、「ねこ耳岩」。nekomimiiwa


ううむ。これが噂の「ねこ耳岩」か。
言われてみると、もうねこの耳にしか見えない。

nekomimiiwa2

ね?



(デンデくん、ごはん食べてる?茶太鈴ちゃんや虎徹くん、杢姉さんに会ってきたよ。心くんってニャンコちゃんもいたよ。デンデくんにも会いたいなぁ。デンデくん、がんばれ~!)

いろいろやってしまった運動会

さて、運動会の続きである。

昨日は書かなかったが、障害物競走のあと最後のプログラムに「おしゃれに変身ゲーム」というのがあった。これは、よーいドンでワンコに仮装をさせ、その斬新性を競うというもの。

どんな仮装があったのか?その全貌をお見せしよう!



お友達のポンちゃん。殿さま?tono
もとはボーダーコリーです。



ちょっとサイケなシンちゃん。saike
色が赤かったら、サイケというより、赤ずきんちゃんになりそうな…。


小麦くん。水兵さん。madorosu
おお、決まってるじゃないか!!


アフロのギンペイちゃん。手前はお姫様のモモちゃん。ahuro
ギンちゃん、ぜんぜん動じてないね。

モモちゃんは、ひそかに怒ってたけど。momo



そして、フランは?


fooyakko
ふー奴どすえ~。



みな、どうしてもウケを狙いたいのね。関西人の悲しい性だなぁその最たるのがとりアタマなんだけどさ。


優勝は、眉間にしわを寄せながらカワイイ姫様になってくれたモモちゃんでした(^-^)。オメデトー!!



(デンデくん、夜がちょっと寒いくらいになってきたね。風邪をひかないようにね。いっぱいごはんを食べてあったかくして寝んねだよ。元気になあれ!)

行ってきました。やってきました。(その2)

10月15日日曜日、すばらしい秋晴。絶好の運動会日和。行ってきました淡路島。やってきましたワンコの運動会。道中の様子などもまたアップしていく予定だけど、まずは運動会の様子から。


参加頭数約15頭(?)。病院のワンコとかもいたのではっきりとは知らない。黄色チームとオレンジチームに分かれて、競技開始。各競技の成績優秀者には、折り紙で出来たメダルが配られる。

さあ、秘密特訓の成果を見せるときがきたぞ、フラン!!

ところが。
競技が始まる前に、フランが他のワンコとガウガウ状態に…。
秘密特訓の成果ではなく、公開スパーリングの成果を見せてどうする!?
とりアタマのそばにいる人が話しているのが聞こえた。
「あのゴールデン、気をつけな危ないで…」
!!!(lll゚□゚)!!!す、すんません。それうちのワンコです。。。

やはりフランにはまだ早かったか…と思いっきり後悔しかけたが、もう参加料1000円払って手続を済ませた。そもそも淡路に来るのにも明石海峡大橋の通行料で大枚支払っている。ここで引くわけには行かない。(関西人の性)

ええい。やってしまえ!!と踏ん切りつけたところで競技開始。

結構ヤル気満々の皆さん。「楽しくやりましょうよね~♪」「成績とか関係ないわよね~」とか言いながら、みんな本音は結構マジだと見た。だって目が笑ってない…。yaruki
フランと小麦ちゃんはオレンジチーム。シンちゃんは黄色チームだった。


競技内容は、

1 ラジオ体操第一
2 スーパーかけっこ
3 だるまさんがころんだ
4 水汲みリレー
5 愛犬とつかもう幸せの輪
6 障害物競走
7 おしゃれに変身ゲーム

ラジオ体操第一から競技なのね。飼主がラジオ体操をしている間、ワンコは横でフセをしていなくちゃならない。立ったらアウト。終わるまでフセで待っていられたら、メダル1個。

なんとフランはメダルをもらうことが出来た。ぶったまげた。できるわきゃないと思っていたから。こんなに長くフセしていたの、生まれて初めてじゃないか?

スーパーかけっこは飼主も走るのかと思いきや、離れたところからワンコを呼んで正面停座でお座りをさせるというもの。2人ずつのチーム対抗で早くお座りさせた方が勝ちとなる。呼んでもなかなか来ないフランだったけど、奇跡の逆転をみせ、ここでも勝利!!正面停座はクリッカーで毎日練習してるものね。

次はだるまさんがころんだ。


せ~の!daruma



daruma2
…あっさり玉砕…



daruma3
わ、わたしのせいですか!?
ちゃうやろ?動いたのフランやろ!?
罪をなすりつけ合うワンコと飼主。

気を取り直して、次の競技は水汲みリレー。ワンコのリードを持ちながら、バケツからひしゃくで水をすくい、ゴール地点のペットボトルにその水を注いでいっぱいにするというもの。チーム対抗戦で早くいっぱいになったチームが勝ち。但し、ひしゃくは必ず両手で持たなければならない。つまり、きちんと「つけ」が出来ないと水がこぼれてしまう。
こんな手の込んだルール、いったい誰が考えるんだろう?

前の走者からタスキの代わりにリードを受け取って付け替える。rire




よし。スタート!
rire
見る人が見ればわかる、チョークチェーンの前がけ。。。この首輪のかけ方をすると、絶対にワンコは引っ張れない。自分で言うのもなんだが、すんげえ姑息な手段を使っております。


水を汲んで…rire3



ペットボトルに注ぐ。rire4



フラン、アンタ何やってるの!?rire5
ねえちゃんが必死になっているというのに、愛想ふりまくのに忙しいってどゆこと!?


惜しくもオレンジチームは敗れたけど、大健闘でしたな。

お次は、「愛犬とつかもう幸せの輪」。これはフラフープを使った椅子とりゲーム。音楽とともに輪になってグルグル歩いて、音楽が止まると同時にワンコをフラフープの中でお座りさせる。


音楽はマツケンサンバでございました。matuken

前には小麦くん。ここは友情をちょっと置いておいて、バトルモード突入!

何と、この椅子とりゲームでフランは上位3人に残ってメダル獲得!お友達の小麦くんを押しのけ、同じくお友達のギンペイちゃんを蹴散らしての勝利。飼主の性格がそのまんまにじみ出た戦いだった。

この後の障害物競走でもフランは勝利し、気が付けばメダル4つ。堂々の暫定1位となったのでございます!!すごいぞ、というか信じがたいぞ、フラン!とりアタマは実はちょっとフランのオツムはナニかな?とか思っていたのだけど、実は賢かったのか?

しかし、ここで問題が。1位から3位まではそれぞれ景品が出る。よって、ジャンケンで順位を決定することになった。ワンコはジャンケンできないので、飼主が最終決戦を行った。


janken



「……」

sikusiku
とりアタマはジャンケンが弱かった…。でもってココ一発の勝負事には必ず負けるタイプだった。…4位決定。すまんな、フラン。
一番足引っ張ったのはひょっとしてとりアタマか。


景品などなくたって4個のメダルは輝いているよ(とフランをなだめる)。medaru



競技自体は以上のようでございました。いや~、気が付けば全競技参加しちまって、しんどいしんどい。歳を考えねばね。いや、28歳なんだけどさ。

運動会ネタ、明日も続きます。皆様、長々とお付き合いありがとうございました。



(デンデくん、週末はのんびり過ごせたかな?ごはんいっぱい食べた?今週もがんばろうね。元気になあれ!)

行ってきました。やってきました。

ワンコの運動会

ただ…。


とりアタマが非常にダメージを受けております(要は疲れた…)。
申し訳ありませんが更新はしばらくお待ちくださいませ。


本日夕方までには更新したいと思ってますので~。


一言だけご報告。フランがんばった。

ちょっとお得

ワンコのオヤツにはなかなかユニークなものが多いと思う。牛のひづめ、豚の耳(オスは小さめ、メスは大きめなんだな、これが)、豚の鼻、馬のアキレス、サメの背骨…。改めて書くとなんだかすごいな。ワンコオヤツに比べてニャンコのオヤツはとってもシンプル。定番は何といっても「焼きカツオ」。これを嫌いなニャンコを見たことがない。
ぢごく猫のように、自分の身の丈ほどもある巨大牛骨にかじりつくニャンもたまにはいるようだけど。。。

さて、先日フードやさんでフランに牛のひづめを買った。それが普通のサイズの倍の長さはあろうかという巨大ひづめ。長いこと爪を切っていなかったのかしら?
店の人に聞いたら普通サイズと同じ値段だというので、当然それをゲットした(関西人の性)。

フランをハウスさせるときに与えてみると。。。ガジガジガジガジガジガジガジガジガジガジガジガジ…ふぅ~っ(注:ため息)…ガジガジガジガジガジガジガジガジガジガジ…

延々噛み続け、ハウスの扉を開けても出てこない…。いいんだけどさ。

見よ。この巨大ひづめ。big
まさか病気の牛さんのじゃないよね…ちょっと不安。


hidume



umauma




paku




oisii
そりゃヨカッタね。


(デンデくん、ごはんをちゃんと食べてちょっとオヤツももらってみる?なんでもいっぱい食べて元気になあれ!ウンチもしっかり出そうね。)

御当地コマンド

スナック菓子とかには御当地ものというのが結構ある。旅行に行くと、駅で見たことのないパッケージのポッキーやポテトチップスが売っていて面白い。

それと似た話といっていいかどうかはかなり問題だが…。
とりアタマ家にはとりアタマ家特有のコマンド(ワンコに対する簡潔な命令)がある。きっとどの家にもあるのだと思う。その家でしか通じない、「御当地コマンド」だ。

例えば散歩をしていて車をよけるとき、一段高くなっている場所にフランを誘導したい場合には、そこを指差して「ここに、トンして!」というと、ひょいと上がってくれる。降りるときも同じ、下ろしたい場所を指差して「トン!」というと降りる。他のワンコには通じない、とりアタマ家独自の言い方だ。
ブラッシングをしていて、右半身が終わった段階で「反対!」というコマンドをかけると、フランは回れ右して反対を向く。これはなかなか便利なコマンドである。

全国共通コマンド「つけ」。「あとへ」とか「ヒール」とも言う。sannpo



neaby2
コマンド「ひらけ!」(…ウソ)


フランはまだできないが、先代のハンナは横になっているときに、「反対ゴロン!」というと、体をくねらせて寝返りを打った。耳掃除や爪切りのときに大変便利だった。あと動物病院の待合などで、「コンパクト!」と言うととりアタマの足の間に収まるように体を縮めた。人通りが多い場所にいるときも、「コンパクト!」というと、ぴったりととりアタマに寄り添った。違う場面で微妙に違う使い方をしているのに、ちゃんとこちらの意図を汲んで動いてくれた。先代のハンナはすんばらしく出来たワンコだったなぁ。

シンちゃんママと在りし日のハンナ。hanna
ハンナもシンちゃんママのゴットハンドにはめろめろだった。

このように御当地コマンドは普段の生活から生まれた「ちょっと使えるコマンド」であることが多いと思う。

ところが。最近全然使えない御当地コマンドを生み出してしまった。しかも、フランに対するコマンドではない。お友達のシンちゃん専用コマンドである。

夕方の散歩はたいていシンちゃんと一緒に行く。フランは脚側歩行の練習中なので、散歩中もたびたび「つけ!」のコマンドでとりアタマの左側を歩かせる。とりアタマは地声がデカイ。しかも結構昔風のしつけ方をしているので、コマンドの出し方が優しくない。軍体調に「つぅ~け!!」と声を張り上げる。
すると、フランは慌ててとりアタマの左側に来るのだが…。そのときシンちゃんも慌ててフランに「つけ」をする。フランの左側にぴったりと寄り添って歩く。はじめは偶然かと思ったが、そうではないらしい。少し遅れて歩いていても、「つぅ~け!!」のコマンドで「ハイ、ハイ」と小走りにかけてきて、ぴったりとフランの左側に寄り添う。


「つけ」中のシンちゃん。tuke



何でこうなっちゃったんだろう?
ごめんよ、シンちゃんママ。すんごい内輪の一発芸にしか使えないコマンドを仕込んでしまって。シンちゃんを「ちゃんとつけ」させるときには何か別のコマンドを考えてくれぃ。

(デンデくん、ウンチでてよかったね♪お水もいっぱい飲もうね。風邪引いちゃダメだよ。がんばれ!)



アビ介の気持ち

今朝は神戸は雨なので、散歩はなし。ちょっと朝寝ができて幸せだった。
とりアタマは5時過ぎに起きる。目覚まし時計は要らない。アビ介が起こしてくれるから。この夏はどういうわけかアビ介の体内時計が狂ってしまって、3時半とか、4時過ぎとかに、「朝やで~」と起こされて非常に迷惑したが、やっと最近うまく電波を受信できたようで、正確に5時に起こしてくれるようになった。

neaby



グルグルいいながら体をとりアタマの顔にすりつけたり、おでこを踏みつけたり、お腹に乗っかったりしてあらゆる手を尽くして起こしにかかる。ただ、たまに壁ととりアタマの顔の間の隙間に体をはめ込んで、とりアタマの鼻と口をふさぐのは、非常に危険なんですが。いったいお起こしにきているのか、永遠に眠らせようとしているのか。


neaby



アビ介がとりアタマを起こすのは、親切心からではない。「腹がへった」とおっしゃっているのだ。起きて給仕をしたまへということだ。

しかし、とりアタマは起きたらすぐフランの散歩に出かける。ゴハンはフランもアビ介も散歩から帰った後だ。これをアビ介はどう思っているのか?
一生懸命起こして、「さあ、ゴハンだ♪」と思いきや、自分を置いて新参者のフランと散歩に出かけるとりアタマ(とその父)。


とりアタマとフランを見送るアビ介。aby
やめてよ、その目つき。まるでとりアタマがいじめてるみたいじゃないか。。。

かつては、先にアビ介のゴハンを出してから散歩に行っていた。しかし全く口をつけないので、結局散歩の後にフランと一緒に出すことにしたのだ。ぢごく猫は食べているところをそばで見ていてもらわないと食欲が出ないらしい。
しかも、フランが邪魔しないように台の上で食べるのだけど、この台には絶対に一人で登ろうとしない。

gohan


「オレ、一人であがられへん。だっこ」とおっしゃる…。ええかげんにせぇよ、ぢごく猫。もっと高いところに平気でジャンプしてるやんか。

まぁでもあれかね。売られて、買われて、捨てられて、拾われて、同居人のハンナが死んで、お子ちゃまフランが来て。いろいろ環境の変化があって。。。いくらぢごく猫でも少しは甘えたい気分にもなるのかもね。


kousen
いや、「ぢごく光線」発射するのはやめて。怖いから。


(デンデくん。。。ウンチ出ろ~、ウンチ出ろ~。……デンデくんが、ちょっと便秘気味につき、今日は重点的に「出ろ、出ろ」とパワーを送ります。笑い事じゃない。便秘はつらい。がんばれデンデくん。)

3ヶ月経過。

フランがとりアタマ家にやってきたのが、7月9日。つまり、もう3ヶ月が過ぎたことになる。
2ヶ月目のときにも書いたけど、この3ヶ月、あっという間に過ぎたような…もう何年も一緒に暮らしているような…奇妙な感覚である。

フランはもともと「さくら」と呼ばれていた。GRCJ(ゴールデンレトリバークラブ オブ ジャパン)の里親募集のページに掲載されていた写真を改めてみると、そこにはまだ「さくら」がいる。フランじゃなくて「さくら」だ。もちろん面影はあるが、まるで別のワンコに見える。「さくら」は優しそうで、気が弱そうで、ちょっとオドオドした感じの小柄なゴールデンだ。いかにも「女の子」という感じのワンコである。

最近のフラン。とりアタマの父と。foo


散歩友達からも、最近フランは顔つきが変わったと言われる。良いように言えば、「凛々しくなった」とか「きりっとしてきた」…。正直に言えば、「ゴンタそう」、「ちょいワル」な顔つきである。。。遠慮がなくなって本性が出てきたということだろう。一緒に暮らし始めて2,3日で「結構アルファが強いタイプ(群れのリーダーになりたがるワンコ)だなぁ」と感じていたが、本当にそうだった。
女の子なのに、マーキングがすごい。しかもオシッコをするときに足を上げてする!!何度も言いますが、フランは大腿骨が股関節にはまっておりません。それなのに、足あげオシッコしますの。ホホホッ。何でそんなことができるのかとりアタマにはじぇんじぇんわかりましぇん。もう笑うしかないっす。
相手がオスでも、自分より大きくても、「いける!」と思ったらマウントする(後ろから交尾の姿勢で乗っかることです。メスは普通しまへん)。同じくらいの体格の同じようにアルファの強いメスのワンコと会うと、ケンカを吹っかけることもある。この間は自分よりふたまわりは大きいチョコラブのアンディ君(年下の男の子)の求愛を、瞬殺して撃退した。


foo
少しは手加減を覚えたまへ!!

同い年くらいの小麦くんとぶつかり稽古をして、「キャイン」と言わせたこともある。小麦くん、すまん。


朝の散歩でたまたま小麦くんと会う。フランはうれしそうだけど…。komu.foo
小麦くん、そんなにおびえた耳をしないでおくれよ~。

まあすっかり馴染んで本来の性格が出てきたと思えば、喜ばしいことなのかもしれない。
とか、思っていたら。友人に指摘された。
「ワンコは飼主に似るって言うよね」
迂闊にも納得してしまった。そうか、とりアタマのせいだったのか


(デンデくん、今日も気持ちのいい天気だね。お外に出たりしてるのかな?しっかりごはんを食べで今週もがんばろうね。元気になあれ!)

プログラム

本日、10月15日に開催予定のワンコの運動会のプログラムをいただいた。

1 開会の挨拶
2 ラジオ体操第一
3 スーパーかけっこ
4 だるまさんがころんだ
5 水汲みリレー
6 愛犬とつかもう幸せの輪
7 障害物競走
8 おしゃれに変身ゲーム
9 成績発表、表彰式  優勝チーム表彰、個人優勝発表
10 閉会のあいさつ

……マジッすか?
まじめそうな競技あり、ちょっとお遊び系のゲームありぃの、まるで町内の子ども会でするような本格的「運動会」っすか?

とりアタマはフランと初の遠出で、楽しみ半分、戸惑い半分だったのだけど。8割5分くらいまで戸惑いが勝ってきた感じがする。

雨でもふって中止になると、きっと心が軽くなるのだろうなぁ。。。なんて思っていたら、雨天順延で、10月22日開催ですと!!!(lll゚□゚)!!!。に、逃げられない~。何で申し込んじゃったんだろう?歳も考えずに。いや、28歳だけどさ。


お前は気楽でいいよなぁ。foo3


アビ介はもとより、何も関係ないし。aby
「にゃん♪」ってポーズとりながら、寝るなよ~。緊張感がなくなる~。

あ、22日も雨だったらさすがに中止かな?



(デンデくん、病院がんばったね~。えらいえらい!ゆっくり寝てゴハンも食べようね。)


今日は写真だけ~

本日より、とりアタマの家の外壁塗り直し工事が開始される。朝からバタバタしちゃって更新が遅くなってしまった。朝から見に来てくださった方、すみません。
とりあえず、今日は写真だけ~。


なに?このぐにゃっとした生き物…。nani?



気持ちよさげですな。hirune



何だか、デッサンが狂ったみたいなふーちゃん。foo



これぞ、「ぢごく猫」という表情ね。aby2
何でそんなに不機嫌そうなの?



(デンデくん、さびしくないよ。おかぁしゃんもいるし、日本中でデンデくんのことを応援してるよ。がんばぁれ!!)

だから、股関節が…!

昨日に引き続き、六甲アイランド編(いつから編立てになったんだ)。

六甲アイランドは島の中央に六甲ライナーという交通機関が通り、その周辺に商業地、その周りに住宅地、公園。そしてぐるりと取り囲む八車線の外側道路の外側に工業地帯と港という、機能的な町。外側道路に沿って島内を一周する遊歩道とかもあって、ワンコの散歩にはとてもよい場所が多い。

でも、阪神淡路大震災後はつぶれた大規模施設もあり、こんな大きな空き地も残っている。akiti
巨大プール「アオイア」があった場所。遊ばせてるなら、ここも芝生公園かなんかにしてくれないものか。海風が当たるからダメなのか。

さて公開スパーリング、もとい秘密特訓のつづきである。…と書こうとしたのだけど。ない。トレーニングの写真を全然撮っていなかった!!

撮っているのは、こんな写真ばかり…。ei.
本当に公開スパーリングだったのだなぁ。

以前にも書いたが、フランには股関節がない。骨盤に大腿骨がちゃんとはまっていないのだ。
それでも、フランは走る。跳ぶ。シンちゃんに襲い掛かる(滝汗)。
昨日の動画を見てくださった方、信じられます?このワンコ、股関節はまってないのに、こんなに元気なんです。これが人間だったらすごい話題になるだろうな。NHKの「人間ドキュメント」あたりで紹介されそう…。

ただ、フランの肺動脈にはフィラリアが寄生している。心臓肥大も少しある。よって、すぐバテる。

これ、このように。otukare

心臓に負担はかけられないので、休み休み遊ぶ。まだ3歳くらいなのにかわいそうだという思いもあるが、本人が気にしていないようなので、とりアタマも気にしないことにしている。
ちなみに、「ねえちゃん」とはとりアタマのこと。うちはワンコとニャンコにとりアタマのことを「ママ」とか「お母さん」とか呼ばせていない。とりアタマは父と同居なので、とりアタマが「ママ」で、父が「パパ」ではおかしなことになるからだ。

まったりと休んではまた遊ぶ。幸せそうなワンコ。それを見るのも無常の幸せ。
mattari


そして帰ってきたら、パタンキュー。gugu



楽しかったね。また公開スパーリングに行こうな(秘密特訓はあきらめた)。
今日のシンちゃんのブログでも六アイでの様子が見られます。プーマのマークのようなポーズでシンちゃんに襲い掛かるフラン。本当に股関節はまってないの?



(デンデくん、今日は雨かなぁ。チュパチュパしてゆっくり寝んねしようね。元気になあれ!!)

公開スパーリング

目前に迫ったワンコ運動会の秘密特訓のために、お友達のシンちゃんと一緒に六甲アイランドのドッグランへ行って来た。フラン、六アイデビューだ。六甲アイランドはポートアイランドに次ぐ神戸第二の人工島だが、公園や遊歩道が多く、フェンスで囲まれたドッグランもある。深夜の使用などについて制限はあるが、無料で使える。ありがたや。

結構広い。中央がネットで仕切られていて、向こう側はワンコは入れないエリアだ。dogrun
早い時間に行ったので、貸し切り状態。


これは思う存分秘密特訓が出来るぞ、と喜んでいたら。
シンちゃんとフランがはしゃいでバトルをはじめた。秘密特訓のつもりがいつの間にか公開スパーリングになっちまった。

誤解のないように申し上げておくが、シンちゃんとフランはとっても仲がいい。ほんとだよ。本当に仲がいいんだよ。
それを踏まえてもらったうえで、動画をご覧くださいませ。音でます。





……やはり。いじめにしか見えないか?


本日のシンちゃんのブログでも、記事と動画がアップされてます。そちらもご覧くださいませ♪シンちゃんに襲い掛かる瞬間の、大口開けたフランを見ることが出来ます。

シンちゃんがフランにやり込められている最中も、飼主二人は冷静に動画をとり続けていた。我ながらひどい飼主だと思う(自己批判)。




(デンデくん。今日もがんばってごはん食べようね。おかぁしゃんのごはんとカリカリも食べよう!お水もしっかり飲むんだよ。がんばれ!)

眠い。。。

何だか異様に眠い。とりアタマは年がら年中眠いタイプだが、ここ数日間の眠さは何なんだ?ついに来たか 更年期 思春期(思春期はいくらなんでもアレか…)。ちょっとひんやりした空気の中、お布団が気持ちいいんだよお。


あまりに眠いので皆様にも「けだるい感じ」をおすそ分け。


「ふみゅ~」nemu3



「ん。」nemu


「んん~ん!」nemu2



「ぐーぐー。」foonemu



「くー。」nemu4


これは珍しい光景だ!ooh



とろ~ん。torotoro



そしてついに、フランも目をあけて眠るようになった。とりアタマ家に毒されてきとるなぁ。foonemu2


ああ、本当に眠い。一日も始まったばかりだというのに、ベットと布団がとりアタマを誘惑してる。誰か助けて。




(デンデくん、おかぁしゃんのごはんおいしいね。よかったね。たくさんたくさん食べようね。がんばあれ!)

ぢごく猫、病院へ行く。

アビ介は若年性の腎疾患があるのだけど、まだ症状は軽いので普段から病院のお世話になることはあまりない。ただ月に一度、体重測定、爪切り、耳掃除、ブラッシング、肛門腺絞りの5点セットをしてもらうために、猫専門の病院に行っている。

アビ介はぢごく猫だが、とりアタマ家のニャンコにふさわしく、オツムはしっかりとりのアタマだ。毎月毎月、猫カゴに放り込まれて大嫌いな病院に連れて行かれるのに、そのたんびに情けないほど必ず簡単にとっつかまる。病院と聞いただけで隠れたり、猫カゴを見てパニックになるニャンコも多い中で、このとりアタマぶりは非常に助かる。

冷静に見たら、相当おバカということなんだがね。kago
寝起きを襲われ、簡単にとっつかまったぢごく猫。

さて、爪切りである。先生の許可をいただいて動画に収めた。アビ介の叫びっぷりをお楽しみくださいませ。(大きい音が出ますのでご注意ください。)
最初に断っておくと、実は今回はすッごくおとなしかった。補定している人がバツグンにうまいのでアビ介全く身動きがとれない。補定がとりアタマだったりしたら、とりアタマも先生も流血を免れないところだ。

では、どぞ。最初は壁しか写ってませんが、ご容赦くださいませ。


この後、耳掃除、肛門絞り、ブラッシングと続く。途中いったん逃げて、攻撃を仕掛けてきたが、ヒョイとかわされて簡単に捕まった。本当にここの病院はニャンコの扱いがすんばらしくうまい。しかも安い!!
5点セットで520円。ありがとう、先生。一生ついていきます。

ちなみに毎回一緒に通院しているはっちゃん(有名な猫ではない)ちのニャンコは3匹セットで520円。先生、大丈夫なんですか?こんな経営の仕方で。

3匹一まとめになっている、はっちゃんちのニャンコ。
手前からいくら。ムギ。ゆうたん。みんなおとなしいので、ぢごく猫一匹より手間はかからない。iku,mugi,yutan


とりあえずお疲れさん、アビ介。来月は血液検査もプラスだからね。聞いてる?aby
次まで覚えてられたらね。覚えていたとしても、無駄な抵抗だとおもうけど。


(デンデくんは、病院でもかしこいのかな?がんばってごはん食べようね!おかぁしゃんのスペシャルメニューはおいしいぞ!!元気になあれ!)



カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。